キャバクラの求人は嘘求人ばっかり?時給も条件付きが多い

キャバクラに限らず、風俗求人の世界では非常に多くの嘘求人があります。
待遇の良さに惹かれて求人に応募してみたものの、実際に働くと面接で聞いていたよりも給料が低くなることもあります。

特に悪質なダミー店や振替店で働くと、劣悪な待遇を受ける恐れもあるだけに注意しましょう。

キャバクラと嘘求人

悪質キャバクラといえば高額の時給で有名な夜のお仕事であり、多くの女性が高収入を求めてキャバクラの求人に応募するものです。
確かに、人気のキャバクラ嬢ともなると月収で100万円を稼げることもあり、稼げる業界であること違いはありません。

しかし、全てのキャバクラ店が高額の給料を保証しているわけではありません。
キャバクラといってもお店によってそれぞれ違いがあります。
全国に店舗があるような大手のグループ会社もあれば、ひっそりと経営しているような個人店もあります。
基本的に大手のようなグループ会社であれば、給料については面接時にしっかりと説明してもらえるだけに、納得した上でキャバクラ嬢の仕事を始められるでしょう。

しかし、それ以外の中規模のキャバクラや、個人店ともなると、風俗求人の内容に嘘を織り交ぜることがあるかもしれません。
もしも嘘求人に引っかかると、想定していたよりも安い給料で働かされる恐れがあります。
例えば、時給5000円だと聞いていたのに、実際は2000円だったりなど、時給を減らされることがあります。
お店によっては、わざとノルマの達成を邪魔し、ノルマ未達成を理由に高額の罰金を請求するなどして給料を減らすこともあります。

他にも、求人ではキャバクラの仕事だと言っていたのに、実はそれはダミー店で、本来の仕事はデリヘルやソープなどの風俗嬢であったなど、詐欺を働くお店もあります。
このような悪質なキャバクラで働いたところで、将来的に高額の給料を稼げる見込みはまずなく、それどころか犯罪に巻き込まれる恐れすらあります。
それだけに、悪質なキャバクラ店に捕まってしまった際には出来るだけ早めに逃げた方が良いです。
ただ、時給を減らす全てのキャバクラが悪質なお店というわけではありません。

中には真っ当な理由で時給を減らすケースもあります。

スライド制の給料システム

悪質キャバクラは嘘求人が多い業界だと言われる原因とは一体何なのでしょう?
実際、本当に嘘の内容で風俗求人を出すキャバクラ店もあるため、全ての求人が誤解だというわけではありません。

ただ、中にはキャバクラの独特の給料システムを誤解し、嘘求人だと思い込む女性もいます。
そもそもキャバクラの平均的な時給というのはだいたい3000円程度で、5000円以上というのはこの業界においても高額な水準となります。
この時給5000円というのは、いってみればパフォーマンスが高いキャバクラ嬢専用の給料であり、それ以外のキャバクラ嬢に対してお店側は時給を下げるべく、スライド制の給料システムを採用することが多いです。
スライド制の給料とは要するに、キャバクラ嬢の結果に応じて時給が変化するシステムのことです。

例えば、場外指名の本数が0本の場合は時給3000円、場外指名の数が100本以上であれば時給1万円になるといった具合に、その月々のキャバクラ嬢の成果に応じて時給が決まるシステムがスライド制の特徴です。
成果の目安としては、場外指名以外にも、一ヶ月のキャバクラ嬢の売り上げに応じて時給を決めるケースもあります。
他にも、場外指名1本につき2ポイント、同伴で2ポイント、ドリンクで1ポイントなど、ポイントが高くなればなるほど時給がアップするポイント制スライドシステムなどがあります。
大手のグループ店であってもスライド制を採用していることがほとんどのため、キャバクラ嬢の中には思ったように稼げず、嘘求人だったと判じるケースもあります。

確かにスライド制は一見すると嘘求人のように見えるかもしれません。
しかし、指名バックやドリンクバックが多い人気嬢ともなると、スライド制のおかげで非常に高額の給料を得ることが出来ます。
何しろお店によっては時給1万円といった、破格の待遇を用意することもあるだけに、指名率の高いキャバクラ嬢ほど稼げることでしょう。
さらに、キャバクラでは指名やドリンクが入ると、指名バックやドリンクバックと呼ばれる報酬も追加で加算されるため、ますます給料がアップします。

まさにキャバクラは、人気のある女性ほど稼げ、不人気な女性ほど稼げない世界となります。
それだけに、嘘求人ばかりだと断定する前に一度、よくよく給料のシステムをチェックしておきましょう。
給料のシステム次第では、キャバクラは短期間で大金を稼げる魅力的な仕事となるでしょう。

キャバクラの風俗求人の時給

お金キャバクラの風俗求人を見る時、たいていの女性は時給ばかりに注目してしまうかもしれません。
ただ、その数字を目安に求人の良し悪しは判断しない方が良いでしょう。
というのも、キャバクラの風俗求人に大々的に書かれている時給というのは決まって、体入時給もしくは保証時給であるケースが高いからです。
体入時給というのは体験入店中のキャバクラの時給のことで、本来の時給よりも高めに設定されていることがあります。

そのため、体入期間が終了し、本入店になった途端に時給が下がることがあります。
保証時給というのは、まだ仕事に慣れていない新人のために、このぐらいの給料は保証するというもので、仕事に慣れるまでの特別措置のようなものです。
保証時給がある期間中は、スライド制に関係なく、高額の時給を稼げるというメリットがあります。
体入時給にしろ保証時給にしろ、基本的に入ったばかりの新人のための制度であり、ある程度の期間が終了すればこれらの制度は終了し、本来の給料システムに移行します。

その給料システム次第では、さらに給料もアップすることがありますし、逆にパフォーマンスが低いと下ることもあります。
保証時給がある間は時給5000円で働けたのに、保証時給の期間が終了した途端に時給が3000円にまで落ちたというケースも存在します。
このように、キャバクラの給料はかなり特殊です。
それだけに、働く女性の中には不服に感じ、嘘求人だったと思う女性もいることでしょう。

ただ、キャバクラとしてはあくまでこれくらい稼げるという一例を紹介しているに過ぎません。
嘘求人だと断定する前にまず、面接を通じて給料システムがどのようになっているのか、しっかり自分なりに調べておきましょう。
特に、保証時給や体入時給がある風俗求人ほど、入念に確認しましょう。

悪質な風俗求人

キャバクラの仕事は基本的にエッチなサービスはありません。
お触りも原則として禁止されているのですが、風俗求人の中にはキャバクラの仕事だと嘘をつき、女性を騙して風俗嬢に仕立て上げるケースが存在します。
例えば、風俗求人にはキャバクラの仕事、もしくはオナクラのようなソフトサービス系の仕事だと書いてあったのに、いざ働いてみるとデリヘルの風俗店だったなどの事例があります。
このようにダミーの風俗求人を載せ、ハード系の風俗嬢として採用されると、性病に感染するなどの予期せぬリスクに遭遇する恐れがあります。

特にソープの仕事はオナクラと違い、性感染症に罹る可能性が非常に高いです。
このような悪質な詐欺を働く風俗店というのは、女性に対して酷い扱いをする可能性が高いです。
例えば、平均的なハード系の風俗店よりも安くこき使ったり、中には本番行為など違法行為をさせるケースもあります。
他にも、振替店のような悪質な風俗店で働かされる危険もあるため、注意しましょう。

信頼できるお店

Ok, Goodキャバクラに限らず、風俗店の世界でも、大手のグループ会社ほど信頼できます。
その一方で、振替店というのは個人店が多く、中には営業届を出していない違法店もあります。
個人店の中には知名度が低いことを良いことに、短期的に詐欺的な行為を働き、利益を得ようとする犯罪まがいのお店もあるだけに、できるだけ安全に働きたいのであれば、大手のグループ会社などを選ぶと良いでしょう。

キャバクラ嬢だろうと風俗嬢だろうと、風俗求人は大手のグループ会社のものほどオススメです。
なにしろ大手のグループ会社というのは他と比べて待遇が良く、知名度も高いだけに集客能力も優れています。
なにより遵法意識が高いため、悪質な詐欺に引っかかる危険が少なく、安心してキャバクラの仕事に励むことが出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする