どんな人妻系風俗店でも身分証が必要です。パスポート一つでOK

人妻系風俗店の面接を受ける際には身分証が必要です。
運転免許証やパスポートでOKですが、持っていない人は写真付のマイナンバーカードでもできます。

また、身分証明書とともに本籍記載の住民票の提示も必要です。
これらの要求がないなら違法店舗でしょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

どうして確認するの?

どんな職場でも入社の際には身分確認をします。

建設現場で日払いの仕事をするだけであれば、身分確認などせずにその日に給料の支払をして終わりです。
しかし、風俗店は風営法という法律に基づいて営業をしています。
風営法では風俗嬢の年齢と国籍の確認を義務付けています。
つまり、風俗嬢が日本人の成年女性であることを要求しているわけです。

どんな人妻系風俗店でも身分証が必要です。パスポート一つでOK違反をしたら即刻営業停止になります。
お店にとって一番怖い処分ですから、確認をしないことはあり得ません。
他の会社勤めをする際にも身分確認は絶対しているはずです。
会社によっては履歴書を要求しますし、親などを保証人とすることを要求する場合もあります。

未成年でない事を確認します

風営法が身分確認を義務付ける最大の理由は、未成年の女子を風俗嬢にしない事です。
人妻系風俗店で稼ごうとする女性が未成年のはずがないと言われるかもしれません。
見ればわかるじゃないかと思う人も多いでしょう。

しかし、法律で決まっている以上は従う義務があります。
風俗店に限らず、営業許可が必要な仕事をする以上は、営業を規制する法律に従う必要があります。
貸金業を営むには、貸金業法という法律に従わないと営業停止になります。
風俗店も同じなのです。

国籍を住民票で確認します

では、住民票を確認するのはどうしてでしょうか。
風営法が決めているためです。
しかし、意味もなく住民票の取得を要求しているわけではありません。

その目的は日本人の女性であることを確認することにあります。
風営法は外国人女性を風俗店で働かせることを許しません。
就労ビザを持たずに外国人が日本で稼ぐことはできませんが、風俗店の就労ビザはあり得ないためです。
ちなみにフィリピンパブなどは「芸能ビザ」で入国しています。

定期的にビザの更新をさせることで、違法就労にならないようにしているのです。
風俗店の就労ビザがあり得ない以上、日本人ではない女性は働けません。
そのことを確認する手段は、本籍が記載されている住民票を見るしかないのです。

日本人しか風俗嬢になれません

つまり、日本人しか風俗店で働くことはできません。
もっとも、人妻風俗店で働こうとする女性は日本人ですから、現実に問題になることはありません。
ただ、先ほど述べた通り、業法で規定されている以上は従わなければいけないのです。
諸外国では外国人が風俗店で働くことを極度に警戒しています。

人身売買の原因となるためです。
昔ほど日本の賃金が諸外国より魅力的ではなくなっていますが、風俗の仕事は稼げます。
そのことは海外の女性も承知しており、ブローカーにお金を払ってでも稼ごうとする女性は少なくありません。
しかし、それを許すと諸外国からの非難を浴びます。

風営法でそのようなことを許すわけにはいかないのです。

実際はどうなの?

ただ、そうは言っても現実に法律に基づいて運用されているのかと疑問に思うかもしれません。
また、このような規制があるにもかかわらず外国人のヘルスなど存在します。

風営法の規制は厳しく、ソープランドは本籍地が日本でなければ絶対に面接に通りません。
また、デリヘルでも単なる就労ビザでは働くことができず、日本人の配偶者を持っていることなどが条件です。
これらのことは住民票ではわからないため、かなり多くの書類が必要です。
法律的にOKであっても、何か問題があれば営業停止になりかねずリスクが高いです。

わざわざリスクを取ってまで外国人女性を雇うデリヘルは多くありません。

風営法違反はできません

風営法違反はお店の存続を危うくしかねないリスクがあります。
また、違法営業は違反であり刑事事件になるでしょう。

手錠もちろん店長さんは逮捕され、新聞で実名報道されます。
風営法の規制は、業者によって融通が利く部分があります。
ソープランドでも一定の条件を満たせば外国人でも働くことができます。
しかし、その条件は厳しいため避けられているのです。

また、もっと融通が利くデリヘルでも同様の警戒心が働き、外国人を雇うことは少ないです。

保管は3年

このようにして身分確認をした書類はコピーの保管が義務付けられています。
そのため、退店の際にも返却してもらえません。

返却してしまうと風営法違反です。
保管期間は3年間と結構長いです。
人妻風俗店の女性は入れ替わりが結構激しいと言われています。
仕事自体が続かないこともありますが、一定の目標金額を稼いだら退店する女性も少なくないのです。

それでも3年間の保管期間が短くなることはありません。

外国人のいるお店は?

では外国人女性の在籍しているお店は相当のリスクや手間をかけているのでしょうか。
正規のルールに従って営業している風俗店は、行政書士の方に確認を依頼しています。

しかし、中には違法営業のお店も少なくありません。
風営法の届出をして外国人女性を雇っている店舗は、ほぼ間違いなく外国人専用の店舗です。
つまり、日本人が入り込めないはずです。
日本人と外国人では客層が違うため、両方という店舗はほぼありません。

もし、外国人女性の多い店舗で日本人女性も募集していたら、違法営業の可能性が高いです。
警戒した方が賢明でしょう。

身分証が必要なお店は安心

このように身分証を要求する風俗店は法律に基づいて営業をしています。

大手チェーン店であれば確実に身分証と住民票の提示を求められるはずです。
面接に行く際、本籍が記載された住民票を必ず要求されます。

提示を求められなければ違法店舗

風営法で身分証のコピーを保管することを要求されているということは、要求しないお店は違法店舗です。

先ほど述べた通り、違法店舗がいかに危険かはお分かりでしょう。
相手に自分の身分を明かさずに風俗の仕事をすることは、自分も相手の身分がわからないことを意味します。
違法店舗のデリヘルで1日働かされ、最後にお金を全くもらえないということも実際にあります。
特にデリヘルのような無店舗型の風俗店は、違法店舗が少なくないと知っておくべきでしょう。

どこの職場でも身分確認はしています

風俗店に限りませんが、就職をすれば身分証だけではなく、住民票の提示を求められます。
どこの誰かわからない人に会社の仕事を任せることはできません。
特にお金を扱う仕事であればなおさらです。

身分確認をしない風俗店は、風営法の規制以前の問題として会社としての実態が怪しいのです。
そんな怪しい会社で決して楽ではなく、リスクも大きな風俗の仕事ができるでしょうか。

安心できる店舗で稼ぎましょう

逮捕風営法は単に風俗店を規制するだけではなく、風俗店で働く人妻女性などを保護することも目的としています。

身分証を確認することがどんな保護になるのかと言われるかもしれません。
しかし、身分証を確認することで、業界の規律が保たれます。
そして、稼ごうとしている女性が確実に給料を手にすることができる環境が整うことも事実です。
風営法の規制を守る風俗店は、女性を守る規則も順守しています。

安心して稼げる職場で存分に稼ぎましょう。

まとめ

人妻女性が風俗店で働くことは誰にも内緒にしたいものです。
とはいえ、お店にまで自分の素性を隠すことはできません。

安心して働くためには身分証と住民票は不可欠です。
違法店舗の中には身分確認をしない店舗もあります。
しかし、違法風俗店がいかに危険な存在かは知っておくべきです。
お客さんの質も悪く、お店も給料をきちんと払ってくれません。

もちろん違法店舗なので救済されないでしょう。
身分証を要求する合法的な店舗は、安心して稼ぐことができる風俗店です。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする