AV女優のランク別待機中の待遇比較

AV女優の世界では単体女優、企画単体女優、企画女優というランク分けがされていて、それぞれにギャラの配分が違っていたり、その上で待機中の待遇面なども違ってくると言われています。
本当にランク別に待遇は違ってくるのかなどAV女優の気になる疑問をここでは紹介。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ランクによって待遇が違うのは当然

表彰台風俗業界でもそうですが、AV女優も売れっ子であるか否かなどによってランク分けされているというのが一般的です。

特に高級デリヘルなどではスタンダード、ゴールド、プラチナなどでランク分けされ、利用料金が全く違っているシステムですね。
利用料金が違っていれば、その他の待遇面も違っていて当然とはいえないでしょうか。
例えば待機場所に関しても、個室待機どころか自由待機にされていることが多いもの。
出勤などの必要がなく、基本的に予約が入った時にお客さんが指定したプレイ場所に赴けば良いというスタイルを採っているケースがほとんどです。

AV女優に関しても単体女優、企画単体女優、企画女優とランク分けがあり、報酬の額も違っています。
まず報酬額ですが単体女優が100万円から250万円なのに対して、企画単体女優は30万円から80万円。
企画女優になると25万円程度が上限になります。
最低でも15万円は貰えると言われていますが、それぞれのプロダクションや作品によってもまちまちです。

また待遇に関しては単体女優が1本当たりのギャランティに対して、企画単体女優や企画女優は日当分で報酬が支払われていることが多いです。

ランク別待機中の待遇の違いは?

質問報酬に差がありますから、当然のようにランク別に待機中の待遇にも差が出て来るのは当然ですね。
単体女優はメーカーが契約をしてまでも他のメーカーに流出させたくないと思っているドル箱商品になりますから、待遇面はもちろん高くなります。

一般的にAVの作品はスタジオをレンタルして貸し切り撮影をするのがスタンダードな方法です。
作品によっては一軒家などをレンタルするケースや、シチュエーションものといって電車の中だったり病院などの環境を使わなければならない場合には、郊外にあるこれらのセットがあるスタジオで撮影を行うものです。
野外ものであればロケに出たりすることも多く、南国などに行くケースもあります。
スタジオでの撮影ではメイクルームが設けられており、ヘアメイクやメイクなどが行われます。

基本的に女優さんの控室として使われる場合も多いですね。
基本的にはスタッフと一緒に撮影がスタートするまで集団待機をすることが多いですが、メイクルームは基本的に男子禁制になっており、女性スタッフしか入れないようになっています。
企画単体女優や企画女優の場合には、スタジオでの撮影もありますが、ナンパものなどロケに出ることが多く、待機場所は制作会社が用意した大型車(ロケバス)が使われます。
移動中に脚本や打ち合わせなどが行われたり、撮影当日のスケジュールなどの確認などに使われます。

またメイクをしたり女優の待機所としても使われます。
結果として集団待機を余儀なくされるため、メイクルームのようなものを与えてもらい、個室待機を行うこともできる単体女優とは待機の待遇が違っていることも多いです。

撮影スケジュールは基本的には2日間が基本

一般的にAV撮影のスケジュールは2日間というのがスタンダードです。

朝は意外と早く8時や9時などにスタジオに集合。
そこからセットを組んだりメイクをしたりしてシーンを撮影。
ワンシーンは15分や20分前後しか収録はされませんが、撮影時間には1時間程度掛かるのが一般的。
絡みなどの撮影後はシャワーを浴びてメイクをし直し、次の絡みの衣装などに着替えたり、食事休憩なども取られます。

プロの男優さんが相手ですが、ストレスや肉体的疲労度が高い場合には一人でゆっくり休憩したいケースもあり、女優さんの楽屋的なものが設けられていることが多いです。
企画単体や企画ものなどでも撮影ボリュームが多ければ2日ほどスケジュールが押さえられますが、単体作品のように手厚い待遇が用意されているケースは少ないようです。
休憩中はロケ弁や軽食(スナックなど)などが出される現場もあれば、そういったものもないケースもあります。
短い出演時間の場合には1日だけで撮影が終了する場合もありますし、数時間で終わるケースもあります。

AV女優になるメリットとデメリット

AV女優の仕事は肉体的にも精神的にも一般職と比較して厳しい環境であることは言うまでもありません。
しかしながら、一般職や他風俗と比較しても高い報酬を得られる可能性が高い仕事であるということはメリットの一つです。
他にも不特定多数の初見の男性へ性的なサービスを提供する必要がある風俗店に対して、プレイをする相手がプロの男優になりますから、病気などのリスクがゼロであり安全性が高いこともメリットの一つと言えるでしょう。

またカメラで撮影されることや周辺に多くのスタッフがいて見られていることから、自分自身の見た目というものを強く意識することになり、「美」というものを追求するようになります。
結果としてAV女優になったことで「キレイになった」と評価されることが多くなるようです。
カメラマンを始め、監督や相手役である男優。
他にもメイクさんなど一つの作品を作り上げるためにその分野のプロが集まっているため、素人を相手にする風俗嬢とは大きく環境が違っているのです。

デメリットとしてはやはりAV女優として仕事をしている、していたという顔バレがあること。
両親にはもちろん、親戚や親類、知人などに至るまで身体を使い、しかもそれがメディアとして露出されているという事実が知られることになるのが唯一のデメリットです。
辞めたとしても元AV女優という認識が一生消えることなくつきまとうことになるのです。

AV女優が風俗店で働く場合のランク別待機の違い

質問AV女優が高級風俗店に在籍するなんてケースは現在では当たり前のように行われています。
以前までは過去に一世を風靡したもののAV女優としては峠を越していてその後に風俗店に在籍なんてケースが多かったもの。
しかし現在では現役バリバリで活躍している企画単体女優さんなどまで高級店に在籍しているケースが多くなっています。
こういったAV女優が風俗店に在籍した場合には、他の女の子と同様に予めスケジュールを知らせ出勤するのは変わりません。

しかしながらある程度に面が割れているような有名な女優の場合には、他の女性キャストとの間にトラブルが起こらないように個人待機をさせるというのがスタンダードです。
女性の世界はやっかみや嫉妬などが渦巻く世界であり、一般の素人女性同士でも人間関係でのトラブルが当たり前に起こるもの。
そこでお店ではランカークラスの女性キャストのプライドと片やAV女優である程度に有名人であるというプライドがぶつかれることは容易に想像できるものでしょう。
単体女優や企画単体女優などのランクなら集団待機をさせるなんて真似はほとんどの風俗店は行わないものです。

企画女優の場合であまり世間一般にも知られておらず、かなりのAVマニアくらいにしか認知がないというようなレベルのAV女優であれば、他の女の子と同様に集団待機をさせられるケースもあります。

AV現場も風俗店在籍でも待遇が変わることが多い

AV現場での撮影の場合でも、AV女優という看板を使って風俗店で働く場合でも、ランクが高い女優であればあるほどに待遇が良いという傾向があることを覚えておきましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする