風俗で働いてツライと思う瞬間はいつ?稼げない時や病む?

未経験の女性でも大金が稼げるなどのメリットがある一方で、性病のリスクや性的な苦痛など、ツライことの多い風俗の世界では心労が溜まるあまり病んでしまう女性がいます。
特に、家族や彼氏など頼れる人や相談できる相手がいない女性ほど病みやすく、風俗の仕事を苦痛に感じやすいです。

風俗の仕事がツラくなる瞬間

学費の支払いや借金の返済など、どうしてもお金を稼ぐ必要に迫られた時、風俗嬢として働くことで短期間で大金を稼ぎ、目標となる金額を達成することができます。
風俗嬢として働く理由は人それぞれですが、基本的にその目的はお金を稼ぐことです。
エッチなことをしたいからという考えから風俗嬢になる女性もいるかもしれませんが、極めて少数派でしょう。
風俗で働いてツライと思う瞬間はいつ?稼げない時や病む?大部分の女性がお金欲しさに風俗の仕事を続けています。

では、お金を稼げること以外に風俗の仕事に良い点はあるのかというと、まずないでしょう。
だからこそ風俗嬢は辞める女性が多く、たとえ仕事が続いたとしてもその辛さのあまり心が病んでしまいがちなのです。
一見すると煌びやかな世界に見える風俗業界ですが、その裏側はなかなかに悲惨です。
日々苦痛に苛まれ、肉体的にも精神的にも疲労が蓄積し、心が病みやすいです。

では、一体どんな時、風俗嬢はツライと感じるのでしょうか?

ストレスになる風俗客

風俗の仕事がツライ、苦痛だと感じる原因として、まず客層の悪さがあります。
風俗嬢が日々接客をする相手は、礼儀正しい紳士ではありません。
性欲をぶつけたがっている男性であり、その中には一緒にいるだけでストレスに感じる風俗客もいます。
もちろん、中には紳士的に振る舞ってくれる風俗客もおり、そういった人は風俗嬢からも人気があるものです。
では反対に、風俗嬢にとってストレスになる風俗客とはどのようなタイプなのでしょう?

まず風俗嬢が嫌がることをする風俗客は嫌われやすく、ストレスの原因になりやすいです。
例えば、寒い季節なのに暖房をつけない、プライベートでも仲良くしようと誘ってくる、個人情報を教えろと要求する、風俗嬢の悪口を言う、人格を否定するなど、これらの行動を取る男性は嫌われやすいです。
特にストーカー化するような男性の場合、風俗嬢の精神的な負担が大きく、苦痛のあまり病んでしまいやすいです。

他にも身体を洗っていない男性や、口臭や腋の臭いがキツイ男性は嫌われやすいです。
特に不衛生な男性というのは性病を持っている可能性が高く、下手をすると感染させられる恐れがあるだけに、余計に精神的なプレッシャーが強くなります。
もちろん、風俗嬢もプロですので、最初の一回目ぐらいは我慢すれば接客することができるでしょう。
しかし、下手に好かれると何度も本指名され、その度に精神的な苦痛が蓄積されることになります

こういったストレスの原因になる男性がいる場合、事前にお店に申告し、このお客さんが来るときは不在にしてもらうか、出禁にしてもらうなど対処をしてもらった方が良いでしょう。
待遇がしっかりしているお店であれば、きちんと相談すれば適切な対処をしてくれるものです。

ツライ職場の人間関係

お金風俗嬢のストレスの原因となる人物は何もお客さんだけではありません。
同じお店で働く人たちも、ストレスの原因になることがあります。
まず、風俗の世界には必ず他人の足を引っ張る風俗嬢がいます。
ただし、他人の足を引っ張るといってもやり方はそれぞれで、直接的な嫌がらせをする女性もいれば、本人にそのつもりはなくとも、常にネガティブな思考や発言を繰り返し、結果的に周囲の人たちに嫌な気持ちを抱かせる人もいます。

風俗嬢の仕事はどんな人にとってもツライことが多いです。
それだけに、ストレスは溜まりやすく、つい弱音や悪口を吐くこともあります。
それ自体は仕方のないことなのですが、悪口を聞かされる周囲の人からしてみれば、余計に気分が悪くなるだけに、たまったものではないでしょう。

なにより本人には一切悪気がないだけに、注意もし辛く、質が悪いです。
こういった悪口を言いがちな風俗嬢は心の健康のためにもできるだけ避けた方が良いのですが、勤めている風俗店の待機室が集団待機室だとそうもいきません。
集団待機室には複数の風俗嬢が常にスタンバイしているものです。
特に、稼げない風俗嬢ほど集団待機室に残ることが多く、嫌でも顔を合わせることになります。

こういった売れない風俗嬢というのは不満やストレスも多く、考え方もネガティブなことが多いです。
一緒にいると悪口ばかり聞かされ、心が休まることが少なくなります。
特に、盗難をするような風俗嬢や、勝手にスマホの個人情報を盗み見るような風俗嬢もいるため、注意が必要です。

ただでさえストレスの多い風俗嬢の世界です。
同じ風俗嬢同士で揉め事やトラブルを起こしたところで良いことはありません。
余計なことに煩わされるだけですので、風俗嬢の仕事に集中したいのであればあまり風俗嬢の友達は作らない方が良いです。

そして、それはお店の男性のスタッフについても同様のことが言えます。
基本的に風俗店の店長や男性のスタッフは風俗嬢の味方になってくれることが多いのですが、全員が味方になるとは限りません。
男性スタッフの中にはお客さんを回さないなど、嫌がらせをする人もいます。
お客さんを回してもらわないと稼げないだけに、風俗嬢にとっては死活問題になります。

そういった嫌がらせをする男性スタッフがいる場合は、早々に店長に相談しましょう。
もしかしたら揉めるかもしれませんが、稼げないのであれば風俗をやる必要はありません。
風俗嬢となるからには、他人の心配よりもまず、自分の稼ぎの心配をした方が良いです。

稼げない風俗嬢

風俗嬢のメリットとは大金を稼げることです。
しかし、せっかく風俗嬢になったにも関わらず、まったく稼げないと、それは大きなストレスとなり、精神的な苦痛になるでしょう。
特に借金の返済といった、どうしても稼がないといけない事情のある女性ほどストレスは大きくなりやすいです。

何しろ風俗の世界は基本的に歩合制です。
お客さんが獲れないと最悪、給料はゼロになります。
もっとも、その場合は仕事をしていないので嫌なお客さんと鉢合わせをする必要もないので、考えようによっては楽な一日になるかもしれません。
ただし、借金の返済日が迫っている人や、子供を養っている母親などの場合、稼げないと生活できないこともあるだけにその精神的な負担は非常に大きく、切実な問題です。

この問題を解決するためにはお客さんを取る以外に方法はありません。
しかし、現状で稼げていないのに、一体どうすれば解決できるのでしょう。
風俗嬢が稼げない原因は様々ですが、基本的に全く稼げないということはまずありません。
なぜなら、稼げないような風俗嬢はそもそもお店も採用しないからです。
お店が採用したということは、外見的な理由で稼げないことはないでしょうから、おそらく別のとろこに原因があるのでしょう。

もしもその原因が男性スタッフによる嫌がらせなどで、解決が困難なものであれば、早々にお店を辞めて、移籍した方が良いでしょう。
しかし、原因が本人にある場合は別です。
ちなみに、風俗嬢の稼げないの基準は非常に高いです。
なにしろ月収30万円でも稼げない風俗嬢だと判断されるため、女性の中には稼げなくとも問題ないと考える人もいるほどです。

しかし、借金や家族を養うためなど、どうしても月収40万円以上稼ぐ必要があるのであれば、まず愛想を浮かべ、挨拶をするように心がけましょう。
そんな簡単なことが意外と出来ていない女性は多いです。
特に挨拶が出来ない女性は男性から嫌われやすく、本指名の回数も落ちやすいです。

風俗嬢は仕事の辛さからつい気分がマイナスになりやすいです。
しかし、仕事をしている時だけは心を補強し、無理やりでも笑顔を作って接客をしましょう。
そうでないと稼ぎはますます減るばかりです。
次に、稼げないのであれば一度サービス・プレイを見直してみましょう。
せっかく高い金を払ってソープに来たのに、マットプレイや潜望鏡などのサービスやプレイが下手ですと男性も興醒めですし、二度と指名しないと考えるものです。
その一方で、フェラがとても上手だとたとえ容姿が劣っていても後日本指名されやすくなるだけに、サービス・プレイの質を改善し、向上させると、収入も上がりやすいです。

他にも今までNGにしていたオプションを解禁するなど、出来るサービス・プレイを増やすと本指名が貰いやすく、やがて稼げる風俗嬢となれるでしょう。

苦痛となるサービス・プレイ

鞭風俗の仕事の中にはそれをするだけで精神的な苦痛が増大し、病んでしまうハードなプレイがあります。
例えばSMクラブでするような拷問的プレイです。
ハードなSMプレイになると、お客さんに人格を否定され、罵声を浴び、鞭で叩かれ、溶けた蝋燭を肌に浴びるなど、精神的にも肉体的にも酷い苦痛を受けることになります。

そのような拷問的プレイを継続していれば本当に精神が病んでしまうだけに、Mの素質のない女性はあまりSMプレイはしない方が良いです。
こういった拷問的プレイ以外にも、苦痛に感じやすいサービスがあります。
それは本番です。
基本的に風俗嬢は本番禁止なのですが、ソープだけは例外で、本番が出来ます。
それだけにソープは他の風俗と比べて稼ぎやすいという特徴があるのですが、その一方で性病に感染しやすいなどのリスクを抱えることになります。

常に性病の恐怖と戦いながら本番をするソープ嬢は非常に病みやすい職業であり、精神的な負担は他の風俗の仕事と比べても大きい業種になります。

ツライ風俗嬢の状況

風俗嬢がツライ時、身近に慰めてくれる人がいれば、精神的な負担は緩和されるでしょう。
しかし、風俗嬢は孤独な職業です。
特に家族や彼氏に風俗の仕事を隠している女性ほど孤独感に苛まれ、精神的な負担が増えます。
全て打ち明けることができれば気分も楽になるのでしょうが、それができない状況が、より風俗嬢を辛くさせてしまいます。

どうしてもツラさに耐えられない時、家族や彼氏に相談できないのであれば、心理セラピストなどプロの人に相談すると良いです。
信用できる友達に相談する人もいますが、基本的に友達に話す内容というのは漏れやすく、いずれ家族や彼氏にバレるリスクがあります。
その一方で、プロのセラピストは守秘義務がありますので、相談内容が漏れるリスクは少なく、安心して悩みを打ち明けられます。

風俗嬢の仕事はツライことが多いです。
しかし、どうしても稼ぐ必要があるのであれば、悩みを打ち明けられる人を探してみましょう。
ただ相談をする、それだけで心の負担は軽くなります。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする