添い寝のバイトに出戻りする理由って何?

添い寝のバイトは一旦卒業したあと、出戻りしてくる女性がかなりいます。
そのような女性はどのような理由から出戻りをするのでしょうか?
添い寝のバイトにはどのような魅力があるのでしょうか?

添い寝に限らず、風俗業界には何度も卒業と出戻りを繰り返す女性がいます。
それを楽しんでこなしているのならば良いですが、本当はきっぱりと卒業したいのにできず、出戻りを繰り返している女性もいます。
抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか?

添い寝のバイトを卒業する理由は?

添い寝のバイトに出戻りするにはまず、なんらかの理由で卒業を経なければあり得ません。

では、どのような理由で卒業をしていくのでしょうか?

昼職への就職がきっかけ

添い寝のバイトに出戻りする理由って何?添い寝のバイトは学生が多いです。
時間の融通がききやすく、高収入なので学費や生活費の足しに割のいいバイトとしてやっていることが多いです。
学校を卒業し、昼職に就職することで1つの区切りとし、辞めていく女性は多いです。

彼氏ができたり結婚をしたりがきっかけ

添い寝はハードな性的なサービスが無いとはいえ、パートナーがいる場合、罪悪感を抱きやすい種類のバイト内容です。
結婚や同棲などで一緒に住んでいるとバレるリスクも高まります。
パートナーとの関係を優先させるために添い寝のバイトを辞めるという選択も多いです。

思うように稼げない

添い寝のバイトは風俗求人で抱いたイメージよりは稼げない、ということもあります。

お給料は良くても引かれ物も多く、手取りがあまり残らなかったり、基本給が少なくオプションで稼ぐ必要があったり、客入り自体があまり良くないこともあります。
そうすると長く続きません。

身バレした、身バレしそう

添い寝のバイトはあまり外聞の良い種類の仕事ではありません。
家族や友人、学校や職場などに身バレした、身バレしそうだというときは事態が大事にならないように辞めるのが賢明です。

目標金額に達成した

お金仕事を始める前に設定した目標金額に達成したことで仕事を辞める場合も多いです。
留学や欲しいものを購入するための資金や、借金の返済など、目標金額も目的も様々です。

身心の調子を悪くする

添い寝のバイトは見知らぬ人と個室で密着したり、会話をしたりと緊張したり、気を使ったりするバイトです。
昼職や学業と掛け持ちだと休息の時間もなかなか取れません。

そんな中で身心の調子を悪くして、続けられなくなってしまう女性もいます。

出戻りの理由は?

一説によると、学生時代に風俗のバイトをした人は90%の確率で何らかの形で出戻りをするとも言われています。
添い寝のバイトに出戻りをする理由で多いのはなんでしょうか?

金欠

昼職のお給料があまり良くなかったり、急な出費が続いたりなどで金欠に陥ったという理由での出戻りはとても多いです。

社会人一年生の普通の女性のお給料での一人暮らしは金銭的に厳しくなりがちです。

金銭感覚が抜けない

風俗嬢が陥りやすのが金銭感覚の狂いです。
日払い手渡しでお金を貰っていると、金銭感覚がおかしくなってしまいがちです。
添い寝のバイトを辞めた後も金銭感覚が治らず、昼職のお給料だけでは我慢できずに出戻ってきてしまいます。

生活の変化

就職したけれど倒産した、退社した、あるいは結婚したけれど離婚した、旦那が昇給しない、失業したなど突然、人生計画にはないトラブルに陥るのは珍しくないことです。
当面の収入を得るために出戻りを選択することもあります。

昼職が続かない

昼職は毎日定時出勤をして、多くの人と協力をしながらこなさなければなりません。
自由出勤でお客さん相手にだけ心を砕けばよい添い寝のバイトと比べると窮屈に感じ、お給料も安いので割に合わないと感じて続かない人もいます。

添い寝のバイトにやりがいがあるから

ベッド 女性添い寝のバイトは誰でもできるものではありません。
お客さんに感謝されたり、喜ばれたりする感覚は他の仕事ではなかなか味わうことができません。
人の役に立てている、求められているという実感をもう一度味わいたくて出戻る人もいます。

実際に出戻りは出来るのか?

出戻りをしたいからといって、添い寝のバイトの出戻りは簡単にできるのでしょうか?

風俗業界は出戻りをむしろ歓迎!!

風俗業界全般の傾向として、出戻りはむしろ歓迎されます。
風俗求人の中には出戻り歓迎と堂々と書いていることもあります。
理由としては仕事内容などを理解していて、率先力として稼いでくれるからということと、かつてのその女性の常連さんがきてくれるのではないかという期待です。
辞めた理由が人間関係でのトラブルや、いきなりいなくなる「飛んだ」程度ならば不問にされることが多いです。

人間関係が問題で、まだそのお店のその関係者がいる場合は相談次第では系列店で採用され、復帰ができる場合もあります。
応募のときに、一言問い合わせてみると問題ない、むしろ喜ばれることが多いので安心しましょう。

年齢制限を超えると厳しい場合も

添い寝のバイトはお店によっては若い女性しか働けないこともあります。
復帰の時点で求人の年齢制限を大幅に超えていると復帰が厳しいこともあります。

その場合は系列のお店を紹介してもらえることもあります。
しかし、その場合は添い寝よりもディープなバイト内容になることが多いです。

出戻りを繰り返さないためには

風俗業界では出戻りを歓迎していますが、出戻りを繰り返したくないという人は以下のようなことを心がけるようにしましょう。

貯金をする

添い寝のバイトでたくさん稼いでいる間にある程度の貯金を作っておくようにしましょう。

お金の余裕は心の余裕です。
卒業したあと何かトラブルが合っても、貯金があれば当面のことは乗り越えられます。

金銭感覚を取り戻す

添い寝のバイトをして金銭感覚を麻痺させたまま卒業すると日々の生活にストレスがたまったり、金欠に陥ったりしやすくなります。
いきなり使っていいお金が減ると強いストレスがたまるので、卒業の予定から逆算をして、徐々に金銭感覚を戻していきましょう。

1カ月で使っていいお金の目安は同年代の会社員のお給料を参考にしましょう。
残りを貯金に回せば一石二鳥です。

リハビリ期間を設ける

ベッド 女性添い寝バイトや風俗は特殊な世界です。
コンビニのアルバイトなどで人と協力することや昼職のお給料などに徐々に身心を慣らしたあと、本格的に昼職一本に切り替えるというのもおすすめです。

食べられる資格を習得する

就職やお給料に有利になる資格を取得しておくのもおすすめです。
女の人生は何があるか分かりません。
予期せぬ倒産や失業、離婚などのときに次の就職に役立つ資格があれば添い寝のバイトに出戻りする必要はありません。

添い寝のバイトは出戻りが多い

添い寝のバイトは卒業したあとも出戻りする女性が多いです。
多くの女性は昼職に就職が決まったり、パートナーができたり、目標金額が達成したことをきっかけに卒業していきますが、金欠になったり、金銭感覚が戻らなかったり、添い寝のやりがいが忘れられなかったりなどの理由で出戻ってくることがあります。
出戻りはお店にとって歓迎されることが多いので、安心しましょう。
一方で、出戻りをしたくないと思っているのならば、稼いでいるうちから出戻らないための準備をしましょう。

特に、貯金を作ること、金銭感覚を普通にすることは、金欠を回避し、ちょっとしたトラブルで躓かないためにとても大切なことです。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする