キャバクラで働くなら口臭のケアも忘れずに!印象が変わりますよ

キャバクラ嬢は身だしなみが大切なのですが、気にするべきポイントは外見ばかりではありません。
キャバクラ嬢たるもの、口臭のケアも大切です。
口臭を放置すると、接客する時にお客さんから嫌がられ、評価を落としてしまう恐れがあります。

どれほど容姿が優れている美女であっても、口から悪臭を放っていたり、虫歯が多くて歯が汚いと、男性からの人気も低迷することでしょう。
キャバクラ嬢の仕事をする際には歯磨きやブレスケアを怠らず、綺麗な吐息を心がけましょう。

キャバクラ嬢と口臭

キャバクラで働くなら口臭のケアも忘れずに!印象が変わりますよキャバクラ嬢に限った話しではありませんが、接客業に従事している以上、やはり口臭のケアは必須です。

特にキャバクラのようなお客さんと身近に接する機会の多い女性の場合、口臭が臭かったり、歯が汚かったりすると確実にお客さんから敬遠され、指名は貰えず、やがては稼げないキャバクラ嬢の烙印を押されることになるでしょう。
特に指名ノルマや同伴ノルマが厳しいキャバクラ店で働く女性の場合、口臭の酷さは致命的な問題となるでしょう。
確かに世の中には色々なタイプな男性がいます。
太った女性や、不細工な女性が好きだという男性もいます。

しかし、口臭が好きだという男性は滅多にいないでしょう。
仮にいたとしても少数でしょうし、そういった男性がキャバクラに来店してくれる可能性はとても低いです。
なにより大部分の男性は口臭は爽やかな女性の方が良いと考えるでしょう。
特に近年はタバコを吸わない男性が多いだけに、タバコの悪臭がある女性だと思われると、それだけで敬遠される恐れがあります。

口臭が酷いキャバクラ嬢は確実に人気が低迷しますし、給料も落ち込みやすいです。
あまりにも悪臭が酷いとお店側からも注意されるかもしれません。
なにより、せっかくキャバクラ嬢として働いているにも関わらず、口臭が原因でお客さんが獲れず、稼げないとなると本末転倒でしょう。
キャバクラ嬢といえば、稼げる夜の仕事の代名詞のような存在です。

にも関わらず、口臭が酷く、そのせいであまり稼げないと感じる女性は一度、一体この悪臭の原因は何なのか、調べてみましょう。
原因を突き止め、解決することが出来れば、他のキャバクラ嬢と同じように高収入が期待できることでしょう。

口臭の原因

キャバクラ嬢の口臭が酷い原因としてまず考えられるのが、口に含んだ食べ物です。

キャバクラ嬢といえど、お腹が空いたらご飯を食べるでしょうし、咽喉が渇けば水を飲みます。
ストレスの多い女性の中にはタバコを吸うキャバクラ嬢もいることでしょう。
そういった口に入れたものが悪臭の原因となることが多く、口臭が酷い女性は一度、普段何を食しているのかを省みると良いでしょう。
例えば、ニンニクや納豆、キムチ、ニラ、チーズ、ラッキョウなどを接客する前に食べていないでしょうか?

他にも、栄養ドリンクや経口摂取の薬なども悪臭の原因となりますので、普段から口に含むモノの中に悪臭を引き起こすものがないか、調べてみましょう。
特に、ニンニクやキムチ、アルコールを摂取すると、口ではなく肺から悪臭が発するようになるため、ブレスケアでは口臭をケアしきれない恐れがあります。
それだけに、これらの口臭を悪くする飲食物を極力接客前は食べないように気をつけましょう。
ただ、キャバクラ嬢の中には治療目的で漢方薬や医薬品を処方してもらっている女性もいることでしょう。

薬の中には口臭を悪化させるものもあるため、処方してもらう際にはできるだけ口臭が悪化しない薬を出してもらえないか、相談してみましょう。
食べ物以外にも、ミルクが多めに入っているカフェオレやコーヒーも悪臭を引き起こす原因になります。
他にも、タバコもやはり口臭を悪化させる原因となりますので、少なくとも接客をする前はタバコは控えた方が良いでしょう。

悪臭を引き起こす口腔内の原因

歯ブラシ口臭を悪化させる原因は何も食べ物や飲み物ばかりではありません。
他にも、虫歯や歯周病など、口腔内の異常が原因で、口臭が酷くなるケースがあります。
虫歯や歯周病が進行している口腔内の環境を放置しておくと、やがて歯槽膿漏になる恐れがあります。
歯槽膿漏になると口臭は酷く臭くなり、悪臭の原因となりますので、普段よりよく歯磨きをするなどの対策をたてましょう。

状況によっては歯医者に見せ、治療してもらう必要もあります。
歯磨きをする際にはできるだけ歯槽膿漏を防げる効果の高い歯磨き粉を選択しましょう。
普段より歯磨きをし、口腔内を清潔に保つことが、虫歯や歯周病を予防し、口臭を清潔に保つコツです。

胃の不調が原因の場合

口臭が酷いからといって必ずしも口腔内や食べ物に原因があるとは限りません。
というのも、口臭の悪化は胃や腸が不調を来たした時も起こり得るからです。
例えば、急性胃炎や慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの症状に見舞われると、口臭が酷くなり、口から悪臭を放つ恐れがあります。
普段からよく歯磨きをし、虫歯や歯周病がなく、特に口臭の原因になるような食べ物を摂取していないのに口が臭いという場合は、胃や腸が不調である可能性が高いです。

まずは一度、病院で診断を受けましょう。

キャバクラ嬢の口臭対策

もしも口臭が気になるという時は、一度病院や歯医者に行き、口の環境を専門家にチェックしてもらってみましょう。
もしも虫歯や歯周病がある場合、治療をしてもらう必要があるからです。

特に胃や腸に原因がある場合、本人にはどうしようもないだけに、専門家の助力が必須です。
他にも、ブレスケア用品などは普段より携行し、接客をする前に使用しておきましょう。
ブレスケア用品以外にも、普段より摂取することで口臭や体臭を緩和する効果のあるサプリなどもあります。
ただ、折角ブレスケア用品やサプリを使用しても、接客前に臭いのキツイ食べ物やアルコールを摂取しては意味がありません。

接客をする前はできるだけ、悪臭が発生しない食べ物を選びましょう。
これらのケアに加え、普段よりマウスウォッシュで口腔内を洗浄し、歯磨きをして隅々まで歯を綺麗にしておきましょう。
そういった日頃からの適切なケアが、口臭を常に綺麗にする秘訣となります。

ストレスのない生活

虫歯に限らず、胃炎などの胃や腸に関係した病気や症状というは、ストレスの悪化が引き起こすこともあります。
特にキャバクラ嬢のような生活が不規則になりやすく、さらに仕事でアルコールを摂取する機会が多い女性ともなると、やはり普通の女性と比べてストレスを抱え込みやすいでしょう。
しかし、だからといってそこでタバコに手を出してしまうと、タバコの臭いが口に残ってしまい、悪臭を引き起こしてしまいかねません。

口臭を綺麗にするためには、まず免疫力のある強い身体を作る必要があります。
そのため、出来るだけストレスの少ない生活を心がけましょう。
キャバクラという仕事上、どうしてもストレスが溜まってしまうのは仕方のないことです。
ただ、出来るだけ普段から免疫力の高くなる食事を心がけ、質の高い眠りを意識し、適度に運動をし、そして休日は身体を休めるなど行動を取るだけでも、ストレスを軽減することは可能です。

悪臭というのは身体が発する一種の危険信号です。
以前までは口から悪臭なんて出なかったのに、急に出るようになったというのであれば、身体のどこかに不調があるのかもしれません。
一度病院で診断してもらった方が良く、普段の生活もストレスの少ないものへとシフトした方が良いでしょう。

口臭を防ぐ食べ物

虫歯食べ物の中には口臭を悪化させるものもあれば、むしろ防いでくれるものがあります。
例えば、牛乳やレモン、梅干し、緑茶などは消臭効果のある食べ物です。
さらに、口腔内が乾燥をするとドライマウスになりやすく、虫歯や歯周病を悪化させかねません。
そうならないように、定期的に水を飲むなどして、口の湿度を高くしておきましょう。

普段より口臭を意識した食習慣や生活を心がけることで、爽やかな吐息を自然に出せるようになるでしょう。
口臭が爽やかだとお客さんから好まれやすく、リピーターを確保しやすくなります。
そうすると指名率が上がりやすくなりますし、同伴出勤できる機会も増えるでしょう。
口臭をケアすることは、結果的にキャバクラ嬢の収入アップにもつながる行為なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする