AV業界で働くなら単体・単体企画・企画各ランクの違いを把握しよう

AV女優になる前に、必ず知っておきたいことがあります。
それは、「単体」「単体企画」「企画」というAV女優のランクについてです。
AV女優はこのランクによって仕事内容や給料が違うので、AV女優になったからといっていきなり高額な給料がもらえる訳じゃないので注意しましょう。

単体女優

ビデオ フィルムAV女優には各ランクが存在しており、その中でもトップとして存在するのが「単体女優」です。
有名AV女優で言えば、麻美ゆま、RION、神咲詩織、JULIAが単体女優です。
最近のAVでは、アイドル顔負けのルックスやスタイルを持った女性が単体女優として活躍しており、AV業界を盛り上げています。

単体女優というのは、出演する作品の「主演女優」、ドラマや映画で例えると主役というポジションです。
また単体女優は、各AVメーカーから専属契約をされており、その他のメーカーへの出演ができません。
また毎月出演できる作品は1本と制限されていますが、その分1本当りのギャラも破格になっており、1本の出演で100万円〜200万円が相場になっています。
専属契約の期間は通常3〜6ヶ月で、人気の衰えない女優は12ヶ月に渡り専属契約を交わしています。

契約中は、毎月1本の出演が約束されており、1本100万円とすると、年収1200万円
を稼いでいることになります。

単体女優はAV撮影以外の仕事も豊富で、ヌードやグラビアなどの写真撮影もあり、新作DVDの発売には、握手会などの宣伝イベントにも出席します。
雑誌やテレビへの出演する機会も多いので、AV撮影以外の収入も結構入ってきたりします。

専属契約が切れると、売上次第で更新することができますが、売上が思うほど伸びなければ契約は打ち切られ、後に説明する企画女優にランク落ちします。
単体女優は誰でもなれるものではなく、限られた女性のみが活躍できる場所で、その活躍の期間も人気に左右されるシビアな世界になっています。

単体企画女優

AV女優のランクで言うと、ちょうど中間に当たるポジション。

単体落ちした女優や単体女優が自ら希望して単体企画女優に転向したりもします。
単体企画女優は制作側にとってメリットがあり、単体女優よりも安いギャラで起用することができるので、AVでは欠かせないポジションでもあります。
単体女優と単体企画女優のどちらも作品に対して主役として出演することができるので、単体女優と混同されがちですが、大きな違いがあります。
単体女優は基本的に専属契約を交わし、一定期間の仕事が約束され、その期間は安定した収入があるので安心感があります。

また出演する本数も毎月1本なので、時間にゆとりを持てるのも特徴です。
一方、単体企画女優は専属契約というのはなく、いつ仕事がなくなるか分かりません。
しかし、人気がある限りは出演しつ続けることが可能で、単体女優のように毎月1本しか出演できないという宣言もなく、仕事がある限り毎月何本もの作品に出ることができます。
ギャラに関しても1本40万円〜と単体女優に比べて少ないですが、1ヶ月に10本もの作品に出れば1ヶ月の収入は400万円、単体女優よりも遥かに稼ぐことができます。

単体女優として活躍しているAV女優が自ら単体企画女優になるのは、人気があるうちに稼ごうとしていることもあります。

企画女優

ビデオ フィルム最後に企画女優についてですが、企画女優はAV女優の大半を占めています。
企画女優は、単体や単体企画女優と違い、素人女性がバイト感覚でなれるAV女優です。

まず、企画女優というのは、単体で出演しても売上が見込めないAV女優たちが出演することになります。
1本の作品に数十人の女性が出演しているAVを「企画物のAV」と呼び、幅広いジャンルのAVがあります。
企画女優は新人としてデビューしたAV女優の定番の仕事だったり、顔出しナシで出演できることから、バイトとしても人気があります。
制作側にとっても「お宝発掘の場」と言われるくらい、磨けば光る女性を発見することができ、そうした女性は単体女優としてデビューすることができます、しかしそうした女性は全体の1割に満たないほど少ないです。

企画女優は、希望すれば1ヶ月に何本もの作品に出演することができるので、頑張れば高収入を稼ぐこともでき、単体女優としてデビューできる可能性もあります。

それぞれの給料金額について

まずは単体女優の給料について紹介します。
単体女優は1ヶ月に1本の作品に出演することになっていて、撮影に掛ける日数は平均4〜5日程度、ギャラは平均100万円〜200万円となっています。

次は単体企画女優の給料を紹介します。
単体企画女優は単体女優に比べるとギャラが低いですが、それでも1本に出演するだけで平均40万円〜はあります。
さらに仕事や本人の希望があれば1ヶ月に何本ものAVに出演することができるので、単体女優よりも稼ぐことができます。
例として1本40万円のギャラで、1ヶ月に10本のAVに出演した場合だと月収400万円、単体女優の倍以上を稼ぐことができます。

最後に企画女優の給料を紹介します。
企画女優は、単体や単体企画と違い、AVでのプレイ内容によって支払われるギャラも変わってきます。
例えばハードなレイプ物のAVだと1本15万円〜、逆にソフトなフェラチオ物のAVに出演した場合だと1本3万円〜4万円といった風に、出演する作品の内容によってギャラが変わります。
企画女優のメリットとしては、タイミングが合えば自分の好きな時に仕事をすることができ、自分の可能な範囲のプレイを選ぶことができます。

副業やバイト感覚で働くことができるのが人気になっています。

稼げて、時間に余裕は持てるのは単体女優

カメラ 撮影AV女優というのはカメラの前で男優との絡みを撮影するのが仕事です。
カメラの前でのSEXというのは想像以上に大変な物で、通常の性行為と違い、台本や演技も必要だったり、大勢のスタッフの前で自分をさらけ出すことになります。

ただでさえ恥ずかしい撮影を、1ヶ月に何本も撮るのは精神的にも肉体的にもキツイです。
しかし、単体女優であれば1ヶ月に1本という制限があるので、撮影が終わってしまえば後は自由です。
撮影以外の仕事はありますが、AVの撮影に比べると対したことはありません。
友達とショッピングに出かけたり、長い休みを利用して旅行に行けたりとある程度自由な生活を送れるのも単体女優のメリットではないでしょうか。

企画女優は結構キツイ

企画女優は、新人AV女優やバイト感覚でAV女優になる女性が出演できるAVですが、仕事をより好みしていては稼ぐことが出来なかったり、単体女優にランクアップする機会が減ってしまいます。
企画女優で稼ごうと思えばハードな内容のAVに出演したり、苦手なプレイにも挑戦しないといけません。
また、風俗とは違い、映像として一生その記録が残ってしまうのもデメリットです。

企画女優は色々な男優と絡むことになるので、性病のリスクや生理的に受け付けない男優との絡みも多くなります。
企画女優は誰でもなれるAV女優ですが、内容はハードで結構キツイ仕事になっています。

まとめ

AV女優には単体女優・単体企画女優・企画女優というランクが存在します。

ランクに応じて仕事の内容や給料も違うので、AV女優になる前には覚えておきましょう。
単体女優は1本当りのギャラが一番高く、1ヶ月に出演するAVも1本で、撮影にかける時間も数日で済み、残った時間は自由に過ごすことができます。
単体企画は単体女優に比べるとギャラは少ないですが、1ヶ月に何本も出演することができるので、人気次第では単体女優よりも稼ぐことができます。
企画女優は、素人や新人AV女優が出演することのできるAVです。

ギャラは安いですが、そこから単体女優にランクアップする可能性があったり、バイト感覚で働くことができる仕事です。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする