キャバクラで地雷嬢だと思われてしまう女の子の特徴

地雷嬢」という言葉をご存知ですか。
どちらかというと風俗嬢に使われる言葉で、たとえばパネル写真では可愛かったから指名したら似ても似つかなかったとか、サービスがいい加減で全く気持ちよくなかったとか、髪の毛がぼさぼさで不潔だった、などの「期待していたレベルを大きく下回った女性」のことを言います。
キャバクラでも基本は同じですが、もう少し広い意味合いで、要はお客様にとって「不快にさせられたり対応がメンドクサイので2度と指名したくないキャバクラ嬢」を地雷嬢と言います。

「地雷嬢」だと認定されるとそれが口コミで広がったり、ネットで拡散したりしてしきますが、意外に「地雷嬢」本人は自覚がありませんから、知らない間にそういう評判が立っていて、当然いつしか指名が0になる、というようなことが起こります。
ですからお客様から「地雷嬢」だと認定されないようにしなければなりません。
そこでここでは、キャバクラで地雷嬢だと思われてしまう女の子の特徴を挙げていきますので、自分を振り返ってみましょう。

地雷嬢の性格的な特徴とは

キャバクラで地雷嬢だと思われてしまう女の子の特徴地雷嬢の「性格的」な特徴は以下のようなことです。

自分大好き

まず地雷嬢は自分が大好きで、お客様相手に自分の話ばかりを一方的にします。
お客様は自分の話を聞いてもらいたくて来店しているのに、その反対に、かつ自分には興味のない話を延々と聞かされることになってしまいます。

ナルシスト

地雷嬢は「自分が1番きれい」だと思い込んでいます。
実際にきれいな場合もありますが、現実以上に自分を美化しています。

空気を読めない

今はこのお客様の話を真剣に聞くタイミング、という時に「そういえばこの間」などと空気を読まずに話の腰を折るのも地雷嬢の特徴です。

根本的にお客様を見下している

自分はそのお客様の払ってくれるお金で給料がもらえているにもかかわらず、キャバクラに来る男性を、特に仕事内容や職種などによって軽蔑して、それを態度に出します。

興味のない話題だとつまらなそうにする

お客様の話に興味がもてないとドリンクの氷をかき混ぜる、きょろきょろするなどつまらなそうな態度をとります。
悪化すると不機嫌にさえなります。

短気ですぐ切れる

怒り地雷嬢は感情の起伏が非常に激しいです。

それが明るい方に出ればまだいいですが、ちょっとしたお客様の発言や気の利かないスタッフの対応にすぐ切れて怒り出したりします。
また一方ですぐに機嫌が直ったりもしますがお客様としてはその感情の起伏についていけません。

嫌味や皮肉が多い

少しご無沙汰をして来店したお客様に歓迎の言葉として「少ない給料の中でよく来てくれました」などと言います。

本人は無意識な場合もありますが、むしろ洒落たことを言っていると思っている場合さえあります。

ひがみっぽい

同僚の人気嬢のことをすぐに「枕営業しているから」と決め付けたり、人気のグラビアアイドルの話になると「あいつ整形」と言ったりします。
同時に自分については、謙虚を通り越して「どうせ私なんか」というのが口癖です。

地雷嬢の接客的な特徴とは

また特に接客時にそのような地雷嬢は「地雷接客」をしていることが多いです。
地雷接客とは以下のような内容です。

疲れたアピールをする

今日はお客さんが多くてすごい疲れちゃった」と席に着くといきなりお客さんに言います。
つまり、だからサービスはあまりしないけれど許してね、というメッセージでしょうが、お客様にとっては席に着いてもらった意味がありませんし、それでドリンクなど飲まれたら大損です。

リピートや本指名がきそうなお客様にだけ一生懸命

またお客様によって接客態度をがらりと変えるのも地雷接客の特徴です。

自分の稼ぎに貢献するだろう、リピートや本指名をしてくれそうなお客様には一生懸命接客しますが、初見でリピートはないなと思うと、粗雑に扱い、帰る時には「またお待ちしております」ではなく「お気をつけて」しかいいません。
ひどい場合は接客中にスマホを見てろくに会話もしません。
また自分の好みのタイプの時だけ頑張るタイプもいます。

酔いすぎる

怒りドリンクバックを稼ごうと、自分のキャパシティ以上にお酒を飲んで接客もできないくらい酔っぱらうのも地雷接客です。

お客様を主役にした接客ができない

自分の話ばかりすることもそうですが、お客様が自分の話をしたときに、その内容に感心したり、ほめたり、お世辞を言ったり、おだてることをしません。
またカラオケも自分が歌いたいから歌ったり、そもそも接客が面倒くさいのでお客様にカラオケを歌わせておいてその間に自分が楽をしようと思っています。

お客様にちやほやされるのが当然と考えている

自分がお客様を気持ちよくさせるのではなく、お客様が自分を気分良くさせるのが当たり前だと思っています。
ですから自分の興味のない話をお客様がすると不機嫌になったり話の腰を折ったりします。
さらにそれによってお客様がつまらなそうな顔をしたり不機嫌になると逆切れします。

いかがですか。
性格的な面、接客的な面で思い当たる部分はあったでしょうか。

地雷嬢への店側の対応とは

そのような地雷嬢は店側としても、お客様の指名が取れるどころか、リピートするかもしれない大切な新規客をどんどん店から逃がしている存在ですから、基本的には店から締め出したいというのが本音です。

しかし露骨に辞めさせるといろいろと支障がある場合は、以下のような対応をします。

NG客につける

酒癖が悪い、お金を落とさない、セクハラをするなどのNG客がどの店にもいます。
しかし出入り禁止にまではなっていない場合、来店したら誰かをつけなければなりません。

そのような時には、仮にほかの女性を指名しても「ちょっとほかのテーブルでつかまっているので、少々お待ちください」といって地雷嬢をつけます。
それで地雷嬢が良客のテーブルで「やらかす」ことを防げますし、NG客が地雷接客に嫌気をさして来店しないようになれば一石二鳥です。

ヘルプをほかのキャバクラ嬢から断られる

また店側の対応ではありませんが、地雷嬢を誰かのヘルプにつけようとすると、雰囲気を悪くする可能性が大ですから、その女性から断られることも多くなります。

辞めさせるように仕向ける

そのような地雷嬢に多少なりとも指名客がいたり、ドリンクをとったりして売上貢献していれば、そのまま在籍させますが、それがなくなったり、あまりに悪影響が大きくて中途半端な貢献ではペイしない場合、店側は基本的には辞めるように仕向けます。
通常のやり方は、最初は露骨にクビだとは言わずに、シフト申告をしてもその通りに入れずに、徐々にシフトを減らしていって十分に稼げないようにし、自分から辞めていくようにしていきます。

地雷嬢にならないために

このような地雷嬢にならないためにはどうしたらよいのでしょうか。
基本的には古い言い方ですが「お客様は神様」だと思うことですが、そこまで自分の徹底できない場合でも、以下のように表面的な部分で演技をしたり、地雷嬢だと思われないテクニックを身につけたり、自分の考え方を変えることが必要です。
具体的には以下のことを行いましょう。

席に着く前から笑顔

笑顔お客様の前で笑顔になるのは当然ですが、お客様は女性が席に着く前からその姿を見ています。
その時にそれまで不機嫌そうにしていて席で急に笑顔になられても、作り笑顔だとわかるので面白くありません。
ですから、席に向かう段階から笑顔を作りましょう。

苦手なお客様には宝が眠っている

話がつまらないようなお客様は、ほかの女性も苦手にしていることが多いです。
つまりそのようなお客様にはライバルがいませんから、自分がうまく対応すれば自分の「太客」になることも十分にあり得ます。
ですから苦手なお客様こそ宝の山だと思いましょう。

会話を自分の土俵に持って行くテクニックをつける

自分に興味のない話の場合、つい態度に出てしまうことを自覚していたら、うまく話の方向を自分の好きな話に持って行くようなテクニックを身につけましょう。
自分がゴルフが嫌いでファッションに興味があった場合に、お客様がゴルフの話をしていたら「ゴルフの選手を見ているとウェアが気になるんですけど、●●さんはどういうのを着てるんですか」などのようにです。

まとめ

いかがですか。

地雷嬢だと認定されてしまったら、よほど誰もがひれ伏す女王様的な人気がない限り、その店ではもう仕事はないと考えたほうがよいでしょう。
指名がなくなるか、店から退職勧告を受けるか、が行く末です。
ですから、以上の特徴に思い当たる部分があったらぜひ直すか、あるいはそれでも接客できるようなテクニックを身につけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする