撮影中にAV女優はどんな会話をすればいいの?

AV女優はプレイやセリフがほとんどアドリブだというのは有名な話ですよね。
AVの世界に入ったばかりの新人の中には「どんな話をすれば良いのか分からない!」と困っている人も少なくありません。

AVの撮影に行われる会話について、会話テクニック4選や共演者によって変える会話テクニックについて紹介していきます。

AV女優は撮影中、どんな会話をしているの?

撮影で緊張…何を話せばいいの?

撮影中にAV女優はどんな会話をすればいいの?特に新人女優は、初対面の男優や監督に対して緊張して、カチコチになっているというほほえましい図もあります。

確かに「その場のノリで適当に」と言われても、何を話せばいいのか分からないし、カメラが回っていることを考えるとますます緊張してパニックになってしまうこともありますよね。
誰しも始めは新人で、同じように何を話せばいいのか分からない、と困っていたものです。
まずは肩の力を抜き、話し相手のリードに任せて演技をすると、意外と上手くいくものです。

新人の間はスタッフや男優がスキンシップを取ることも

勝手が分からない新人の間は、現場に慣れた男優やスタッフが積極的にネタを提供したり、スキンシップやコミュニケーションを取って場を和ませてくれることもあります。
女優が緊張していては良い作品は生まれないので、皆さん頑張って女優の気持ちを奮い立たせてくれます。
何をどう話せば良いのか分からない人は、まずはリラックスして相手のリードに身を任せてしまいましょう。
出演本数をこなしていく内に、どうすればOKが出るのか、自然と身につくものです。

アドリブ部分は女優の実力が試される!

新人女優の間はチヤホヤしてもらえますが出演本数が多いのにアドリブがあまり上手くない女優はかなりつらい立場に追いやられます。
特に他の女優との共演作品になると、比較対象がすぐ側にいるのでつい「あの女優は下手だなあ」と陰口をたたかれたり、比べられてしまいます。
ある意味ではアドリブ部分こそ、AV女優の実力が試される場なのかもしれませんね。

後々になって困らないよう、他の女優さんのアドリブ部分を観て研究し、どのような受け答えをしているのか勉強する姿勢も大切な仕事です。

コミュ障でも大丈夫!会話テクニック4選

会話新人の内は受け身でもOK!

次にコミュ障でも困らない、会話テクニックについて紹介していきます。

上記でも紹介しましたが、新人の内は男優や監督のリードやテクニックに任せて受け身でも構いません。
特に新人はスレていない雰囲気が素人っぽさをかもし出すものなので、ぎこちない仕草こそ重宝される機会とも言えます。
焦らず固くならず、会話を楽しむ姿勢を忘れないで下さいね。

気持ちを盛り上げることが大切

相手のリードがどれだけ上手くても、女優自身が「盛り上げよう」という気持ちがなければ、何となく白々しい雰囲気になってしまいます。
AV女優という仕事をするのですから、いつまでもお客様のような立場ではいられません。
男優やスタッフと一緒に「作品を作る」という意識を持つようにすると、自然と「どのような態度、話し方をすれば良いのか」が分かるのではないでしょうか。

「観ている相手」のことを考える

新人の間は緊張して周囲のことを考える余裕がなくても、徐々に「何を求められているのか」が分かってくるのではないでしょうか?
あまりにもガチガチに答えを用意していると、観ている方は「脚本を読んでいるようだ」と感じてしまいます。
これは一般企業での面接試験でも同じですが、「趣味は?」「初めてのキスはいつ?」といった質問の答えを考えるのは良いことですが、一字一句セリフを考えてしまっては面白みがなくなってしまうものです。
ある程度の流れが分かったら、後はその場のノリや男優と一緒に「どうすれば観ている人が楽しんでもらえるか」を意識して、現場を作るようにしましょう。

本音トークはウケる可能性大!

下手に小細工をしてボロを出すより、本音トークでぶっちゃける方が面白いものが作れるかもしれません。

もちろん本音を出す時と場合を選ぶ必要はありますが、下手に演技をするよりもあなたらしい魅力が引き出される可能性もあります。
もちろん本音と言っても、「AV女優になんかなりたくなかった」というような「それを言っちゃおしまい」な発言はNGですよ。

AV女優の仕事相手は男優だけではない!AV女優同士の「共演」

先輩女優との共演

レズビアン現場を作るのは女優と男優、スタッフだけとは限りません。
AVは「単体女優」と呼ばれる、ネームバリューのある女優一人で作品を作る以外にも、人気女優との共演や、乱交のように大人数の女優と共演するようなパターンなどがあります。
AV女優の共演は「一人だとネームバリューに乏しいから」という抱き合わせ商法で共演することもありますが、売れっ子AV女優でも必ず他の女優との共演作品があります。
AV女優として活動をしている人で、他の女優との共演経験がない、という女優はまずいません。

そんな女優同士の共演の場合、どのような会話をすれば良いのか、紹介していきます。
まず自分と先輩女優と共演するパターン。
レズ作品などで先輩と絡み合うことなどがありますね。
仕事上でもプライベートな場合でも頼りになる先輩女優の仕事振りを間近に観ることで、「こうすれば良いのか」と学ことができる絶好の機会です。

先輩女優との共演は、基本的に先輩のリードに任せておいて大丈夫。
反対に、変に出しゃばってしまうと先輩からの反感を買う恐れもありますから、先輩女優の仕事を観て、じっくり勉強しておきましょう。
まあ先輩の中には、若い女優に嫉妬をして小姑のように後輩をネチネチいじめる女優もいますが…。

新人女優との共演

AV女優として経験を積み、自分が先輩で後輩女優と共演するパターンは、かなりプレッシャーがあります。
それなりの場数を踏んだ女優が新人女優と共演することが多いのですが、休憩中も新人女優に気を遣ったり、撮影中でも自分の立ち位置や後輩をリードして動いたりと、頭の中は常に段取りでいっぱいかもしれませんね。
新人女優とキャリアのある女優が共演する場合は、どちらかと言えば、先輩が新人を立てるような形になります。
新人の良い「お手本」になれるように、先輩らしい振る舞いが求められます。

キャリアが同じくらいの女優との共演

自分と同じ位のキャリアのある女優との共演は、どうしても「競い合う関係」になってしまいます。
AVの設定としては「友人同士」となっているのに、いつのまにか「ライバル争い」の現場になっていた、ということも多いもの。
同じ位のキャリアの女優と一緒に仕事をするのですから、周囲はつい両者を引き比べてしまいます。

自分の持ち味や特技を意識して、キャラクターを明確にしていきましょう。

多くの女優との共演

企画ものに多い乱交などは、先輩後輩が入り交じって絡み合う現場になります。
3人以上の女優と仕事をする機会は滅多にないので、良いチャンスととらえてどんどんコミュニケーションを取っていきましょう。

他の女優はどのように仕事をしているのか、こんな場合どうしている?
といったリアルな悩みは、現役のAV女優でしか分からない部分も多いですよね。

まとめ

撮影中にAV女優はどのような会話をすれば良いのか、会話テクニックや他の女優との会話などについて紹介しました。

何事も始めの内はコツが分からずオロオロしてしまうものです。
徐々に仕事に慣れていき、自分が新人の頃遠く感じていた先輩女優になっていくものです。
あまり固く考えず、リラックスして撮影にのぞむようにして下さいね。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする