アラサー風俗嬢は人妻系しか働けない?高級ソープは不採用になる?

ソープには高級店、中級店、格安ないし大衆店という区分けがされています。
既に風俗嬢として働いているのであれば、高級ソープというのは憧れる響きです。
ですがサービス内容や求められるスキルがヘルスよりも多いので、風俗の中でもソープは難しいジャンルになります。
特に高級店になると、求められるレベルも大衆店のものとは比べられません。

ソフトサービスやヘルスのみで働いてきた女性が30代になってから高級店で働くのはまず無理と言えるでしょう。
アラサー風俗嬢は人妻系しか働けない?高級ソープは不採用になる?高級と銘打っているので、当然ですが利用するのにはかなりの金額がかかります。
高額な料金を支払って相応の対価がなければお店への信用度が無くなります。
お店にとって信用問題にも関わるので、採用基準は中級店や格安店とはレベルが違ってくるのです。

もちろんその採用基準に達していれば高級ソープで働くことも可能なので、面接に行く前に自分がそのラインを満たしているかを確認しておきましょう。

高級店は採用基準がハイレベル

主に格安店で目にする求人情報として「容姿に自信がない女の子もOK」といった文句がありますが、高級店にはありません。
風俗で働くお店探しの際に上記の文句があると安心する、そういう女性は残念ながら高級店で働くのは難しいので諦めましょう。

高級店の面接はかなり厳しいものです。
サービスだけでなく礼儀や礼節も求められるので、面接の際に社会人としての常識を疑われるような言葉遣いはしないのが当然になります。
たとえ容姿が整っていても「しょせん風俗」と考えている女性が働けるような高級店はありません。
接客サービスを行うというプロ意識を持った女性でなければ続けるのは難しいでしょう。

金額以上のサービスをできるという自信が必要です。
ソープは風俗の中でもテクニックが最重要とされるジャンルになります。
特に高級店や中級店はマットプレイ目当てに訪れる男性が多いので、人気を得るためにはかなりの体力と努力が必要です。
高級店はそのテクニックに加えて、即尺やNS(ノースキン)、NN(生中出し)が基本サービスに含まれていることが多いのであらかじめ確認しておきましょう。

断れる場合もありますがオプション目当ての利用客も多いので、苦手だと高級店で働こうとする上では不利になってしまいます。
かと言って、無理に苦手なサービスを行って利用客が満足するほど提供できるかは疑問です。
高級ソープは1日でも高額を稼げますが、採用されるには容姿はもちろん相応の品質やサービスも求められます。

自分に合わせた店を選べば稼げる

お金アラサーでも人妻系以外の風俗で採用もされる可能性はありますし、働くこともできるでしょう。
ですが、稼げるかどうかは大きく変わります。
アラサーという言葉を使用する女性の中には自分をアラサー女子だと言う人がいますが、一般的な認識としてその年代は既に女子ではありません。
風俗でしっかりと稼ぐためには自分がどのようなタイプなのかを客観的に認識するのも大切なことです。

30代も半ばのアラサーは、一歩先がアラフォーです。
曖昧な表現を使うのは日常生活だけにとどめて、働くときは自分の年齢に合わせてお店を選ぶようにしましょう。
お店のコンセプトと自分のアピールポイントを合致させるのは、風俗店で効率良く稼ぎたいのであればとても大事なことになります。
そしてアラサーと言っても25~29歳なのか、30~34歳なのかで採用されやすくなる店は変わります。

自分の年齢に合わせて働くお店を選んだほうが、仕事もしやすく稼げます。
20代後半なら「お姉さん系」のお店を探しましょう。
気になるお店のホームページを見れば働いている女性のプロフィールが載せられています。
年齢の記載がないお店はまずありませんので、面接を受ける前に必ず確認しておきましょう。

30代なら人妻を選んだ方が稼ぎやすくなります。
抵抗があるかもしれませんが、利用客のニーズに当てはまる店を選ばなければ本指名へはつながりません。
化粧も年齢に合わせた雰囲気のものにしましょう。
若作りメイクは見た目にかなり痛々しいものがあります。

お姉さん系の店舗で働くなら、キレイめで清潔感のある色で統一しましょう。
たとえ流行っていても、真っ赤なルージュは男性には受けません。
人妻系の店舗であれば、ナチュラルさを意識しましょう。
人妻系のお店を利用する男性は背徳感を感じたい人も多いので、家庭的な雰囲気作りも効果的です。

熟女系の要素も強いのであれば、大人の色気を感じさせるようなものでもいいでしょう。
自分がより映えそうな化粧を選んでください。
稼ぐためには、店だけでなく自分からも積極的にアプローチをすることも必要です。

高級店にこだわらなくても稼げる

高級店は格安店と比べると量より質を重視するため、サービス時間が長めです。
120分が当たり前というお店も多いので、トーク力があればそれだけ密な時間を過ごせるので喜ばれます。
ただ性的なサービスを提供して終了という味気ないものはリピートへ繋がりません。
容姿が良いだけでは勤まらないのも、高級店で働くのが難しい理由の1つです。

そして先程も少し触れましたが、高級店には即尺・NS・NNが基本オプションに含まれていることが多く、そのことについても考えてみる必要があります。
即尺が基本に含まれているのは、あくまでも利用者層の品質が高いことを前提としているからです。
ですが、あえて不潔にした状態で女性にサービスしてもらうことが好きだという特殊な性癖の男性もまれに居ます。
利用者層はある程度保証されているとは言え、やはり抵抗のある行為と考え中級店で働いている女性もいます。

本来は高級店で働けるような女性でも中級店で働くことはあるということです。
NS・NNのサービスを提供するために女性はピルの服用をする必要があるのですが、体質などが原因でピルを服用できない女性も働くことはできません。
吐き気や胸のハリといった副作用が出ることも珍しくない薬です。
無理に飲むことで体に負担がかかってしまうと働きづらくなってしまいます。

Choiceピルでは性病を防ぐことも出来ないという点も覚えておきましょう。
高級店に来客する人の全てが性病を持っていないとは限りません。
高級店で働いてみたいなら、メリットもデメリットも頭に入れておきましょう。
無理にそうした店を選ばず、あえて中級店で働くという選択もあります。

中級店で高級店ほどのハードなオプションが必要な店はほとんどありません。
マットプレイの有り無しも違うので、お店によってはソープ未経験でも講習を受けてからの努力次第で稼げるようになります。
ですが同じ理由で中級店で働く女性は少なくありません。
お店によってはかなり質の高い女性が揃っているので、手抜きは禁物です。

ソープでも格安店になるとマットプレイも無く、ベッドでのサービスがメインになります。
安かろう悪かろうと考えている利用客が多いので、サービスに慣れていなくてもそれほどのクレームにはなりません。
ただ、1日に何人ものお客さんを相手に数をこなして稼ぐことになるので、かなりの体力を消耗します。
数をこなすのは厳しいという女性には、デリヘルで働くことを考えてみてもいいのではないでしょうか。

デリヘルは店舗型のヘルスとは異なり、比較的長いサービス時間を設定しているお店が多いです。
70分や120分、本指名を返してくれるようなお気に入りになってもらえれば数時間単位の貸し切りになることもあり、上客を掴めれば安定して稼ぐことができます。
ゆったりとしたサービスを好む利用客が多いので、サービスのテクニック以上に愛嬌などの人柄が重要視されるのも特徴です。

まとめ

高級店にこだわりすぎてしまうと返って稼げないという結果にもなりかねません。
1日で稼げる金額が圧倒的に多いというのは、それだけ必要なことが多いということです。
採用率が低い高級店ばかりを選んで面接をしても、そう簡単には採用されず自信も持てなくなってしまいます。
高級店で働きたいのかお金を稼ぎたいのかを冷静に考えて、年齢に合わせてお店を選べば十分に稼ぐことは出来るはずです。

本当に稼ぎたいのであれば、しっかりと自分を見極めて条件にぴったりと合うお店選びをして働くようにしましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする