売れるAV女優は人間関係やマナーがしっかりしてる人が多い理由

皆さんは、AV女優というと、どんな人柄を思い浮かべますか?
よく想像されるのは、恐らく「ギャルっぽい」とか、「マナーが悪そうなヤンキー系」とか、そのような「悪いイメージ」を思い浮かべませんか?
確かに、皆さんが連想するイメージは、正解に近いものかもしれません。
というのも、目標もなく、単に宵越しの金が欲しいだけでAV女優になった人と、仕事に対するプロ意識や、想いがある人とでは、AVに対する熱意が全く違います。

熱意やプロ意識の高いAV女優は、どんな環境でも仕事をきっちりと完遂しますし、周囲の人間との関係性を大事にするために、マナーを正しく身につけています。
こう書いてしまうと、プロ意識のあるAV女優だけが売れると断言しているように見えますが、断言しても良いくらいに、AV女優のプロ意識というのは大事なことなんです。
プロ意識の高いAV女優は、マナーを常に意識しています。
周囲の人間に気配りをする、撮影陣の意図を事前に汲み取り、出来る限りのサービスを行う、笑顔を絶やさないようにするなど、さまざまな努力を積み重ねています。

では、具体的にマナーやプロ意識が、AV女優にとって、どれくらい重要なことなのか、この記事で書いていきます。
これからAV女優を目指す方、それからAV女優になったものの、売れないと悩んでいる方の道標になれば幸いです。

AV女優として契約するための面接合格率は、10%未満

男性 女性 笑顔AVのプロダクションが、専属契約してくれる確率は、とても低いです。

プロダクションにもよりますが、およそ10%未満で、最も低いところでは1%ほどと言われます。
それくらい、AV女優になるためには、かなりの狭き門をくぐらなければなりません。
プロダクション側としても、「売れないAV女優」と契約を締結するわけにはいきません。
せっかく時間(コスト)をかけて撮影して、いざ商品化しても、売れなければ赤字です。

普通の企業でも、考えれば分かること、ですよね。
AV女優として売れる女性を、プロダクションは求めています。
面接官が「売れる」と確信できるのは、ずばり「マナーがなっている女性」だと言います。
もちろん、「では内側にしか見えないマナーだけで、世間の男性の目を潤すことが出来るか」と言われれば、それはまた別の話です。

女性ホルモンが多そうで、なおかつ男性(面接官含む)が「エロい」と感じることのできる女性であることが大前提です。
しかし、大前提をもってしても、マナーのなっていない女性は、選考から外れます。
AVの撮影は、スタッフ、それからAV女優の構成で成り立っているもので、どちらか一方の気遣いやマナーが欠けていれば、撮影は成功しません。
結局のところ、AVの撮影というのは、普通の会社と同じです。

人間関係が悪ければ、その環境で仕事をしたいと思えませんし、そもそも笑顔のない現場なら、緊迫感しかない、ストレスのかかる職場ですよね。
つまり、人間観察がしっかりと出来て、その上で周囲に気遣いが出来て、人間関係を円滑にするためのマナーが成っていれば、仕事がやりやすく、撮影も順調、周囲からの評価も上がりますので、プロダクションは売りに出してくれるでしょう。

AV女優は、女優業であって、接客業ではない

女性 セクシーいくらエッチなことが好きで、いろんなテクニックを持っていたとしても、ここを履き違えてしまうと、AV女優のお仕事がとても辛くなります。

どうしてAV「女優」というか、皆さんはご存知でしょうか?
それは、スクリーン(映像)の中で、女性が「エッチなことをして、気持ちよくなっている」ということを、演じるからです。
もちろん、風俗嬢も同じく、演じないといけない部分は多々ありますよね。
でも、どちらかと言えば、お客さんを気持ちよくさせるためのサービスであって、AV女優とは一線を引いているお仕事です。

AV女優は、映像の中に映る女性が気持ち良くなっている(ように見える)だけで、視聴者側も気持ちよくさせる、という間接的なものです。
したがって、いくら男優の前戯が下手、自分と合わない・・・といった状況でも、「気持ちよくなっている」ことを、視聴者に伝わるように演じる必要があります。
映像は視るものですから、直接触れることはありませんよね。
だから、「視る」だけで伝わるものを作る必要があるのです。

つまり、「直接触れるかどうか」が境目であって、直接的な接客が発生する風俗業と、AV女優業ではまったくもって性質が異なるということですね。
AV女優は男優に対して接客するのではなく、あくまでも同じ映像に出演している、いわば「共演者」として扱う必要があります。
しかし、ここで間違ってはいけないことがあります。
それは、「相手(男優)を射精に導くテクニックをおざなりにしても良いということではないです。

接客業である、風俗嬢は色んなサービスを提供しつつも、女性が持っているテクニックを総動員して、お客さんを射精に導きます。
もちろん、風俗のサービスは、お客さんを気持ちよくさせて、満足してもらうことが最終的な目標ですよね。
でも、AVだってそれは同じことです。
射精に導くには、男優が気持ちよくなれないといけません。

つまり、AV女優が、風俗嬢と同じサービスレベルのテクニックを駆使しないことには、成立しないことなのです。
「女優業」のAV女優ですが、同時に接客業と同じレベルのテクニックを併せ持つ必要があり、なおかつ男優に対する接し方は、あくまでもお客さんではなく、共演者として人間関係を構築する必要があります。
人間関係を円滑にするのも、マナーが良くないと出来ないことですね。

AV女優として、もっとも大切なのは人間関係

女性 セクシーエッチなことが好きで、テクニックが優れていても、それだけではAV女優にはなれません。
売れるAV女優になれる、よくあるパターンは、元売れっ子風俗嬢です。
接客業である、風俗のお仕事で培ったノウハウを、AV女優になってから惜しみなく使います。
人間観察が出来るため、周囲に気遣いが出来て、笑顔を振りまけて、マナーの良い女性をうまく演じます。

もちろん、演じるのは「嘘」ではなく、あくまでも一人の社会人として当然のことをしているだけです。
逆にマナーが悪ければ、一緒に働きたいと思える人は居ないでしょう。
AVの世界であっても、やはり人間関係というのは良好であればあるほど、仕事にも有利に働くということですね。

まとめ

マナーの良し悪しだけで売れるAV女優になることは出来ません。
女性らしさが良く出ていて、男性を虜にできるような見た目も必要です。
しかし、見た目がすべてというわけではなく、そこにマナーの良さが含まれていないことには、AVプロダクション側は、その女性を採用したいとは思わないのです。
採用されたあとは、プロダクション側が売れるように、うまく誘導してくれます。

もちろん、誘導したからといって売れるとは限りません。
プロダクションもプロの集団ですので、AV女優としての素質があって、なおかつマナーの良い人間を積極的に採用していきます。
その中から、よりAV女優として優れている女性を選別し、売れる方向にもっていくのです。
つまり、売れるAV女優になるためには、見た目やテクニックや演技など、AV女優としての素質にプラスで、マナーという要素が必要だということです。

AV女優として採用されて、売れたいのであれば、周囲の人間に気配りが出来て、なおかつ人間関係を良好にできるスキルが必要だということです。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする