キャバクラで我慢できない行為や客って多い?

キャバクラは、普通のアルバイトよりもはるかに時給がよく、一方で風俗店のように性的なサービスをしなくてはいけないわけでもないので、稼ぎたい女の子にとても人気があるお仕事です。
しかし、高いお給料を稼げるということは、当然その文大変なこともあります。
キャバクラで精神的にキツイは、ほとんどがお客さんからされる行為です。
この記事では、キャバクラで働いていて我慢できないと感じる行為や客について紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

キャバクラは嫌な男性客に我慢する仕事でもある

キャバクラで我慢できない行為や客って多い?キャバクラの仕事内容は主に、お客さんとして来る男性の隣にすわり会話をしたりお酒を飲んだりすることです。
キャバクラで働いたことがない女の子だと、とても楽そうに思える人もいると思います。
しかしキャバクラのお仕事は、決して楽なものではありません。

高い時給をもらえるのは、それだけ大変なお仕事であることの裏返しでもあるのです。
キャバクラ嬢として男性と会話をしてお酒を飲むのは、プライベートで男性と同じことをするのとはまったく違います。
お客さんは楽しい時間を体験したくてお金を支払っているのですから、自分の気分にかかわらず相手を楽しませる責任があります。
プライベートの飲み会なら男性がちやほやしてくれることもありますが、キャバクラでは自分が相手を気分よくさせる必要があるのです。

キャバクラで働いていれば、かならず自分にとってタイプではないお客さんも来ますし、ツライ事を言われることもあります。
そして、どんなお客さんであっても基本的には嫌な顔をせずに接客する精神的な強さが求められます。
キャバクラのお仕事はなかなか友人や彼氏などの相談できることではないので、イライラしても自分でストレス解消できるようになりましょう。
キャバクラのお仕事は接客術を磨くよりも前に、いかにお客さんからのストレスを我慢するのか重要なのです。

キャバクラで我慢できないと感じる行為や客とは

お酒では、キャバクラで働いていて女の子が我慢できないと感じるのはどういうお客さんなのでしょうか。
風俗嬢の場合、お客さんからされてストレスになるのは本番強要や、短時間に3回戦も求められたりするなどのセックスに関連したことです。
キャバクラにはそのようなハードなサービスはありませんが、お客さんはある程度のエロさを求めています。

だからキャバクラだからといって、まったくセクハラなどがないわけではありません。
ここでは、実際にキャバクラでよくある嫌な行為やお客さんについて紹介します。

おさわり

キャバクラは本来はおさわりNGのお店です。

いわゆるセクキャバなどのエッチなサービスがあるお店の場合は、禁止されているはずの手コキを求められるなどのセクハラがよくありますが、普通のキャバクラではそこまでのセクハラはありません。
しかし、会話をしながら肩や手に触れる程度のスキンシップは当たり前のように発生します。
また、キャバクラで指名を取るためにはお客さんに気に入られることが重要なので、多少のスキンシップはそのためのテクニックとして使えます。
肩や手に触れる程度のスキンシップならそれほどストレスになることはありません。

しかし、お客さんの中には肩を強めに抱いたり、ふとももに触れてきたり、お尻を触ってきたりするお客さんもいます。
そういうお客さんに対して、冷たく「やめてください」と拒絶してしまうと場の空気が悪くなりますし、リピートしてくれる可能性もさがります。
だから、おさわりをされた場合でも表情を崩さず、子どもをあやすイメージで「ダメですよ」などと言って断りましょう。
お客さんもキャバクラで本当に性的なサービスを受けられるとは思っていないので、やんわり断ればそれ以上無理強いしてくる事はありません。

説教

キャバクラに来る男性の中には、キャバクラ嬢に対して説教をしてくる人もたくさんいます。
よくあるのが「こんなところで働かないでもっと自分を大事にしろ」とか「楽に稼げるからって社会を舐めるなよ」などの説教です。
お金を払ってお店に来てるくせに、わざわざ説教をして空気を悪くする男性もいるのです。

そういう男性は、たいてい普段の生活でストレスをかかえていて、それをキャバクラ嬢相手に発散しているのです。
とにかく自分より下だと思えて、何でも反論せずに聞いてくれる相手を求めているだけなので、右から左に聞き流すつもりで適当に相槌をうっておきましょう。

下ネタ

キャバクラではお酒が入っているので下ネタを言う男性もたくさんいます。

中にはキャバ嬢に「最近いつセックスした?」とか「胸はどれくらいなの?」聞いてくる男性もいます。
下ネタはキャバクラでよく出る話題でもあるので、抵抗感を無くすようにしましょう。

お客さんが自分の性癖やセックスの失敗談などを話しているときは、ただ笑顔で聞いていれば大丈夫です。
お客さんが自分のテクニックを自慢したり、エッチな知識をひけらかし始めたら「えー!そうなんですね!」という感じで、ウブなフリをしておきましょう。
お客さんが胸のサイズや性癖など、自分のことを聞いてきた場合は「何カップだと思いますか?」とか「Mに見えますか?Sに見えますか?」などと質問返しをすれば、時間稼ぎができて会話が広がります。
そして最終的には「秘密です」とか「ご想像におまかせします」と言っておけば、お客さんの気分を害さずに上手に交わせるので覚えておきましょう。

個人情報を聞いてくる

携帯お客さんの中には、やたらとキャバクラ嬢のプライベートにこだわる人がいます。
キャバクラ嬢のことをもっとよく知ってプライベートで仲良くなりたいと考えている人もいれば、興味本位でしつこく質問してくる人もいます。
しかし、キャバクラ嬢にとって、自分の個人情報をお客さんに知られるのはリスクしかありません。
住んでいる場所を知られてしまったらストーカーになるかもしれませんし、大学やお昼の職場を知られたらそれをもとに脅迫されるかもしれません。

なかでも「本名は何ていうの?」などと聞いてくるお客さんには特に気をつけましょう。
最近では本名がわかれば、ツイッターやフェイスブックなどからさまざまな情報がバレてしまうこともあります。
うかつに本名を伝えると、余計な個人情報を調べられる可能性あるので、源氏名以外は絶対に言ってはいけません。

個人情報に関わる質問は出来るだけ「秘密です」などと言って受け流し、どうしても答えなきゃいけない場合は嘘の情報を伝えましょう。
個人情報を聞いてくるお客さんはとても多いので、お客さん用に嘘の設定を決めているキャバクラ嬢はとても多いのです。
このようにキャバクラで働いていると迷惑なお客さんがたくさん来ます。
そういうお客さんの気持ちを損ねず、楽しんでもらうことも重要ですが、あまりにも辛い場合はお店の人に相談しましょう。

あまりにもひどい行為をするお客さんは出禁にしてもらえるので、最終手段として覚えておきましょう。

まとめ

キャバクラで働いていて我慢できないと感じる行為や客について紹介しました。
キャバクラで働いていれば、お客さんからいやなことをされたり、ひどいことを言われたり、セクハラを受けたりするのは日常茶飯事です。

そして、そういうお客さんを気分よくさせて、指名客に変えるのがキャバクラ嬢のお仕事でもあります。
キャバクラで働くのであれば、高いお給料の代わりに我慢しないといけないことも多いと覚悟しておきましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする