キャバクラの出稼ぎは短期だとメリットが無い?

キャバクラは、お水業界の中でも1番人気のあるお仕事になります。
ガールズバーやスナックのような、カジュアルな要素が入ったお水業態に比べると、キャバクラの方がお客様が使用する単価が高くなり、その分マナーであったり容姿の部分で求められる基準は高くなりますが、キャバクラのほうが比較的多く稼げるということが魅力の1つになります。

また、キャバクラは若い女性が多く、さらに営業を開始するのが夜も少し遅めの時間帯になりますので、女子大生であったり、本業のお仕事があるOLといった若い女性から非常に人気が高く、夜の世界のお仕事では1番希望者が多いといっても過言ではありません。
ただし、キャバクラは比較的稼げるお仕事ですし、それで月何百万も稼いでいるようなトップキャバクラ嬢がいるということも事実ですが、夜の世界のお仕事によくある「出稼ぎ」に関しては、あまり向いていないお仕事だと言われています。
例えば風俗店などである場合、出稼ぎで一定期間違う地方に出向き、サクッと働いてサクッと稼ぎ、また地元に戻るという働き方は一般的だと言われていますが、キャバクラはそこまで短期的に結果を出し、いきなりたくさんのお金を稼ぐことができるというお仕事ではないのです。
それ以外でも、キャバクラは短期で稼げないお仕事だという理由はあるのでしょうか。

また、それらはエリアによっても、変わったりはするのでしょうか。
今回は、出稼ぎでキャバクラを選ぼうとしている女性に対し、出稼ぎキャバクラのアレコレをご紹介します。

キャバクラは、短期で稼げないお仕事?その理由は?

質問夜の世界のお仕事は、他の一般的なお仕事に比べるとお給料が高く、短期間集中してたくさん働いて、一気に稼ぐという方法が取れるので、そうした高収入の短期アルバイトを求めて地方から栄えている地域に出稼ぎに来る女性が多くいます。
特に風俗業界などであれば、初心者や未経験者という状態がひとつのステータスとして評価されるので、一気にたくさんのお客様を相手にし、ドカッと稼ぐことができます。
しかし、キャバクラの場合は、出稼ぎで地方に出て短期でドカッと稼ぐ、という働き方はあまり向いているとは言えないのです。
それは、なぜなのでしょうか。

キャバクラが短期で稼げないお仕事と言われている1番の理由は、キャバクラとは関係性がお金を生むお仕事だからです。
例えば1番出稼ぎに有利だと言われている風俗店でのお仕事の場合は、少し前述させていただいた通り、「未経験」「初心者」というのがひとつのステータスとしてお客様から評価をされるので、こうしたステータスを持っている風俗嬢には指名が集まる傾向が高くあります。
また、風俗業界は1回あたりの利用の単価が高く、その分バックされる金額も高いので、「未経験」「初心者」といったステータスを持った風俗嬢に人気が集まり、どんどんお客様をさばいていくことで、それなりに収入をあげることができるのです。
一方でキャバクラはというと、こうした「未経験」「初心者」がそこまで有効なステータスになることはありません。

なぜかというと、風俗業界は性産業なので、「初心者や業界未経験者であれば、まだプロらしさがないウブさが残った一般女性とセックスができる」というメリットを感じることができるのですが、キャバクラは「初心者ということは、大した気遣いもなくて接客やおもてなしもまだ全然慣れてないんだろうなぁ」というマイナスの印象を与えてしまうのです。
また、キャバクラはまずフリーのお客様を相手にして、そこから場内指名に繋げ、本指名をしてもらって初めて自分の顧客がどんどん増えていくのですが、この本指名をいただくまではフリー客の安いお客様ばかりを相手にしなければならないので、そこまで一気に稼ぐことはできません。
キャバクラでは、初めて会ったその日から長い時間をかけて、じっくり地道に関係性を構築していき、それが実って初めてそこからどんどんお客様がキャバクラ嬢にお金をつぎ込んでくれるようになります。
そうした状態に持っていくためには、1ヶ月2ヶ月では到底叶えることはできません。

いくら一流の人気キャバ嬢であっても、そこまで高単価を支払ってくれるお客様を、1ヶ月程度の短期間でばりばり獲得していくことは難しいでしょう。
キャバクラのお仕事は、長い時間をかけて構築された関係性こそがお金に変わっていくお仕事になりますので、そうした短期の出稼ぎで一気にお金を稼ぐという方法は、全然向いていないと言えるでしょう。

エリアによって、大きく変わったりする?

質問キャバクラだけではなく、ほとんどのお仕事の場合、例えば東京と大阪といった2大首都同士でもお給料の基準は全然違いますし、さらに言えば関東と関西というだけでも、最低賃金であったり、時給の平均額も全然変わってきます。

出稼ぎにつても、エリアを変えるだけで稼ぐことができるお給料も変わってくるので、東京などの大きな都市にいけばいくほど、短期間でも稼ぐことはできるのでしょうか。
確かに、キャバクラの世界でも、求人を見てみると東京と大阪の時給やお給料の平均の違いは歴然としていますが、待遇が変わるといったとしても、やはり稼ぎ方が変わらなければ、たくさん稼ぐことは難しいでしょう。
キャバクラが関係性によって稼げる、という仕組みに変わりがない限り、いくら待遇がいいエリアに行ったとしても、プロセスが変わらなければ何も変化はありません。
もしかすると、1セット(60分)の金額が少し高かったり、時給が高いとなると、「出稼ぎでキャバクラを選ぶ」という中では1番多く稼ぐことができるかもしれませんが、出稼ぎで稼ぐほどの金額を手に入れるのは、至難の技でしょう。

ただし、何事もそうですが、絶対に出稼ぎでキャバクラを選ぶことは稼げない、というわけではありません。
これは運によって全然変わってくるものではありますが、かなりお金を持っているようなお客様があなたに対して一目惚れをして、それをきっかけに頻繁に通ってくれるようになり、どんどん高いお酒のボトルを入れてくれたり、同伴やアフターをガンガン入れてくれるようなお客様に出会う確率も、0ではありません。
そうしたお客様を捕まえることができれば、確かに一気に稼ぐことも叶にはなりますが、確率としては非常に低いので、もっと勝算を立てたいということであれば、やはりあまりおすすめすることはできません。

たくさん稼ぐためには、どうすればいい?

お金キャバクラは関係性によってたくさんのお給料を稼ぐことができるお仕事になりますので、関係性を構築するためのプロセスが変わらない限り、短期間の出稼ぎで一気に稼ぐこということはほとんど不可能に近いでしょう。
それでは、出稼ぎで一気に稼ぐためには、どうすればいいのでしょうか。
方法としては、2つあります。
まず1つは、もしどうしてもキャバクラで出稼ぎをしたいのであれば、短期間ではなく一定期間滞在することです。

短期間というのは、概ね3ヶ月未満か、それよりももっと短期間になるかと思いますが、やはりその期間で初めて出会った方と一定の信頼関係を築くというのは、ほとんど不可能に近いと言えるでしょう。
それであれば、出稼ぎの期間を半年ほどに延長し、その期間でお客様との接触回数を増やす努力をし、短期間でギュッと信頼関係を築けるように対策をとりましょう。
きっと半年に伸ばしたとしても、ほとんど休みがないくらい頑張らないといけないかもしれませんが、どうしてもキャバクラで出稼ぎをしたいのであれば、こうした一定の無理と言えるほどの努力も必要になるのです。
もしも、どうしても短期間で出稼ぎで稼ぎたいということであれば、キャバクラは諦めて風俗店に行く方が早いでしょう。

風俗店であれば、客単価も非常に高い上に未経験者や初心者がステータスになるので、一気に人気が爆発する可能性は十分あり得ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
キャバクラは関係性のお仕事になりますので、短期間で一気に稼ぐことはほとんど無理だと言っても過言ではないほど難しいでしょう。

どうしても一定の勝算を保ちながら出稼ぎで稼ぎたいのであれば、出稼ぎの期間を伸ばすか、もう風俗店にいくしか方法はありません。
それとも、出稼ぎをやめて、地元や少し離れた場所にあるキャバクラでアルバイトを始めた方が、よっぽど安定的に稼ぐことができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする