キャバクラを続けられる年齢って何歳まで?

いつの時代も、風俗業界やお水業界を含んだ「夜の世界のお仕事」の中でも、圧倒的な人気を誇っているのがキャバクラのお仕事です。
ガールズバーであったり、スナックのようなお水業界のお仕事の中でもカジュアルで安く楽しめる気軽なコンセプトとは打って変わって、非常に華やかなドレスやラグジュアリーな空間、そして高いお酒などが用意されているキャバクラは、主に若い女性から絶大な人気を集めており、中にはキャバクラで働くことに憧れを抱いている女性も、いないことはありません。

実際はかなり厳しい世界ではあるのですが、「お客様と一緒にお酒を飲みながら会話を楽しむだけで、気軽に稼ぐことができる」というイメージも広く浸透し、学業のある女子大生や、お昼は本業に勤めているOLといった、主に20代前半の女性から大きく支持されています。
ただしそんな華やかなイメージで大きな人気を呼んでいるキャバクラのお仕事は、女性であれば誰でも働けるというわけでもありませんし、何より特徴的なんが「年齢の旬が早い」ということです。
キャバクラには非常に多くの人気が集まっていることから、特に人気店などになれば、どんどん若くて容姿の整っているキャバクラ嬢が入店してきますので、たくさん稼げるようになったからといって、いつまでも気軽に働き続けることができるお仕事ではありません。
それでは、キャバクラのお仕事を続けられる年齢のタイムリミットというのは、何歳までになるのでしょうか。

また、30代や40代といった、落ち着いた年齢になってもキャバクラで働くことというのは、できるのでしょうか。
今回の記事では、キャバクラ嬢の年齢の旬や、その後のキャリアについてもご紹介します。

キャバクラを続けられる年齢って、何歳まで?

キャバクラを続けられる年齢って何歳まで?キャバクラで働くことができる年齢というのは、お酒を扱うお仕事になるということから、おおよそどこの地域でも20歳からが原則のルールとなっております。

そのため、高校生などの若すぎる女性は働くことが禁止となっていますが、たまに地方などにある悪質なキャバクラなどであれば、見た目が可愛い・綺麗で20歳以上に見えるということであれば、勤務をさせているというお店も存在します。
そのため、若い方であれば20歳前後ほどでキャバクラ嬢としてのキャリアをスタートさせることにはなりますが、実際にキャバクラを続けられる年齢というのは何歳までになるのでしょうか。
地方によっても変わるところはありますが、例えば東京の歌舞伎町など、キャバクラ店が非常に多くて有名、かつ繁華街というエリアで働くキャバクラ嬢であれば、おおよそ20代後半に差し掛かった年齢が、キャバクラを続けられる年齢の限界ともいえるでしょう。
20代後半といっても、世間的には非常に若い年齢であることは間違い無いのですが、ことキャバクラ業界に限っていえば、20代後半の年齢になると古参扱いされてしまったり、お客様も興味を持ちにくくなってしまうこともあるのです。

というのも、特にそうしたキャバクラ店がひしめき合うことで有名な繁華街になると、どんどん若くて容姿のいいキャバクラ嬢を希望する女性が入店してくるので、店内にいるキャバクラ嬢の回転や代謝はどんどん早くなっていってしまいがちなのです。
男性のお客様も、できれば26歳のキャバクラ嬢よりも20歳そこそこの若いキャバクラ嬢にお酒を注いでほしいと考えることがほとんどです。
そのため、世間一般では若いと言われているような20代後半という年齢であったとしても、繁華街のキャバクラなどになるともう旬が過ぎた扱いをされるので、そこが引退のタイミングだとも言われています。
もちろん地方に行けば全体的な年齢の基準などが上がりますので、20代後半でもばりばりと現役で働かれている方も少なくはありません。

さらに地方だけでなく、歌舞伎町のような繁華街にあるキャバクラであったとしても、見た目が圧倒的に可愛い・もしくは綺麗であったり、長く付き合っている太客などから圧倒的な支持を集めているようなキャバクラ嬢であれば、そのまま店に勤務してほしいと店のほうからお願いされることがあります。
やはりお店としても、こうした太客を逃すだけでも運営に大きなダメージになりますし、需要があるならわざわざ退店させる必要もないからです。

30代や40代でキャバクラ勤務って、正直どうなの?需要ある?

女性 顔キャバクラ嬢の旬というのは非常に早く、とくに回転率の高い歌舞伎町などの代表的な街の場合、20代後半に差し掛かった時点で、太客がいない、もしくは指名をそこまで集めることができていないなどであれば、そこがやめるタイミングだと思われてしまうでしょう。
しかし、ただ単にたくさんのお金を稼ぐことができるからという理由だけでなく、キャバクラという空間が好きであったり、キャバクラのお仕事が好きという女性も、中にはおられます。
そうした女性たちが、30代や40代になってもキャバクラで働くことというのは、可能なのでしょうか。
また、世間体的に、どういうイメージを持たれるのでしょうか。

まず、30代や40代になってもキャバクラで働くということは、可能です。
最近では典型的なキャバクラ嬢のような、若くて派手な女性が少し苦手だけど、クラブに行きたいというわけでは無いというお客様が増えているということもあり、30代や40代の女性が働くことができる「熟女キャバクラ」が人気になってきました。
落ち着いた女性からされる、しなやかなサービスが若いキャバクラ嬢にはない良さがあると話題になり、主に40歳以上の男性から大きな支持を集めています。
地方のほうはどうかはわかりませんが、東京や大阪といった繁華街のある街では、熟女キャバクラはすっかり定着されています。

しかしもちろん、世間体を考えた時に、熟女キャバクラで働くことを選んでまでキャバクラ勤務を続けるということ自体には、正直あまりいい印象を持たれることはないでしょう。
また、もしそういったキャバクラ業界を引退し、昼のお仕事につくとなった時に、その年齢までキャバクラ以外の職歴がなかったり、PCのスキルがないということになれば、就職することも非常に困難になってしまいます。
もし可能であれば、若い時期にもうキャバクラのお仕事を引退し、20代後半からにはなりますが、そこからお昼のお仕事への転職活動を始めた方が、まだキャリアの再スタートは切りやすいと言えるでしょう。

キャバクラを卒業したら、その後のキャリアはどういったものがあるの?

女性 顔キャバクラでは、主に20代後半に差し掛かったタイミングが引退どきだと言われています。
その引退どきを過ぎた後のキャリアというのは、どういったものがあるのでしょうか。
まず、普通のOLといったお昼の正社員のお仕事に転職される方もおられます。
少し社会人デビューは遅くなってしまうかもしれませんが、まだ20代後半からであれば社会は若年層ととってくれるので、そこまで職歴がなくとも採用してくれる会社はあります。

パソコンのスキルなどをつけられておくと、採用の可能性が上がりますので、おすすめです。
また、結婚して専業主婦になられたり、妊娠してママになられる女性もいます。
中にはキャバクラ時代のお客様と結婚をするキャバクラ嬢も少なくはなく、そこで太客との出会いを作り、玉の輿に乗ろうという方もいるのです。
さらに、風俗業界に転身する方もいます。

どうしても夜のお仕事に慣れてしまうと、なかなかやめられなくなってしまうところもあり、生活の水準を落としたく無いということから、風俗嬢としてキャリアをスタートさせる女性も多くいるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
キャバクラ嬢の旬は早く、20代後半に差し掛かるともう引退と言われてもしょうがないと言われております。

そこからのキャリアは人それぞれですが、できれば昼職に転職をして、キャリアをスタートさせ、キャバクラや夜のお仕事に戻らないことをおすすめします。
キャバクラで働きたいと思っているのであれば、しっかり20代後半でやめると割り切って働かなければ、なかなかお昼の通常のお仕事や生活に戻ってこれなくなってしまうのです。
キャバクラ勤務を考えている方は、いつまでにやめるかをしっかり決めてから面接にいくようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする