AV女優でツライ事ってなに?

AV女優になると、精神的、肉体的にツライ事も色々出て来ます。
精神的な辛さに関しては、家族に隠れて仕事をする罪悪感や、稼げない事によるストレスがあります。
また、肉体的な辛さに関しては、仕事上で行わなければ行けないプレイに関する事などです。

ツライ事もあるので、心構えから変え、対策できる所は対策をして手を打っていきましょう。

AV女優のお仕事にはツライ部分も……

AV女優でツライ事ってなに?AV女優の仕事は、仕事上ツライと感じる部分も出て来ます。

例えば、彼氏や家族にバレる事、もしくはバレる事を恐れて仕事をする事はツライ事に入ります。
その他には、本番(セックス)や性病の心配、稼げない事による精神的な苦痛、また、プレイ自体に拷問的プレイが入ってくる事もあり、その辛さは一般職以上になる事もあります。
そこで今回は、AV女優の方がツライと感じる事柄をまとめて、対策方法をご紹介していきます。

彼氏関係がツライ

女性なら彼氏が欲しいと感じるものです。
ただ、AV女優になってしまうと、彼氏を作るのが難しくなることもあります。
第一に、「AV女優をやっている」女性を好まない男性は多いです。
本職がAV女優という事を男性に伝えただけで、恋愛の対象に外されてしまう事もあります。

また、かといってAV女優として働いていることを隠して仕事をするのは、「彼氏を騙している」という罪悪感に苛(さいな)まれます。
ですので、AV女優は彼氏を作りにくくなるばかりか、仮に彼氏が出来たとしても、そのこと自体が逆にツライ原因となってくるのです。
AV女優になる方は、その葛藤に悩む人も結構います。
対策としては、AV女優として働いていることを許してくれる彼氏を見つけるか、絶対にバレない所で働くことです。

男性の中にはAV女優と付き合いたいと思う男性も居ますので、AV女優になったからと言って、絶対に彼氏が出来なくなるわけではありません。

家族や知り合いのバレがツライ

AV女優は仕事で受ける肉体的な辛さもありますが、家族や知り合いにバレる恐怖、バレた時に出てくる「精神的」な辛さもあります。
大抵の女性は隠れて、もしくは黙ってAV女優となって仕事をしますので、「いつかバレちゃうかも……」という心配に駆られて仕事をします。

働いていても、頭の片隅のそんな感情がよぎる事もあり、それがツライという方も多いです。
また、バレないまま引退する事が出来れば一番良いですが、どこかで情報が洩れて、家族や知り合いにバレた時はかなりツライ出来事が待っている事もあります。
厳格な家庭で育った方の場合、親が泣いてしまう事もありますし、知り合いにバレた場合は今までの自分を見る目が一瞬で変わってしまったりします。
最近のAV女優は、テレビに出演したり、かわいい子が多くなったりして、社会的な理解も進んできましたが、それでも人によってはバレる事による辛さは出て来ます。

対策としてはバレにくい所で仕事をするほかありません。

撮影がツライ

カメラ フィルム風俗嬢の場合は、個室で男性に対してサービスを提供するだけですが、AV女優の場合はビデオ撮影があります。
どちらも稼げる仕事ですが、AV女優は撮影がある事が大きな違いです。

そして、その撮影も辛さになってきます。
個室でプレイを行う風俗の場合は、基本的に男性との一対一の会話、プレイとなります。
しかし、AV撮影はビデオ撮影をするスタッフ、支持をする監督、汁男優など、様々な人に見られながらの撮影です。
「人に見られてのセックス」は、まず経験が無いものですし、その中で感じている演技をするのもツライでしょう。

サービス・プレイがツライ

彼氏や家族、知り合いにバレてツライというのは、いわゆる「精神的な辛さ」なのに対し、サービス・プレイの辛さは、「肉体的な辛さ」です。
精神的な辛さよりももっとツライと感じるAV女優は多いです。
精神的な辛さは、時間が経てば気持ち的に和らいでくるものですが、肉体的な辛さは、直接的な痛みを伴い、長く続く事もあって我慢がしにくくなってきます。

プレイの時に拷問的プレイが入ってくれば、仕事とは言え、その痛みに堪えなければ行けない事もあります。
特にAV女優の方が口を揃えて言うのが、「性器の痛さ」です。
AV女優を対象としたアンケートでも、よく性器の痛さが上位にランクインしています。
AV女優はお金の為にセックスをする必要があり、彼氏や彼女との関係以上に、セックスの回数が多い仕事です。

女性の場合セックスは受け身になりますし、レイプもののAVの場合は激しいピストンが演出として入る事もあります。
そんな激しいプレイを繰り返し行っていれば、アソコが痛くなるのも当然です。
アソコの痛みもAV女優がツライと感じる部分となっています。
肉体的な痛みの対策については、仕事内容を見直したり、クリームや軟膏を使ったりする方法があります。

少ない稼ぎや、体女優になれない事がツライ

AV女優は人気女優と人気が無い女優とで収入が全然違います。
売れっ子女優になって、何百万円と言うお金を稼ぐ為に入ったAV業界だったのに、思うように稼げなければそれもまたかなりツライものです。
ましてやAV女優は、体を張って、好きでもない男性スタッフと、本番さながらの行為をする仕事。

それ相応の対価が無ければ、ただの骨折り損のくたびれ儲けとなります。
期待したお給料をもらえない女優は、稼げない事に対してのストレス、辛さを感じやすいです。
また、AV女優は「単体」「企画単体」「企画」女優とありますが、単体女優を目指しているのに、それになれなくてツライと思う方もいます。
単体女優は撮影本数が少なくてもしっかり稼げ、スタッフも大抵は優しく、魅力があるポジションですので、その分応募者も殺到します。

故に、本当に一握りの女性しか単体女優としてデビュー出来ません。
単体女優は絶対数が少ないので、それになれなかったAV女優、何年も成功しないAV女優も辛さを感じたりすることがあります。

ツライからと我慢をし続けない事が大切

チェックリスト以上、AV女優はAV女優ならではの「辛さ」があります。

また、精神面、肉体面とツライ事がありますので、適度に休んだり気分転換を図ったりすることも大切です。
精神的な辛さを我慢し続ければ、それは精神病にかかる原因となります。
また、肉体的な我慢は健康に影響し、体調不良、そして病気になってしまう可能性があります。
AV女優も、基本は風俗嬢と同じで体を張った仕事、体が資本の仕事なので、大量管理や健康管理には十分気を付けていきましょう。

普通の風俗業と違ってAV業界は、性病検査がしっかりしているので、性病にかかるリスクは少ないですが、その他の一般的な病気は誰もかかります。
風邪になり高熱が出たら、撮影どころではありません。

まとめ

イベントなどで華やかに見えるAV女優にも、ツライと感じる事は結構出て来ます。

「精神的」「肉体的」の両方でツライ部分があるので、AV女優として働く方は注意です。
恋愛関係にある男女間のセックスは、お互いに思いやりを持って行われることが多いですが、AV女優の場合は撮影の為にエスカレートする事も出て来ます。
気持ちの良いセックスをするだけでお金が舞い込んでくる」と安易に考えて業界へ入ると、ツライ事に直面した時に、余計辛く感じますので、働く方はまず気を引き締めて臨んだほうが良いでしょう。
もちろん、仕事の全てがツライとは限らず、イベントなどに出る時には楽しい事もありますし、撮影内容によってはツライ事が少ない場合もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする