シングルマザーでAV女優になれるの?

かつてAV女優は世間にはあまり知られることのない日陰の職業でしたが、現在では人気AV女優になると知名度も一般の芸能人並みに高まりメディアへの露出も増えるようになりました。
そのため女優やモデルを諦めて渋々AV女優になる人は少なく、自ら望んでAV女優を志す女性が増えてきました。

結婚したり子供ができるとAV女優を卒業する人が多いですが、離婚してシングルマザーになると貧困から抜け出すために再びデビューする女性もいるのです。
シングルマザーのAV女優はどのような働き方をしているのでしょうか?
母親がAV女優をしていると子育てにどのように影響するのでしょうか?

シングルマザーが出演する作品とは

シングルマザーでAV女優になれるの?母親になってまでAVに出演する人などいるのだろうかと不安を感じるシングルマザーが多いですが、実際に金銭的理由や子育てのために封印してきた女性的な欲求を満たすためにAV女優や風俗嬢になる人は少なくありません。
生活保護を受けていても子育てには想像以上にお金が掛かる上にシングルマザーには忙しく時間がないので、短時間でお金を稼げる仕事が必要なのです。
シングルマザーであることを隠してデビューするAV女優もいますが、逆手に取って母子家庭の貧困をアピールしたり妊娠中の大きなお腹でデビューしたりとアブノーマルな背景を売りにすることもできます。

人妻やシングルマザーなどのAV作品を好む男性もいますし、希少価値も高いので仕事を失うことはありません。
お金のために仕方なかったAV女優になる可哀想なシングルマザーのドキュメンタリー風な作品や人妻系統の作品への出演が多くなります。
そのため無理やり身体を差し出すセクハラプレイやセックス依存症の痴女プレイが人気です。
人妻やシングルマザーをアピールする場合は妊娠線や帝王切開の傷跡が合って当然なので隠す必要もあまりありません。

しかし、シングルマザーを売りにすると熟女作品や人妻作品など年齢の高い役が増えるため、学生ものやOLものなど普通のAV作品への出演は少なくなります。
また、アイドルのようにチヤホヤされることも他のAV女優に比べて少ないです。
コスプレやオフィス設定のAV作品に出たい人はシングルマザーなどの背景を隠してデビューした方が有利です。
普通のAV女優としてデビューするためには妊娠線や産後体型をしっかりカバーし、他のAV女優以上に美容に力を入れる必要があります。

特に乳首の黒ずみや垂れた胸や太ももの妊娠線は老けた印象を持たれてしまいます。
自分では気づかない部分が産後体型になっていることもあるので、雑誌に載っている人気AV女優の身体と自分の身体を隅々まで比べてみましょう。
鏡で見ているだけでは客観的になれないのでカメラやビデオで様々な角度から映してみると直した方が良い部分がハッキリ分かります。
特に妊娠線は光の当たり具合によって目立ちやすくなるので注意してください。

AV作品では脚を大きく開くこともあり、太ももの内側の妊娠線が目立つこともあります。
出産前からAV女優デビューする気があるならば産後の体型崩れを予防することができます。
乳首の黒ずみは産後2ヶ月ほどで少し薄くなりますが肌色に戻すためのクリームなども販売されているので卒乳後に使用してみましょう。
授乳するときにできるだけ背筋を正し、U字クッションなどで赤ちゃんの位置を乳首に近づけると胸が垂れにくいです。

撮影 フィルムまた、授乳期間もできるだけサイズの合ったブラジャーを着けると重力で垂れ下がりにくくなります。
妊娠中期ごろからクリームを塗ると妊娠線もある程度防ぐことができますが、あまり太ってしまうと皮膚が伸びて妊娠線も濃くなるので注意が必要です。
クリームはお腹だけでなく胸の下や太ももの内側にもできるので忘れずに塗りましょう。
妊娠線予防のためのクリームでなくてもクリームタイプの保湿剤で十分効果がありますよ。

母親であることを隠してデビューする際には普段からAV女優であることを周りに言わないように気をつけてください。
プロフィールも曖昧にし私生活を感じさせないように心掛ける必要があります。
特にブログなどを書く場合にはプライベートや近所の写真は一切載せずに、仕事関係や架空の設定を作って書き込むようにしてください。
シングルマザーであることをアピールするか隠すかは、どのような作品に出演したいかによって決めます。

どちらにしても需要はありますが自分で決められない場合は、プロダクションの方に相談して自分がどちらに向いているのか判断してもらうのも一つの手です。

子育てへの影響

母親にとって最も心配なのが子供の心の問題です。

母親がAV女優をしているという事実について伝えるべきなのかどうか悩みどころですし、秘密にしたところでお友達や他人から聞いてしまう可能性もあるのです。
子供によっては打ち明けたところで特に抵抗なく受け入れる子もいるので、自分と子供との関係性を考えて対処してください。
最近では小学生くらいからスマートフォンを持っておりインターネットを見られる環境にあります。
そのため実名に近い名前でデビューしてしまうと簡単にバレてしまいますし、単体女優であれば露出の機会も多いのでコンビニの雑誌などにも掲載される可能性があります。

自分の母親の裸が友達に見られてしまうのは非常にショッキングなことです。
子供が何とも思わなくても周りの保護者がAV女優という職業を偏見の目で見てくる可能性は高いです。
親の偏見は子供にも当然伝わるので、学校で陰口を叩かれたり仲間外れにされることも当然あるのです。
AV女優は立派な職業ですが、子供のことを思えばできるだけ堂々と宣言するのは辞めましょう。

また、インターネット上にはAV女優に関する記事やコメントが多く載っており、その内容には信憑性の低いものもあります。
身体や演技に対する生々しい表現や離婚などプライベートに関するものもあるので、子供が見てしまった場合はやはりショックを受けてしまいます。
また、子供が成長し彼女や婚約者を連れてきたときにも打ち明けるのは危険です。
恥じる職業ではなくても偏見を持った目で見る人は多いので、子供の将来を邪魔してしまう可能性が高いです。

身バレすることがないようプロダクションのマネージャーともよく相談しておくと安心です。
長期間AV女優を続けると身バレの可能性も高くなるので注意が必要です。
AV女優は子育て費用を稼ぐための一時的な仕事と考えて、他の仕事で生計を立てられるようになることを目標にしましょう。
AV女優は歳を重ねるごとにハードな内容になり、ギャラも下がるので1~2年働く程度が理想的です。

子供の気持ちや周りの偏見は母としてある程度気にする必要のあることです。
しかし、子供を育てるためにAV女優という厳しい業界で働いているのですから何も悪いことはしていません。
自分を責める必要は全くありません。
どんな子に育つかは親の職業ではなく育て方で決まるはずです。

いつまで活躍できるのか

ブラジャー風俗嬢と同じくAV女優の世界も若ければ若いほど活躍することができます。
仕事の量も多いですし、ギャラも若い子の方が高く設定されているためです。

シングルマザーに関わらずAV女優は30歳を過ぎると一気に仕事が減ってしまい、単体女優の契約更新もされない可能性が高くなります。
30歳以降の仕事は体力的にキツイものも多くなり、様々なプレイができなければ生き残っていくことはできません。
しかし、市場規模は狭いですがSMや熟女などのジャンルで活躍できた場合は40歳くらいまでAV女優を続けることができます。
30歳を過ぎたAV女優の数は少ないので、狭い市場の中でも仕事をもらうことができるのです。

まとめ

金銭的に厳しい状況にいるシングルマザーにはAV女優として働いている人も多くいます。
シングルマザーである事をウリにして売り出す場合と普通のAV女優として売り出す場合の2種類があります。

AV女優は恥じるべき仕事ではありませんが、子供が偏見の目に晒されてしまう可能性があるので堂々と宣言するのは避けた方が安全です。
今はインターネット上で様々な情報を閲覧できる時代なので、子供や友達が母親がAV女優である事を知ってしまうこともあります。
シングルマザーが長期にAV業界で働くためには女性から責めるプレイを習得する必要があります。
若い女性が働きやすいAV業界ですがSMや熟女のジャンルは40代50代が活躍しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする