風俗店を綺麗に辞める方法はある?理由を詰められないか不安です

貯金が貯まった、結婚した、仕事がバレたなど、様々な理由から風俗嬢は仕事を辞めるものです。
その時、円満に卒業できれば問題ないのですが、風俗店の中には風俗嬢が辞めないように引き留めたり、中には嫌がらせをするケースが存在します。
そのようなトラブルに遭遇しないように、一度は辞めると決心したら、余計ないざこざが起きないよう、上手に辞めましょう。

[toc]

風俗を辞める理由

チェックリスト風俗嬢がなぜ風俗の仕事をするかといえば、その理由の大半はお金を稼ぐためでしょう。
風俗の仕事は非常にハードであり、体力的にも精神的にもキツイものがあります。
若い頃ならまだ体力があるから大丈夫かもしれませんが、年齢を重ねていくとやがて身体がもたなくなるでしょう。
このような体力的な限界から風俗嬢を辞める人もいれば、貯金が貯まったからなど目標を達成したから辞める人もいますし、さらには結婚をするので辞めるなど、風俗嬢は様々な理由から退店します。

他にも、せっかく風俗嬢になったのに、思ったほど稼げないという女性も比較的辞めやすいです。
お金に関する問題がなければ、今すぐにでも辞めたいと考えている風俗嬢は多くいることでしょう。
しかし、その中には辞めたいと思っているけれど、なかなか辞められない女性もいます。

どうして本当は辞めたいと思っているのに、体力的にも精神的にもキツイ風俗嬢の仕事をし続けるのでしょう?

風俗店を辞められない理由

風俗嬢が風俗店を辞められない理由として、まず将来に対する不安があります。
女性が一度でも風俗嬢になると、なかなか普通の仕事に戻り辛くなります。
なぜ普通の仕事に戻り辛いかといえば、まず女性が普通の仕事に復帰したところで、風俗嬢ほどの収入を稼げる機会はあまりないです。
よほど有能な女性や、特別な資格、職歴でもない限り、風俗嬢を超える収入は稼げないでしょう。

それどころか、過去の風俗嬢としての経歴が足枷となり、まともな仕事に就けない恐れすらあります。
せっかく風俗嬢を辞めたにも関わらず、普通の仕事では思ったように稼げず、生活苦から再び風俗嬢に戻ってしまう女性も多くいるものです。
このような経済的な理由から風俗嬢の仕事を辞められないといったケースもあれば、風俗店に引き留められ、辞めさせてくれないというケースもあります。

特に悪質なのは、もしも辞めるのであれば家族や友人などに風俗の仕事をしていたことを教えるなど、脅迫まがいの行為をするお店です。
こういったお店に直面した際には、プロの法律家に相談するなど、毅然とした態度をとりましょう。

風俗店を上手に辞める方法

もしも厄介ごとや面倒事に巻き込まれず、トラブルなく平穏に風俗店を辞めたいと考えているのであれば、上手に辞めるための準備を始めましょう。
風俗店を上手に辞めるにあたり、まずなぜ辞めるのか、その理由をはっきりさせましょう。
辞める理由を用意しておけば、風俗店側から引き留められたとしても、上手く相手を納得させることができます。

風俗店を辞める時に使える理由として、結婚は非常に使えるテーマです。
他にも家族に実家に戻るように命令されているなど、第三者を交えると相手を説得しやすくなります。
できるだけ家族や彼氏など、第三者を巻き込みたくないのであれば、体調を崩したなど、心身の不調を訴えると良いです。
どうしても風俗店を辞めたいのであれば、時には嘘をつくことも大切です。

Hivもしかしたら性病に感染したかもしれない、入院するから辞めたいといった性病に関する嘘は非常に有効に働きます。
なにせ性病の風俗嬢が在籍していたら、それだけでお店の信用に傷がつき、売り上げが落ちる恐れがあります。
もしかしたら、風俗店の方から辞めて欲しいと伝えてくるかもしれません。
他にも、家族に仕事の事がバレたので、辞めさせられるなども有効な手です。
なにしろ家族に風俗の仕事がバレているのであれば、風俗店側からしてみても最早引き留めようがありません。

ただし、どのような理由があるにせよ、その理由が嘘にせよ、辞める際には事前に連絡を入れましょう。
何の連絡もなしに突然辞めると本来なら円満に卒業できたにも関わらず、要らぬ遺恨を残すことになります。
かえって嫌がらせを受ける確率を上げるだけですので、辞めるのであれば1ヶ月くらい前には伝えた方が良いでしょう。

NGな辞め方

風俗嬢の中には仕事を辞めたいばかりに、何の連絡もなしに突然辞める女性もいます。
確かにこの方法ならば、引き留められる心配や、辞める日まで客を回さないといった嫌がらせを受ける心配はありません。
なにより、いちいち理由を問い詰められる心配もないので、確実に辞められるでしょう。
ただし、こういった方法は後々トラブルの火種になりやすいので止めましょう。

特に一度は風俗店を辞したものの、その後に再度風俗嬢に戻って働くような場合、以前働いていたお店に遺恨が残っていると、様々な嫌がらせを受ける恐れがあります。
風俗の仕事は普通の仕事と違って短期間で大金を稼げる仕事です。
一度は卒業したものの、将来もしかしたら再びお金が必要になる時期が来るかもしれません。
そのような時に備え、いざ辞める時であっても円満に職を辞しましょう。
退店するお店に遺恨を残したところで、風俗嬢には何らメリットはありません。

風俗店を辞める際のトラブル

Hiv風俗嬢が退店する時、円満に卒業できれば問題ないのですが、時と場合によってはトラブルが発生することがあります。
単純に人気の風俗嬢だったので、出来れば続けて欲しいとお願いされる程度なら問題はないのですが、悪質なお店となると退店する風俗嬢に嫌がらせをすることがあります。

トラブルの事例としては、風俗店を辞めようとしたら給料を支払ってくれなかった、罰金を請求された、さらには家族に仕事のことをバラすなど脅迫されたなど、様々なケースが存在します。
このようなトラブルに遭遇した際に、どのように対処するのが適切なのでしょう?

トラブルの対処法

風俗嬢が退店する時、嫌がらせを受け、辞められない場合、専門家に相談するのが最も有効な手なのですが、一体誰に相談すれば良いのでしょう?
トラブルといえば警察の出番のように感じられますが、警察はこの手の風俗関連のトラブルにはあまり取り合ってはくれません。
それよりも弁護士に相談しましょう。
相談料が無料の弁護士であれば費用もかかりません。
嫌がらせを受けているのであれば、風俗嬢に代わって交渉してもらえるように依頼しましょう。
弁護士に相談し、お店側と交渉してもらい、そして示談書や和解書を交わしてしまえば、トラブルは解決になります。

多少強引な方法になりますが、そもそも嫌がらせをするようなお店側に問題があるのです。
ここは相手が悪いと割り切って行動しましょう。

また、風俗で起こりうるトラブルは、辞める時だけではありません。

辞職を伝えるタイミング

余計なトラブルや面倒を回避して風俗店を辞めたいのであれば、できるだけ早めに辞職の旨を伝えましょう。
連絡もなしにいきなり辞めると、それだけでトラブルの火種になりやすいです。
確かに世の中には悪質なお店もあるかもしれませんが、大手や人気のあるお店のようなブランドのある風俗店になると意外と良心的で、円満に卒業させてくれるものです。
わざわざ自分から厄介ごとを引き起こす必要はありませんので、退店する決意が出来たら早めに連絡すると良いです。
では、一体どのくらいのタイミングが適切なのでしょうか?

風俗嬢が上手に辞めようと思ったら、辞職のタイミングは面接の時に伝えておくのが一番良い方法かもしれません。
もちろん、風俗嬢になる女性の中には借金の返済のためなど、いつ辞められるか時期の見通しが立っていないこともあるでしょう。
借金そのようなケースの際には、借金の返済が終了したら辞める、学費の支払いが終わったら辞める、目標としている貯金額が貯まったら辞めるなど、事前に辞める条件を伝えると良いでしょう。

面接をする時に辞める時期や条件をしっかり宣言しておくと、お店側も風俗嬢の事情を配慮して働かせてくれますし、なによりいざ辞めるという時期が迫っても、円満に退店しやすくなります。
もともと辞める予定の女性を採用したわけですから、風俗店側もいつかこうなることは承知済みです。
人気の風俗嬢であれば名残惜しいくらいに感じてくれるかもしれませんが、トラブルを回避し、禍根を残すことなく辞められるでしょう。

まとめ

風俗店を辞める手順や方法はわかりましたか。
しっかりと計画的に辞める段取りをしていけば、トラブルになるケースは少ないと思います。
ただし、例外もありますので注意しましょう。
なかなか辞めさせてくれない店舗は、大抵キャストの扱いも雑なので勤務していればわかります。
これは個人的な意見ではありますが、トラブったら我慢するよりもバックれてしまうのが吉です。(あまり良い事ではありませんが・・・)

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする