キャバクラではパネル写真の写りで指名が変わる?

今回のテーマはキャバクラではパネル写真の写りで指名が変わる?と言う事についてです。

キャバクラではパネル写真が指名にどれくらい影響を及ぼすのか、と言う事は事前に認識しておいた方がいいと思います。
パネル写真の写りと指名と言う事をメインにこれから色々と書いていきたいと思います。

写りで指名は変わるのか?

質問早速今回のテーマである、パネル写真の写りで指名は変わる?と言う事について書いていきたいと思います。
ズバリ、キャバクラではパネル写真の写りによって指名と言うのは変わってくると思います。
抑えておきたい事というのは、変わると言うのは自分にとって良くも悪くも変わる、と言う事です。
決して良い事ばかりではないと思います。

例えばパネル写真の写りが良かったとして指名が沢山とれたとします。
これだけ見ると当然自分にとって良い事ばかりのようにも思えます。
しかし、指名が沢山増えると言う事は当然その分忙しくなりますし、自分のペースであったり生活のリズム、あるいは体調の変化など、指名以外で自分の中で変わる事、変化してしまう事、と言うのはあると思うのです。
つまり、自分の今の良いと感じるペースで仕事をしつつ、尚かつパネル写りによって指名も沢山ほしい、と言う気持ちがある意味で欲張りであり都合の良い話でもあるように感じます。

現実的にそうなればそれは最高ですが、やはりすべてにおいてバランスを保つ、都合良く成り立たせる、と言うのは何をするにも難しいことだと思います。
しかし、あくまでキャバクラ嬢であり仕事な訳です。
自分の為にもそして店の為にも、指名数と言うのはあげていかないといけない事だと思います。
いくらそれによって大変になったりしんどくつらい思いをする事になったとしても、稼げない恐怖や暇な時間に比べればマシな様な気がします。

やはり指名が沢山貰えるというのはとてもありがたい現象なのです。
つまり、パネル写真に関しては写りを少しでもよくして指名に良い方に繋げていく、そしてそれによって変化が起き自分が忙しくてしんどくなったとしても、上手に仕事をしてお金の為に、店の為に、お客の為に、誠心誠意頑張る、と言う事になってくるように思います。

パネル写真と指名の関係性

質問前述ではパネル写真の写りが良ければ、指名は変わってくると言う事についてみてきました。

一概には言えませんが、変わる可能性の方が大きいのは確かだと思います。
次に見ていきたいのはパネル写真と指名、と言う関係性についてです。
パネル写真の写りをよくすればなぜ指名に変化が起きるのか?
と言う事ですが、そもそもパネル写真と言うのはあなたの顔でありアピールする一枚、自分を表現する一枚でもあると思います。

当然お客に見せる為、店にきてもらう為、自分を指名してもらうため、と言う背景がパネル写真にはあるのですが、お客目線で考えますと店には行ってみたい気持ちはあるけど果たしてどんな子がいるんだろう、自分の好みの子がいたら飲んでもいいかも、そのように考える人が多いと思います。
つまり、お客はこのパネル写真を頼りに来店したり指名する人が多いのです。
パネル写真と言うのは基本的には店先にあったりネットで使ったりと、色々な使い方がありそして多くの人の目に触れる機会があるものなのです。
つまりその分、自分をアピールしたり宣伝したりする事ができますし、自分の元へお客を呼ぶ助け舟にもなりえるものなのです。

単純にパネル写真は写りが良いに超した事はないですし、可愛くそして美人なパネル写真の方が多くのお客を自分の元へ呼べる確率は高くなると思います。
つまり指名において変化が生まれる可能性が高くなると言う事です。
この指名に変化がある、と言うのは2つの見方ができるようにも思います。
1つは指名数が増えると言う変化、そしてもう1つが指名するお客の質の変化、と言う事です。

指名数が増える変化については前述してきましたが、もう1つのお客の質に変化があると言うのは、簡単な話お金持ちの指名客であったり、太客が指名において変化をもたらしてくれるかもしれない、と言う事なのです。
確かにどんなお客でも指名してくれたら嬉しいですしお金に繋がっていくと思います。
自分にあまりお金を使ってくれなかったとしても、指名数が多ければちりも積もれば山となる状態になることもあるでしょう。
しかし、やはり指名客でもお金を沢山つかってくれる金持ちの指名客や、いつも指名してくれる太客と言うのは、自分の稼ぎの面に置いてかなりの変化をもたらしてくれる存在になりえるのです。

キャバクラで働く以上、パネル写真の存在と言うのは自分の稼ぎに置いてもそして指名においてもかなり大きな影響を及ぼす存在と言っていいと思います。

写りが良いパネル写真とは

質問 写真最後に、パネル写真に関して写りがいいパネル写真とはそもそもどのような写真なのか?と言う事について書いておきたいと思います。

写りが良いパネル写真とは色々な意見があるとは思いますが、基本的に言える事と言うのはお客が求める写真を撮る、と言う事だと思います。
つまり逆を言えば、パネル写真を撮る上で自分が良いと思った写真は辞めておいた方がいいと言う事です。
単純に女性がいいと思う写真と男性、つまりお客がいいと思う写真は違うのです。
自分を綺麗に見せたい、可愛くみせたい、少しでも写りを良くしたいと思い過ぎるばかりにいつのまにかやりすぎてしまっていたり、お客の心にふれない写真を撮っていたとしたら、それはお客の心を動かす一枚にはならないと思います。

仮に自分がそのパネル写真が最高の一枚だと感じたとしても、自分の為にパネル写真と言うのはとっている訳ではないのです。
お客を呼ぶ為に、指名を増やす為に取っているのです。
でしたら尚更お客が好むパネル写真を撮らなければいけないと思います。
といっても、お客は沢山いますし好みもそれぞれ違うと思います。

つまり、お客にするターゲットを絞ってパネル写真を撮ってみる、というのも1つの方法だと思います。
例えば清楚系と言うのは世の男性のほとんどが好きだと思います。
清楚系を意識してパネル写真をとってもいいと思いますし、美人系のお姉さんの雰囲気をだしたパネル写真を撮ってもいいと思います。
あるいはロリ系を意識したカワイイ小動物のような雰囲気を意識して取ってみるのもありではないでしょうか。

このように、自分のキャラと言いますか、お客にどう認識されたいのか、と言う軸をはっきりさせる方がお客と言うのは指名しやすいですし、指名数に結果的に繋がっていくように思います。
ぜひ意識してみて下さい。

まとめ

キャバクラではパネル写真の写りで指名数が変わる?と言う事について色々と書いてきました。
パネル写真の写りで指名と言うのは変わってくると思います。
もちろん一概には言えませんが単純に考えてもパネル写真はいいものに超した事はないと思います。
写りが良い、と言う事を自分の中でよく考えて少しでもお客の心を動かす事のできる質の高いかつコンセプトがはっきりとしたパネル写真をとってほしいと思います。

そうすれば結果的に指名に変化がより起きるのではないかと思います。
自分の事ばかりにならず接客業ですのです、パネル一枚でもあくまでお客の立場になって考えて撮影してほしいと思います。
前述してきたことを参考にして是非指名に変化が起きるパネル写真を撮ってみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする