風俗未経験の人妻が知っておくべき業種ごとの違いについて

風俗未経験の方は、風俗=本番以外のセックスと考えている人がほとんどです。
しかし、実際には風俗と一言に言ってもさまざまな業種があり、業種によってプレイ内容やお給料は大幅に異なってきます。
風俗で働くからと言って必ずしもハードなプレイをする必要はありませんし、逆に本番行為をする必要のあるジャンルもあります。

人妻系の風俗店で働きたいと考えている方のために、今回は風俗の業種ごとの違いについてご紹介します。

風俗ジャンルとプレイ内容について

ヘルス

人妻系風俗店の中で最も多い業種の風俗店です。

男性器を女性器の中に挿入する行為を風俗用語で「本番」と言いますが、本番以外のセックスをするお店で、フェラや素股、手コキなどでフィニッシュさせます。
ヘルス店には大きく3つの形態があり、それぞれ
・箱ヘル
・ホテヘル
・デリヘル
と呼ばれます。
風俗未経験の人妻が知っておくべき業種ごとの違いについて箱ヘルとはお店にお客さんが来店し、お店内のプレイルーム(個室)でサービスを提供するお店です。
ホテヘルの場合、お店はありますがプレイルームは用意されていません。

お客さんはお店で受付だけ済ませ、お店の近くにあるホテルへ風俗嬢と一緒に向かい、ホテル内でサービスを提供します。
デリヘルはデリバリーヘルスの略で、お客さんの指定する場所へ風俗嬢を派遣し、そこでサービスを提供します。
派遣先はお客さんの自宅、ラブホテル、ビジネスホテルのいずれかです。
同じヘルスですが、ドライバーや車移動などに経費が掛かる分、デリヘルがお客さんから頂くサービス料がもっとも高くなりますので、女性のお給料もデリヘルがもっとも高くなります。

箱ヘルとホテヘルに関してはお給料に大きな差はありませんが、箱ヘルの方がサービス料を安く設定していることが多く、回転率が良いので1日当たりの仕事量が増えます。
この中で初心者がもっとも働きやすいのは箱ヘルです。
店内での接客ですのでレイ中にトラブルが起こった場合でもすぐにスタッフが駆けつけてくれますし、女性が安心して接客できそうにないお客さんは受付で入店NGとしてくれます。

ソープ

浴室でのマットプレイとを本番を含むベッドでのサービスを行います。
風俗ジャンルの中でもっとも過激なサービスとなり、バックも一番高いとされ、ヘルスの1.5倍から2倍以上稼ぐことも可能です。
お店によってコンドーム着用必須のところもあれば、コンドームを着用してはいけないところもあります。
風俗ではハードなプレイになればなるほどお給料は高くなりますが、お客さんを選べないということ、性病感染のリスクがあることを十分に理解したうえでお店を選ぶ必要があります。

回春エステ、性感エステ

オイルマッサージ後に手コキでフィニッシュさせるサービスです。
風俗ですがフェラや素股などのハードなサービスをする必要がなく、基本的にお客さんは受け身になりますので性病の心配もなく体に負担の少ないお仕事です。
お給料はヘルスの2/3、または半分程度と低くなりますが、ハードなプレイをどうしてもしたくないという女性や風俗初心者の女性には働きやすいお店です。

手コキ店、オナクラ店

基本的にはお客さんのオナニーを見るだけ、手コキするだけのライトなサービスのみのお店です。
お給料はヘルス店の1/5程度と当然安くなります。
ですが、オプションでフェラやオールヌードなどハードなサービスに対応することができれば、ヘルス並みに稼げる場合もあります。

セクキャバ、ピンサロ

セクキャバとはキャバクラのようにお客さんとお酒を飲みながら、キスをしたり胸を触られたりするお店です。
ただしキャバクラのようにフルオープンのスペースではなく、ある程度の仕切りはあります。
ピンサロの場合はセクキャバでのサービスに加え、フェラや手コキなどでフィニッシュさせる必要もありますし、お店によってはクンニや指入れをさせる必要もあります。

風俗では基本的にお客さんが支払うサービス料からバック率(5~7割が相場)に応じた金額がお給料として支払われます。
そのため、お仕事に行けなかった日は給料は0円になってしまいます。
しかしセクキャバやピンサロは時給制ですので出勤すれば確実にお給料がもらえます。
風俗としての給料と考えると割安ですが、毎日確実にお金が欲しいという女性にはおススメです。

お店のランクについて

部屋 ベッド風俗には色んな業種があるのだということをご理解いただけたでしょうか。
自分がどこまでのサービスならできるのかということをしっかり考えた上でお店選びをしていただければと思います。
ですが、風俗には業種だけでなく「ランク」というものも存在します。

例えば同じヘルスという業種の風俗店でも、
・高級店
・中級店
・大衆店/格安店
があり、これはお店のサービス料金によって分けられます。
例えば大衆店で80分1.5万円で受けられるサービスが、中級店なら3万円、高級店なら5万円と高くなります。
それなら大衆店が得と考えるかもしれませんが、これらのお店には在籍女性のレベルの差があります。
お店のランクが上がれば上がるほど、美しいルックスの女性が在籍し、プレイテクニックも高くなります。

お金に余裕があり、お金を出してでも綺麗な女性にサービスされたいというお客さんが利用します。
つまり、自分の容姿や体型に自信のある方は、少しでもランクの高いお店に在籍した方がお給料がグンとあがります。
逆に見た目に自信がない、ぽっちゃりしているという女性でも大衆店なら働きやすいので、自分のルックスを客観的に評価し、自分のランクに合うお店で働くことが大切です。
また人妻系のお店にも、「人妻系」と「若妻系」というくくりがあります。

人妻は30~40代の女性でも働きやすいですが、若妻系は20代の女性限定など年齢制限を設けているので、若さをアピールしたい女性は若妻系のお店を選ぶのもいいでしょう。

お給料について

一般的に風俗=稼げると考えている人が多いです。
ですが、風俗嬢に稼げる女性と稼げない女性がいます。

稼げる女性は月収60万以上、中には80万稼げている人もいますが、これはほんの一握りです。
実際には月収40万ほど稼げていればいい方です。
人妻系のヘルスで働いた場合、日給は2~4万円が平均的です。
ちなみに風俗のお給料は、お客さんが支払うサービス料金の5~7割が相場で、お店のランクが低いほどバック率は低くなる傾向があり、格安店では5割しかもらえないことが多いです。

棒グラフまた、1日8時間働いた場合の接客人数は3人程度が平均です。
そしてほとんどのお店では「雑費」と言って、サービスに必要なアイテム(ローション・ローター・タオル・コスプレなど)や待機室などの備品を用意するための経費を支払う必要があります。
雑費は日給の10%程度が相場ですが、お仕事1本目1,000円、2本目以降500円などのようにお仕事の本数などで細かく分けているところもあります。
仮にバック率5割、雑費10%のお店の場合、60分1万円のコースに3回つけば日給は5,000×3で15,000円、そこから雑費が10%引かれて13,500円が手取りになります。

これが6割バックのお店なら同じ本数でも16,200円になります。
こうなると少しでもランクが高くバック率のいいお店に入店したいと考えますが、格安店などサービス料が安いお店はその分回転率が良く、仕事に行けないという日はほとんどありません。
しかし高級店などサービス料が高くなるお店では回転率はあまりよくないので、閑散期などはお仕事につけなかったり1本しか行けないということもあり得ます。
格安店だから稼げない、高級店だから稼げるとは限りません。

まとめ

風俗にはさまざまな業種があり、その業種の中にもランクというものが存在します。
まずは自分がどこまでのサービス提供が可能なのかを考え、自分のできるプレイに合った業種を選び、そこから自分が行けそうなランクのお店を見つけるのがいいでしょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする