添い寝風俗のバイトは性病のリスクない?

女の子の高収入アルバイトの一つとして、今人気の添い寝アルバイトの存在をご存知ですか?
男性客と会話や簡単なスキンシップをするだけで高時給がもらえると、女の子の間で今注目を集めているアルバイトです。
添い寝店には風俗と非風俗のお店があり、どちらを選ぶかによって性的なサービスの有無が違ってきます。

風俗の添い寝バイトの求人広告を見ると、高時給かつ「脱がない・舐めない・触られない」「性病のリスクなし」と女の子にとって好条件が揃った内容となっています。
確かに、「脱がない・舐めない・触られない」プレイ内容であれば性病のリスクは低いと思われますが、実際のところ本当に性病感染のリスクはないのでしょうか?
また、非風俗の添い寝バイトであれば性病のリスクはないのでしょうか?
今回は、風俗・非風俗のそれぞれの添い寝店のサービス内容と性病のリスクについて考えてみました。

添い寝風俗店について

ベッド 布団あなたは「添い寝」アルバイトをご存知でしょうか?
一般的な添い寝店のサービス内容は、来店した男性客に対して女性が会話をしながら軽いマッサージをしてあげたり、添い寝をしてあげるサービスです。
お店のコンセプトやシステムによってサービス内容は異なり、場合によっては追加のオプションサービスなどがある場合もあります。
この添い寝アルバイトには大きく分けて2つの種類があります。

それは「風俗」と「非風俗」の2種類です。
この「風俗」と「非風俗」の添い寝店の違いについてご紹介するならば、2つの大きな違いは性的サービスの有無です
風俗の届け出をしている添い寝店は性的なサービスを行うことが多く、プレイ場所もラブホテルなどへ行きプレイをするパターンが多いようです。
風俗の添い寝はオナクラなどと並び、比較的ソフトサービスの部類に該当します。

風俗未経験の女性やヘルスサービスが苦手な女性にもピッタリなお仕事です。
添い寝風俗バイト求人広告を見ていると「脱がない・舐めない・触られない」と書かれている求人が多く見受けられるので、一見性病のリスクが無いように思えますが、プレイする内容によっては性感染症のリスクはあります。
サービス内容がハグや膝枕などのスキンシップ程度の内容や、性的サービスが完全にハンドサービスのみであれば性病のリスクはないかも知れませんが、風俗店として添い寝を営業している店舗はそれ以上のサービスを求められることも多いので、性病のリスクは否めないのです。
ちなみに、性病に感染する可能性のあるプレイは「生フェラ」や「性器同士の接触」が主となります。

性病の中には感染していても症状が出にくいものもありますので、病気の症状が無い場合にも注意が必要です。
性感染症の中でも、クラミジアや淋病などは感染者数も多い病気ですので、例え病気の症状がない場合も性的サービスを行った場合には感染の確率はゼロではありませんので、定期的に性病検査を行うことをお勧めします。
風俗店として営業している添い寝店で働く場合、これらに注意しながらお仕事をすればある程度低リスクでお仕事することも可能だと思われますので、添い寝風俗店だからと言って、性病にかかるというわけではありません。

非風俗の添い寝店について

マッサージ次に、「非風俗」の添い寝店についてご紹介したいと思います。

非風俗の添い寝店は、会話やマッサージなどのスキンシップをメインとした接客です。
お店によっては男性客のほっぺたにキス位のプレイあるようですが、ディープキスなどのプレイは基本的にありません。
非風俗の添い寝店が性病のリスクが全くないかというと、実際のところはプレイ次第となります。
非風俗の添い寝店では、性的なサービスは違法です。

お店側が女の子に指導することも厳禁となります。
非風俗店では性的サービスは行われないはずなのですが、女の子によっては「裏オプション」と言って自ら男性客と料金交渉をし性的サービスを行う女の子がいるのです。
裏オプションの料金はまるまる女の子の手取りとなる為、普段のお給料より稼げる可能性もありますが、性的なサービスを行う事は性病のリスクも含むのです。
非風俗の添い寝店では、男性客からの裏オプションの誘いも高頻度であるようですが、非風俗店で性的サービスを行うことは違法ですので、安易に行わないようにしましょう。

お店のサービス内容を調べよう!

今から添い寝店でアルバイトをしてみようと思われる方は、その添い寝店が提供しているサービスがどのようなサービス内容なのか営業サイトを確認してみましょう。
求人広告にソフトな内容で書かれていても、営業サイトにはハードなプレイ内容が含まれている場合は、確実にハードな接客が求められます。
添い寝店の中で気になるお店を見つけたら、実際にお店へ問い合わせをしてみましょう。
ここでのチェックポイントは問い合わせに対する相手の対応や、返答の仕方です。

適当な対応をするような店舗は回避し、きちんと誠意をもって対応してくれるお店に応募するようにしましょう。
添い寝店に応募をした後は、店舗での面接日程を決め面接へと進みます。
面接後、必ず入店しないといけない訳ではありませんので「お店が合わないな…」と感じた場合は、入店を辞退することも出来ます。
お店への入店を検討する場合は、体験入店制度を利用し実際にお店の仕事を体験することも出来ます。

最初は緊張するかも知れませんが、慣れれば自分のペースで接客することも出来ますので、初対面の男性客も緊張せずに接客出来るようになります。
添い寝店はプレイ内容によって性病のリスクを伴いますが、性病のリスクなく働くことも出来るお仕事です。
がっつり稼ぎたい気持ちもあるかも知れませんが、自分の体を大切に性病のリスクを見極めて、自分に合ったお仕事を選ぶようにしましょう!

性病のリスクはプレイ次第!

注意 マーク添い寝店には「風俗」と「非風俗」のお店があります。
この2つの違いは、接客メニューに性的なサービスがあるかないかです。
風俗として添い寝店を営業しているお店は、サービス内容が比較的ソフトサービスのお店が多く、手コキなどのハンドサービスのみでプレイが完結するお店もあります。
完全にハンドサービスのみであれば性病のリスクはありませんが、生フェラや性器同士の接触があると性病のリスクが生まれます。

非風俗として添い寝店を営業しているお店は、会話やマッサージ・添い寝などの軽いスキンシップのみのサービス内容となります。
お店によっては男性客のほっぺたにキスをするプレイがありますが、粘膜の接触がなければ性病のリスクは限りなく低いと思われます。
非風俗店で性病のリスクがあるとするなら、裏オプションの存在です。
裏オプションというのは、女の子が男性客に料金の直接交渉を行い性的サービスを行うことです。

非風俗店でも性的サービスを行えば性病のリスクは上がりますので、非風俗だからといってまったく性病のリスクがないとは限りません。
性病の感染の多くは、生フェラや性器同士の接触です。
またディープキスにも、性病の感染リスクはありますので注意が必要です。
性病のリスクを回避するには、プレイする内容に気を付けることが大切です。

また、非風俗店で性的サービスを行うことは違法ですので安易に行うべきではありません。
どれだけ稼ぎたい気持ちがあっても様々なリスクを考慮し、安全に収入を得る方法を選ぶようにしましょう!
もしも性的サービスを行った場合は性病の症状がなくとも自主的に性病検査へ行くことをお勧めします。
また、1度だけではなく、定期的な検査を行うことも重要です。

気になる添い寝求人を見つけた際は、お店の営業サイトを確認し、どのようなサービス内容を提供しているお店なのかチェックも忘れずに行ってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする