アダルトグッズモニターのバイトで面接がある広告は詐欺かも

アダルトグッズモニターは風俗情報サイトでの求人がメインなことからもわかるとおり、性的なことをするお仕事ではありますが、男性と接触すること無く稼げるので、風俗店で働くのは抵抗があるけど性的なことは大丈夫な女性に人気があります。
基本的にアダルトグッズモニターのお仕事は会員登録するだけで出来るものですが、中には仕事を受けるために面接が必要だと書いてある求人もあります。
そのような求人の中には、詐欺も含まれているので気をつけましょう。
この記事では、アダルトグッズモニターのバイトで面接がある広告の危険性についてご紹介します。

アダルトグッズモニターのバイトは面接なしが基本

アダルトグッズモニターとは、オナニーグッズを制作しているメーカーの新商品などを使ってみて、その感想をレポートする仕事です。
基本的な仕事の流れは以下の通りです。
まずは、風俗情報サイトなどでアダルトグッズモニターを募集している広告から、仕事のための会員登録をします。
その後、アダルトグッズモニターの募集を見て、自分がやってみたい仕事に応募します。

配達数日後に自宅にアダルトグッズが送られてくるので、それを使用してオナニーをします。
あとは、使用感や良いところ、改善したほうが良いところなどを決められたフォームに従って記入し、メールで送信すれば完了です。
仕事を依頼したメーカーがレポートを確認し、問題がなければお給料の支払いという流れになります。
この基本的な流れを見てわかるとおり、アダルトグッズモニターのバイトは、在宅で出来るものです。

また、仕事をするための条件は「女性であること」以外にほとんどありません。
中には「20代の女性」など条件がついていることもありますが、それらは会員登録画面で記入した情報から確認できるものです。
だから、アダルトグッズモニターのバイトでは面接なしが基本なのです。
アダルトグッズモニターのバイトなのに、面接が必要な場合は何か特別な理由があるということです。

事務所勤務ならアダルトグッズモニターのバイトで面接がある

アダルトグッズモニターのバイトの中には、事務所に登録するタイプの募集もあります。
本来アダルトグッズモニターのバイトは在宅で自分一人で出来るものですが、どういう風にやればわからない女性や、自分で仕事を見つけるのが面倒な方に仕事を紹介してあげるのがアダルトグッズモニター事務所です。
また、アダルトグッズモニターの事務所に登録した場合、お仕事は会社が用意してくれる個室で行うことなります。
一人暮らしではない女性の場合、自宅で自由にオナニーをすることが出来ないので、そのための場所を提供してくれるという役割もあるのです。

このような事務所の場合は、お仕事を始める前に当然面接があります。
そして面接で採用されればお仕事をもらえるという流れなのです。

面接があるアダルトグッズモニターのバイトは要注意

面接事務所に登録するタイプのアダルトグッズモニターや、在宅で仕事をする場合でも仕事を始めるために面接が必要だと書いてある広告がよくあります。
しかし、アダルトグッズモニターのバイトで面接をしようとする広告は詐欺の可能性が非常に高いので気をつけましょう。

本来、アダルトグッズモニターのバイトをするにあたって面接が必要なはずはありませんし、事務所に登録する意味もありません。
それなのにわざわざ面接をしようとするのには、裏があるのです。
アダルトグッズモニターのバイトで面接が必要だと書いてある会社の広告は、高額な日払い保証などを設定して、お金に困っている女性を勧誘します。
そして、用意した個室でお仕事をするように伝えた上で、女性がオナニーしている姿を盗撮していることがあるのです。

盗撮した動画を無断でAVとして販売するような詐欺もあれば、その動画を使って女性を脅迫して風俗店やAVのお仕事を強制するような詐欺もあります。
オナニーしている姿を盗撮されて弱みを握られた状態になってしまい、反抗できずに望んでいないお仕事をすることになってしまうというケースもあるのです。
また、面接という名目で呼び出されて話をよく聞いていると、アダルトグッズモニターのお仕事だけではなく風俗店やAVのお仕事を紹介してくる業者もいます。
そういう業者は結局アダルトグッズモニターのお仕事は全然紹介してくれずに、AVや風俗店のお仕事を押し付けて来る場合もあるのです。

見た目がこわい面接官と個室で二人きりにさせられ、AV出演を何時間も説得されてしまい、押しに負けて契約書にサインしてしまうという被害もあります。
他にも、アダルトグッズモニターのバイトだと思って契約書にサインをしたら、それがAV出演の契約だったというケースもあります。
その他のケースとしては、アダルトグッズモニターのバイトだと思って個室でオナニーをしたのに、実はその部屋は周りから覗けるマジックミラーになっていてそれを男性が見ている場合もあります。
いわばオナクラと呼ばれる風俗店と同じなので、知らぬ間に風俗で働かされることになってしまうのです。

このように、アダルトグッズモニターのバイトで面接がある場合は、何らかの詐欺である可能性が高いと考えましょう。
そもそもアダルトグッズモニターのバイトは1回数千円程度なので、日給保証があるという広告や、「時給1万円」などと書いてある広告は100%詐欺なのです。
アダルトグッズモニターの案件は1件あたり2,000円~5,000円が相場です。
だからこれよりも高いお仕事にはかならずウラがあるということなので、気をつけましょう。

中には地方に広告を出していて、「事務所が東京にあるので来てほしい」と出稼ぎのような形で女性を勧誘する悪質な業者もあります。
アダルトグッズモニターのバイトはわざわざ出稼ぎを募集する必要がないので、そのような広告も100%詐欺です。
いざ東京に行ってみたら、アダルトグッズモニターの募集は嘘で日給保証も支払わないと言われてしまい、帰るためのお金もないので仕方なく風俗で働くことになってしまったという被害もあります。
在宅でやっていればたとえそれが詐欺でお給料が振り込まれなくても被害は最小限で済みます。

しかし面接に行って、オナニーしている姿を動画に撮られてしまったらそれ以降の人生がめちゃくちゃになってしまうリスクがあるのです。
アダルトグッズモニターのバイトをやるために面接をする必要はまったくないということを必ず覚えておきましょう。
安全にアダルトグッズモニターのバイトをしたいのであれば、有名な大手風俗求人サイトで在宅の仕事だけをやりましょう。
パソコン高収入ドットコム(http://www.kosyunyu.com/)やパピヨンジョブ(http://www.ppyn.com/)には、在宅で出来るアダルトグッズモニターの広告が頻繁に掲載されています。

このような有名サイトであれば悪質な広告は掲載されないように審査されているので、面接に呼ばれてトラブルに巻き込まれるようなこともありません。

まとめ

アダルトグッズモニターのバイトで面接がある広告の危険性についてご紹介しました。
アダルトグッズモニターで面接が必要だと書いてある広告には詐欺が非常に多く、オナニーしている姿を盗撮されたり、AVや風俗店でのお仕事をしつこく勧められたりするトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。
アダルトグッズモニターのバイトは本来自宅で出来るのもなので、高額な日給保証や時給などに騙されることなく、安全な大手風俗求人サイトからお仕事を探しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする