30代でも働ける添い寝するだけのバイトとは

添い寝風俗というと10代から20代前半の若い女性しか働けないというイメージが強いです。
しかし、数は多くないのですが、30代、40代の女性が活躍できる添い寝のバイトもあります。
そのようなバイトは本当に添い寝だけなのでしょうか?

性的なサービスは本当になりのでしょうか?
そして、採用基準やお給料はどうなのでしょうか?
大人の女性だからこそ稼げる添い寝のバイトについて紹介をします。

普通の添い寝は若い女性がメイン

ベッド 女性普通の添い寝の仕事は添い寝リフレ、添い寝メイドなどと呼ばれ、仕事内容は一見ソフトですが、実際には風俗に近いものがあります。

普通は10代から20代前半の若い女性がおおく在籍しています。
30代の女性が応募しても採用はおろか、面接さえたどり着けないことも多いです。
大人っぽさや人妻といったコンセプトは普通の添い寝では受けないことが多いです。

30代の添い寝バイトとは?

数は決して多くありませんが、30代でも働ける添い寝だけをするバイトもあります。

実態はどのようなものでしょうか?

本当に添い寝だけ

若い女性が活躍する添い寝のバイトは堂々とヘルスのようなオプションが用意されていたり、あるいは裏オプションが合ったりして性的なサービスをしているところも少なくないですが、30代の添い寝バイトの仕事内容は本当に添い寝をするだけです。
軽いリフレマッサージや雑談、膝枕などはありますが、性的なことはいっさいありません。
お客さんは性的なものを求めるのならば、普通に風俗に行きます。

添い寝だけをする異性との関係をソフレと呼ぶこともあります。
同衾してもエッチは望まないという人は実は結構多いのです。

お客さんはどんな人?

30代の大人の女性とお金を払ってまでただ添い寝だけをしたいというお客さんはどんな人かというと、癒しを求める人たちです。
大人の女性や包容力のある人妻に性的なことを抜きにただ甘えて癒されたいという願望を持っています。

いわゆる草食系男子も多いです。
また、男性だけでなく、女性のお客さんもいます。

どんなことが求められる?

ベッド 女性添い寝をするというのはどんなことが求められるのでしょうか?
本当にとなりに横たわっているだけでは流石にありません。

相手を癒し、リラックスさせる必要があります。
雑談をしたり、腕枕や膝枕をしたりします。
コスプレがあることもあります。
また、肩もみなどの簡単なマッサージもします。

さらに、子守歌などが喜ばれることもあります。

身バレはしない?

添い寝をするだけとはいえ、やはり世間一般的にはイメージの良い仕事ではありませんし、理解もされにくいです。
なので、働く場合、身バレ対策はする必要があります。
アリバイ会社を用意してあるお店がほとんどです。

珍しいバイトをしているからといって、やましいことが一切ないからと言って、自分から添い寝のバイトをしていることについてはあまりしゃべらないことがおすすめです。
人妻の場合は不倫をしている、売春をしていると周囲から誤解される原因になりかねません。

30代で添い寝バイトをするためには

30代で添い寝バイトをするためにはどのようなことが求められるのでしょうか?

お店は多くない

30代で性的なサービスを一切しない添い寝バイトができるお店はかなり少数派です。

こまめに求人情報をチェックしましょう。
「30代添い寝バイト」や「添い寝レディ30代」などで検索をするのがおすすめです。

本当に添い寝だけかをよくチェック

30代で添い寝のバイトができるお店は少数派ですが、だからといって見つけたらからといって即応募はしないようにしましょう。
本当に仕事内容が添い寝だけかをよくチェックしましょう。

厳しく性的なサービスを否定していること、そして会員制であることなどの条件がそろっていると安心です。
いくらかの入会金や会員費を徴収しているとさらに好印象です。

身綺麗で清潔感を意識して

添い寝バイトは性的なサービスが無いとはいえ、接客業であることにはかわりありません。
身綺麗にして、清潔感があることはとても大切です。

濃いメイクや派手な服装、明るすぎる髪の色、キツイ香水や柔軟剤などは敬遠されがちです。
また、タバコのにおいもマイナスポイントになりやすいので、自分が喫煙しないことはもちろん、服や髪に付いていないことも大切です。

面接ではコミュニケーション能力を見られます

吹き出し面接の場では身綺麗で清潔感があることはもちろん、コミュニケーション能力も問われます。
自分が話すだけでなく、相手の話を聞くことを大切にしましょう。

緊張すると早口になりやすいので、ゆっくりと話すこと、相手の言うことにはひとまず共感をしめすことがコミュニケーション能力を高くみせるコツです。

こんな経験があると有利

面接の場で、セラピストやアロマ、カウンセラー、マッサージなどの経験や資格があれば採用に繋がりやすいので、必ずアピールしましょう。
子守歌が得意なども喜ばれます。
子持ちの人妻ならば、子供の寝かしつけが得意というのもアピールポイントになります。

30代の添い寝バイトは稼げる?

30代の添い寝バイトは実際に稼げるのでしょうか?

時給は3000円から5000円

添い寝バイトの時給は3000円から5000円程度です。
性的なサービスを一切しないと考えるとかなり破格の時給です。

お給料は出来高制

時給は高いですが、あくまで、仕事をしている時間に発生するお金です。

添い寝バイトのお給料はあくまで出来高制なので待機しているだけの場合は保証がないとまったくお金が発生しません。

オプションで稼ぎにくい

まったく性的なサービスが無い添い寝バイトは逆に言えばオプションで稼ぎにくいともいえます。
指名料や腕枕、膝枕などで1000円から3000円程度プラスすることはありません。

長時間利用になることも

添い寝のバイトは短時間であることもありますが、数時間に及ぶこともあります。

体力的にはほとんど消耗しないので、ロングでとってくれるお客さんは大切にしましょう。

稼ぐには固定客を作ろう

一切性的な接触なく、敢えて30代の女性と添い寝をしたいという人はそれほど多くはありません。
一般受けするたぐいの仕事ではありません。
だからこそ、稼ぐためには固定客を作ることが大切です。

添い寝のバイトは性的な接触がないからこそ、心のつながりを求められます。
固定客と長く良い関係を作ることが安定して稼ぐ秘訣です。

女性向けのサービスもあります

添い寝というと、男性のためのサービスというイメージが強いですが、中にはイケメン男性が女性のお客さんに添い寝をするサービスもあります。
こちらも一切性的な接触はありません。

添い寝バイトをしてみたいというのならば、まずは自分がお客さんになってどんなサービスなのかを体験してみるのも良いでしょう。

30代が働ける添い寝バイトは特殊な世界。意外な天職の可能性も

Ok, Good添い寝のバイトというと、若い女性が風俗まがいのサービスをしているイメージが強く、またそのようなお店もおおいです。

しかし、なかには30代以降の女性が活躍できる性的なサービスが一切ない添い寝だけのバイトもあります。
性的なサービスは一切なく、大人ならではの魅力でお客さんを癒す仕事です。
数はあまり多くありませんが、一定の需要はあります。
性的なサービスはなく、ただ一緒に添い寝をするだけというやや特殊な世界ではありますが、そのぶん、向いていれば稼げるだけでなく、やりがいも感じることができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする