添い寝リフレのリピーターは週3回以上通う人も多い

今回のテーマは添い寝リフレのリピーターは週3回以上は通う人も多い、と言う事についてです。
添い寝リフレという風俗ジャンルではリピーターの方は週に3回以上もお店に通う人が多いそうです。

なぜそれほどまでに通う必要があるのか、色々な角度から書いていきたいと思います。

週3回以上通うと言う事実

3, 数字今回のテーマは添い寝リフレのリピーターは週3回以上通う人も多い、と言う事についてです。
客観的に考えても、週に3回以上もお店に通うと言うのは回数的には多いのではないかと思います。

そして風俗ジャンル全体で考えても週3回通うと言うのは中々出来ない事ではないでしょうか。
週3回と言うのは週で言いますと約2日に1回は通っている事になります。
月で言いますと、12回以上にもなるのです。
それほどまでに通っていてはお金が持たないと思います。

つまり安価なサービスを売りにしている添い寝リフレだからこそ、と言うのもあるのではないでしょうか。
そして何といっても、2日に1回会いたくなるとはもはやお客の気分としては恋人と会う、みたいな感覚に近いものを持っているのではないかと思います。
添い寝リフレは財布にも優しいですし、何より女の子は若くて可愛い子がたくさんいます。
それはリピートもしたくなりますし出来る事なら毎日でも通いたくなるのが本音だと思います。

総合的に見ても添い寝リフレは通いやすい環境にある、と言う事が1つ言えるのではないかと思います。
もちろんすべてのお客が週に3回も通っているわけではないと思います。
今回のテーマはリピーターのお客、と言う事ですのでリピーターと言う事は当然目当ての女の子がいてその子に会いにいっている、と言う事が分かると思います。
ここで気になる事は、それほどまでしてなぜ会いにいきたいのか?

と言うのが疑問に思う所でもあると思いますが、もちろんそれぞれのお客やリピーターによって心の内は違うとは思います。
しかし、前述でも軽く触れました通りやはり添い寝リフレは通いやすい、と言うのが大前提としてお客にあるのだと思います。
より具体的にいいますと、通う要素として考えられる事と言うのはまずはあくまで添い寝リフレだから、と言う事が言えるのではないかと思います。
今回の風俗ジャンルはあくまで添い寝リフレなのです。

良い年の大人がただ添い寝だけをする、と言うのは端から見ればそれでいいのか?
とも言いたくなりますが、やはり風俗とはどうしても経済的にお金が掛かってしまう遊びになってきます。
何回も遊びたくてもお金が追いつかない厳しい現状があるわけです。
つまり添い寝リフレでは1回に得られる満足度であったり興奮が他のジャンルに比べるとイマイチ物足りない現実はあるにせよ、その分お財布には優しいため何度も通う事が出来る、と言う事が言えると思います。

そしてそれと同時にある意味で癖になる、と言うのもあると思います。
ベッド 女性添い寝とはあくまで添い寝だけであり、それ以上の事は基本的にはできません。
しかし、このシチュエーションが何より興奮する、ハマる、と言う方も中にはいると思います。
添い寝リフレと言うジャンルにはそういう魅力を秘めているのだと思います。

そして何と言っても添い寝リフレは若い子が主体で働いています。
おじさんからすれば若い子と添い寝が出来る、なんて事は現実世界では間違いなくない事だと思います。
故に願望として若い子と添い寝だけでも良いからしてみたい、と思っている方も多いと思います。
若いといっても10代の子も沢山いるのが添い寝リフレです、客にとっては添い寝だけとは言え、魅力的な事に繋がるのではないかと思います。

さらには、前述でも少し触れましたがある意味で恋人感覚を勝手に楽しんでいる、と言う所もあると思います。
もちろん添い寝リフレをどう楽しむかはあくまでお客の自由です。
そしてなんと言ってもやはり若い子と言うのは可愛くて仕方がないのではないでしょうか。
いくら性的サービスがなく添い寝だけとは言え、またこの子に会いたい、添い寝したい、話がしたい、ただ隣にいるだけで幸せだ、などと言う気持ちにさせてくれるのだと思います。

世間の厳しい荒波に耐え、そして疲れて帰宅する、このような日々が毎日続くのはやはりとても大変でありしんどいと思います。
添い寝リフレとはいわばお客のオアシスみたいな存在なのではないでしょうか。
一日頑張って働いたけど、添い寝リフレにいって目当ての子に会えるから頑張れる、そして会った時に笑顔を見せてくれたり、名前を呼ばれたり、そしておかえりなさいと言ってくれるただそれだけに癒しと満足感を得る事ができる、何より幸せだと感じる、つまりはそういう事なのかもしれませんね。
そこにお金を払う価値を感じるのだと思います。

それは本来家庭でするべき事ではありますが、現実はとても複雑であり上手い事行かないのが世の中でもあると思います。
だからこそ添い寝リフレがあると言っても過言ではないのではないでしょうか。

添い寝リフレのメリットデメリット

Good, Badここでは添い寝リフレに関するメリットデメリットについて書いていきたいと思います。

週に3回以上もお客が来店してくれるともなると、やはり添い寝リフレで働いてみようかなという気持ちになったり、稼げるのでは?と思ったりすると思います。
添い寝リフレのメリットデメリットはそれぞれにあると思いますが、メリットとしてまず思いつくのは初心者でも簡単に始める事ができる、と言う所にあるのではないでしょうか。
いわば添い寝するだけですし、お客と話をする程度ですので誰にでもできる業務内容にはなってくると思います。

ですので始めやすい風俗ジャンルと言えるでしょう。
そして何よりリスクが少ないジャンルだとも言えると思います。
添い寝する事が前提であり性的なサービス、と言う訳ではないので病気の心配もないですし、気軽に始める事ができると思います。
しかし、デメリットとして考えられる事はやはり客単価が低いゆえにお客がつかないと稼げない、と言う所になってくると思います。

週3回も通ってくれるリピーターが何人もつけばそれは稼げるようにはなってくると思いますが、そんなに上手くいくとも限りませんし稼げる見込みはあまり期待しすぎると逆に落ち込んでしまう結果となる事もあると思います。
しかし、総合的にみて風俗業界初心者の方や若い女性にとっては添い寝リフレと言うのは始めやすい風俗ジャンルであり、この業界の事を知っていくには丁度いいスタートラインでもあるように思います。
そしてお客がつけば稼げるジャンルでもあるのでオススメのジャンルといえると思います。

まとめ

添い寝リフレのリピーターは週3回以上通う人も多い、と言う事について書いてきました。
添い寝リフレとは風俗ジャンルの中では通いやすいジャンルになってくると思います。
何といってもお財布に優しく、そして若い事添い寝ができ話ができる、と言うのが魅力になってくるのではないでしょうか。
ゆえに初心者の女性にはお勧めのジャンルと言えると思います。

しかし、みんながみんな週3で来店する訳ではないですし、リピーターが簡単に付く訳でもないとは思います。
やはり努力しないと稼げないのが風俗です、その事はしっかりと頭に入れて働いてみると、添い寝リフレは稼げるジャンルになってくるのではないかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする