キャバクラ勤務してるけど金欠の時はどうしてる?

キャバクラで働いていて一般的なOLよりも稼いでいるはずなのに、なぜか金欠。
という人も多いでしょう。
どんな理由でみんな金欠になっているの?

そしてどうやって金欠に対処しているの?
キャバクラ嬢たちの本音を集めて見ました。

お金が必要だからキャバクラで働いている。でも足りなくて金欠

キャバクラで働いている理由、第一位は「お金が必要」というのが一番でしょう。
必要な金額が集まらなくて金欠という場合もありますが、そうでない場合もあります。

目標のために貯金している

キャバクラ勤務してるけど金欠の時はどうしてる?留学や学費、起業のためなど一定の期間までにまとまった額のお金が必要なのでキャバクラで働いている人はとても多いです。

彼らは夢があり、目標額も具体的なのでしっかり働き、稼ぐための努力を惜しみません。
しかし、キャバクラで働いていると稼ぐためにお金が必要となることもあります。
例をあげるとヘアメイクや衣装などです。
大事なお客様の誕生日が重なれば思った以上の出費となることもあり、金欠となってしまうのです。

借金返済のため

自分や身内が作った借金を返すために働いている人もとても多く、そして借金の額がとても大きいことも多いのです。
一生懸命働いているにも関わらず、収入のほとんどを返済にあててしまうために金欠となっています。

実はジャニオタ

自分がやりたいことのためにキャバクラで働いている人も多いものです。
例えばジャニーズの追っかけをしている人はそのために多くの金額を費やしています。
チケットを確実に取るために、数人の名義でファンクラブに入会し、できるだけ多くの会場のチケットを取り、移動費・宿泊費を出してコンサートに行きグッズを購入します。
ジャニオタの出費は一般的なOLの収入では賄いきれないのでキャバクラで働くのです。

しかしそれでも足らないほどの大きな出費となるため金欠状態となっています。

ストレス発散に衝動買い

もともと買い物が趣味なのか、それともキャバクラ勤務のストレスを発散するために買い物をしているのか分かりませんが、キャバクラ嬢の中には金額を見ずに衝動買いをしてしまう人も多くいます。
そして「今月も金欠」と言っているのです。

キャバクラは接客業の中でもストレスの多い職種です。
上手なストレス発散方法を学ばなければいくら働いても金欠状態が続くだけです。

多くのキャバ嬢がホスト狂い

キャバクラで男性客とのやりとりから溜まってしまったストレスをホストに通うことで発散しているキャバ嬢はとても多いです。

彼女たちはストレスを受ければ受けるほど、ホスト狂いとなり大きな金額を使います。
結局そのバランスが崩れてしまい金欠となってしまうのです。

金欠になったらどう対処する?キャバ嬢は風俗経験者が多い

キャバ嬢の中には風俗嬢経験者がとても多くいます。
ものすごく多くて驚いたという人がいるくらいです。
店や地域にもよりますが半分以上は風俗嬢だったことがあると言いますし、中には掛け持ちで働いていて現役風俗嬢もいます。
つまり、多くのキャバ嬢が金欠時にバイトとしての風俗とキャバクラを掛け持ちで働いて対処したというのです。

短期間に高額が必要ならソープや高級デリ

お金 金風俗にも様々ありますが借金の返済期限など支払い期日が迫っており、ある程度まとまった額が必要だとなった場合はソープや高級デリと掛け持ちして対処しています。

コンスタントに足りていないのならオナクラやピンサロ

毎月数万足りていないなど、キャバクラの収入だけでは支出とのバランスが取れていない場合はオナクラやピンサロと言った体に負担の少ない業種でコンスタントに稼ぐようにしています。

しかし、この方法では結局いつまでも掛け持ちがやめられません。

キャバクラと風俗、どうやって掛け持ちしている?

パターン1、昼・風俗夜・キャバクラ

キャバクラの出勤が夕方からなので、その前の時間に風俗勤務をしています。

午前中から営業している業種と掛け持つことで長時間働くことができ、収入アップにつながります。
しかし、この方法は体力的にとても辛いです。
風俗は肉体労働とも言われるほど疲れますし、キャバクラは接客業で精神的にストレスがたまります。
常に眠い、化粧がのらないとの声を聞きます。

短期間なら良いですが長期間続けるのは難しいでしょう。
また昼の風俗はあまりお客様がいないので、大きな金額を稼げないとも言います。

パターン2、出勤日交互の週3づつ出勤

例えば月・水・金が風俗で、火・木・土がキャバクラなどです。

どちらもオープンからラストまでの出勤が可能で、キャバクラの同伴出勤やアフターも対応できます。
しかし、この場合どちらの店でも週3出勤でレギュラーとは言えない状況です。
指名が取りづらく中途半端で思ったより稼げないとの声もあります。

パターン3、週1風俗その他がキャバクラ

メインはキャバクラ、週1日だけ風俗嬢になるという働きかたです。
この1日をイベント日や週末、生理との兼ね合いで決めてお客様に営業をかけるとしっかり稼げます。
この方法のデメリットは、週1の風俗の給料とその他数日分のキャバクラの給料がほぼ同額になるという点です。
その現実を見てしまうと「キャバクラで働く意味が分からない。週2風俗嬢をしたら、週5で休める」と考え始め、気分的にキャバクラで働けなくなってしまうのです。

キャバクラと風俗嬢、掛け持ちするときの注意点は?

注意 マークどうしようもなくて金欠時にキャバクラと風俗嬢を掛け持ちすることはあるでしょう。
その場合にはいくつか気をつけなければいけないことがあります。

キャバクラと風俗店の位置関係

キャバクラと風俗店の地域を変えないと、お客様がどちらにも来店してしまうという可能性があります。
基本的にはキャバクラと風俗の両方をコンスタントに利用するお客様は少ないと言われていますが、ゼロではありませんし接待などで予定外の利用をすることも想定できます。
デリヘルなどの無店舗型でもキャバクラの在籍店近くはNG地域としておかないと、店の近くのホテルに送迎されてしまう可能性もあるのです。

キャバクラのお客様に風俗嬢なのがバレて、枕を持ちかけられる

風俗のパネル写真を見たキャバクラのお客様が「あの風俗店で働いているよね」と身バレしてしまうことがあります。
「どうせ体を売っているんだから」「他のキャバクラのお客様にバラされたくなければ」と体を求められたことがある嬢もいます。
キャバクラメインで働いているとこの脅しはかなり効果があります。

しかし中には自分の風俗店に客として来店させたというツワモノもいます。
「本当は◯◯円だけど安くするから」と言ってうまく言い含めたそうです。

キャバメイクと風俗嬢メイクは違う

お客様に受けるメイクはキャバクラと風俗では違います。

大まかに言えばキャバクラは派手なメイクが好まれ、風俗ではきちんとした印象を受けるメイクが好まれます。
そのため、掛け持つ場合はどちらで働くのかによってメイクを変えなければいけないのです。
必要なものも変わってきますし、自分の好みもあります。
そして、このメイクの違いに気づけないとお客様に受けないので稼げないのです。

掛け持ちをしている女の子の中にはこのメイクの違いを理解できていない嬢が一定数います。

まとめ

キャバクラ勤務だけでは金欠だという場合、多くの人が風俗と掛け持つことで対処しています。
ただし通常のダブルワーク以上に精神的にも肉体的にも辛いという声も聞かれます。

そもそも金欠の原因がなんなのかを考え対処しなければ、いつまでもキャバクラと風俗のダブルワークを続ける羽目になってしまいます。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする