チャットレディのバイトでは待機が一番ツライ?

チャットレディは在宅でも働ける仕事で、安全な環境で働ける点が大きな魅力ですが、そんなチャットレディの仕事にもツライ側面はあり、中でも多くの女性が辛く感じているのが待機時間が長い点です。
この待機がツライというのは他の業種でも見られる悩みですが、身体的な危険のないチャットレディは特に待機を辛く感じる場合が多くなっています。
ここでは、チャットレディで待機が辛くなる理由や、待機が多くなった場合の対処法について紹介したいと思います。

チャットレディの待機時間がツライ理由

チャットレディの仕事は出来高制なので、待機時間が長いと稼げなくなってしまいます。
待機は稼ぎに繋がらないので、どうしても辛く感じてしまうのです。
また、チャットの仕事は相談する相手にも恵まれず、どのようにすれば待機を解消できるかわからない場合も多く、チャットレディの待機は辛くなりがちなのです。

待機が長くなるほど稼げなくなる

Coinチャットレディの仕事は風俗と同様、出来高制のお仕事です。

チャットレディの時給は高めに設定されており、4千円から8千円程度の高い報酬が受け取れる場合もあります。
ただ、これはお客さんが取れている場合の時給換算です。
在宅型であれ出勤型であれ、パソコンの前でお客さんを待ち続けているだけでは稼ぎになりません。
1日中待機していても、お客さんとチャットできなければ1円も稼げないのです。

さらに、チャットレディは風俗店やキャバクラと異なり、サービス時間が決まっていません。
男性客から気に入られ、チャット時間が継続すればその分稼ぎが増しますが、せっかく男性客が利用してくれても数分で退出してしまうとほとんど稼ぎにならず、徒労感が募ります。
出来高制のお仕事に共通することですが、待機が稼ぎにつながるわけではないため、待機時間は辛くなりがちなのです。

誰にも相談できない

チャットレディは一般に知られていない仕事で、特にアダルト型のものとなると、他人に漏らすことができないものです。

上手くお客が取れず、稼げないことを彼氏や家族に相談することもできず、悩みを1人で抱え込まなくてはなりません。
また、在宅で働いている場合には、周囲に同僚やスタッフもいない状態です。
出勤型のチャットレディであれば、同僚やスタッフに不満を伝えたり、愚痴を漏らすことでストレス解消できる場合もありますが、在宅型では1人で耐えなければならず、精神的な悩みを抱え込んでしまうのです。
1人きりで待つ必要があるというのがチャットレディならではの特徴で、その孤独感が精神的な苦痛に繋がってしまうのです。

客入りの良し悪しが判断しにくい

風俗店やキャバクラ店などの接客店に勤めている場合には、客入りの良し悪しが肌感覚でわかります。
曜日や時間帯によって変化するお客さんの出入りを目や耳で確認することができ、客入りの変化に合わせて出勤することも可能です。
しかし、ネットサービスのチャットレディの仕事では、客入りの良し悪しが判断しづらいのです。
その結果、待機が長引く原因がどこにあるのかわからなくなります。

女性のせいなのか、運営会社のせいなのか、それとも働くタイミングが悪いだけなのか判別できず、闇雲に長時間待機し続けることになってしまい、疲れてしまうのです。

待機が一番ツライということは、恵まれている証し

Ok, Goodチャットレディをしている女性の多くが、待機を一番辛く感じています。
これは、逆に言えばチャットレディは長時間待機すること以外に大きな悩みがない事を意味しています。
お客さんが来店せず暇することの辛さは風俗やキャバクラにもある悩みです。

ただし、風俗店で働く風俗嬢は、風俗客に本番強要されたり、拷問的プレイをされたり、場合によっては性病に感染するリスクを抱えています。
風俗嬢は身体的な負担が大きなことを、一番ツライと感じています。
キャバクラ嬢も同様で、同僚女性と男性客を取り合ったり、指名を取れないことに大きな精神的な負担を抱えています。
他業種で働く女性たちは、男性客からの暴力に怯えたり、同僚女性との人間関係に悩んだりしており、待機することの辛さはその後なのです。

どのような仕事にもツライ点はありますが、辛さの内容がその仕事の特徴を表しています。
待機が一番ツライということは、それだけチャットレディが恵まれている証しとも言えるのです。

待機がツライ場合の対処法

チャットレディの仕事に待機はつきものです。
ただ、待機時間は自由に過ごすことができるため、効率的に時間を使えば待機時間を有効活用できます。

また、ツイッター等で出勤予定を伝えれば、指名客を集められて待機時間を短くすることもでき、待機における辛さを軽減できるようになるはずです。
そして、どうしても待機時間が長引くのであれば、運営会社に原因がある可能性も考えられるので、会社の変更も検討すべきです。

待機時間を自由に使って、効率的に過ごす

チャットレディの仕事では原則的に待機時間を自由に過ごすことができます。
出来高制の仕事なので、チャットしてない時間まで拘束される理由はないのです。

そこで、待機時間は自分の好きなことをして過ごすべきです。
特に、在宅で働いている場合には、様々な事ができるはずです。
女性が専業主婦をしているのであれば、お客さんが現れるまで家事や育児に精を出すことができます。
テレビでドラマや映画を見て過ごしても何ら問題ありません。

チャットルームに出勤する場合でも、スマホを使って時間を潰していれば、待機に関わる苦痛を減らせます。
パソコンの画面の前で何もせず、待ち続けているのは時間の無駄になってしまいます。
時間を無駄遣いしないためにも、待機中には自分の好きなことをして過ごすべきなのです。

ツイッター等を使って出勤予定を伝える

カレンダー風俗嬢やキャバクラ嬢はお店のホームページで出勤予定が掲示されており、指名を入れたいと思う男性客は、女性の出勤にあわせてお店を利用することができます。

しかし、チャットレディーは出勤予定が厳密に組まれず、出勤スケジュールが一般に公開されない場合もあるため、男性客はチャットレディーのスケジュールを知ることができません。
そこで、チャットレディーは自らツイッター等のツールを使用して、勤務スケジュールを積極的に男性客に知らせるべきです。
チャットに登録した源氏名でツイッターのアカウントを作り、チャットにインする前にツイッターで知らせるようにするのです。
そうすれば、お気に入り女性の勤務時間を知った男性客からの指名が入るようになるため、待機時間を減らせるようになるはずです。

非アダルト系でも色仕掛けが有効

チャットレディーのお仕事でも、指名が上手く獲得できないと待機時間は長くなってしまいます。
チャットレディーの仕事はアダルト系と非アダルト系にわかれていますが、非アダルト系で働いている場合でも、指名を獲得するために有効なのが色仕掛けです。
どのような男性にも、女性のセクシーな姿を見たいという欲求があるため、そこを刺激することで指名に結びつければ良いのです。
アダルト系ではないので完全に脱いで見せる必要はなく、ブラや下着の一部を見せるだけでも大きな効果があります。

このようなサービス・プレイを提供すれば、指名を増やすことに繋がり、待機時間を減らせるようになるはずです。

所属するチャット会社を変更してみる

様々な工夫をこらしてもお客がつかず、長い待機時間が続いている場合には、チャットの運営会社に問題がある可能性があります。
チャットレディーの仕事は、複数の運営会社が提供しています。
利用する男性客は、そのチャットサイトへの登録者数に左右され、登録数の少ないサイトで働いている場合にはいくら待ってもお客さんに恵まれない可能性があるのです。

そこで、勤務時間の多くを待機して過ごしているという場合には、チャット会社の変更も検討すべきです。
登録を変更する手続きは面倒なものがありますが、会社を変われば、お客さんを待ち続ける状況を劇的に変えられる可能性もあります。

まとめ

チャットレディーの仕事は出来高制の仕事です。
お客さんが現れるまで長時間待機しても、待機時間が報酬に繋がらないので待機が一番辛く感じてしまいます。

ただ、仕事における最大の苦痛が待機であるという事は、風俗やキャバクラにはない特徴で、チャットレディが恵まれているところでもあります。
待機時間がツライのであれば、その時間を家事や趣味に用い、時間を有効活用すべきです。
また、ツイッター等を活用して出勤スケジュールを伝え、指名に結びつけることも効果的な方法です。
ただ、チャットの運営会社に問題がある場合には、女性の努力だけでは限界があります。

登録者の少ないサイトでいくら待っていてもお客さんは取れません。
待機時間が長引く場合には、チャット会社の変更も検討すべきです。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする