高齢者・障害者向けの手コキ店は稼げますか?

高齢者や障碍者であっても、風俗を楽しみたい、性欲を発散させたいという需要はあります。
高齢者や障碍者向けの手コキ店というものもあります。

このようなお店で働く場合、普通の手コキ店とはどのような違いがあるのでしょうか?
稼ぎやすいのでしょうか?
高齢者や障害者のお客さんの扱い方はどうすればいいのかについて紹介をします。

高齢者や障害者にも性欲はある

Ok, Good高齢者や障害者であっても普通の人間と同じように性欲は存在します。

しかし、発散する場は限られています。
自分で動いたり、服を脱いだり、意思疎通ができる程度ならば全く問題もなく、彼らも普通の風俗店へと行きます。
しかし、あまり動かず、予約をとることすらままならない人がいます。
介護の現場ではセックスボランティアという存在もありますが、ケアやリハビリの一環としてではなく、お金を出して、その対価として自由に自分の好みの女性と遊びたい、サービスを受けてみたいという望みを強く持っている高齢者や障害者は多いです。

高齢者や障害者の手コキ店の知名度はこれから

高齢者や障害者向けというコンセプトの手コキ店として有名なのが、「ハニーリップ」というチェーン店です。
それ以外の個人経営の手コキ店は少なく、経営は安定していないことが多いです。
高齢者や障害者向けの風俗店は潜在的な需要がある一方で、知名度を上げることがなかなか難しいからです。
高齢者や障害者にとって、性の話題はタブー視されがちです。

自分の身の回りのことに不自由している高齢者や障害者は介助を頼むことはできても、「風俗店で遊びたい」とはなかなか言い出せません。
なので、なかなか知名度を高めることが難しいのです。
近年ではハニーリップを題材にした映画が公開されたり、度々ニュースやコラムでも取り上げられたりすることがあります。
そして、日本は高齢化社会がどんどんと進んでいきます。

他の手コキ店よりも抜群に稼げる!というわけでもありませんが、日給は35000円程度を目指せます。
そして、なによりもこれから伸びしろのあるジャンルと言えます。

稼ぐには固定客をつかもう

お金 金高齢者、障害者向けの手コキ店のバックは高級店レベルで、かなり良い方だと言えます。
しかし、客入り自体があまり良くないので、稼ぐためには固定客を作ることが何よりも大切です。

気に入ってもらうことができれば、長く良い関係を作ることができるでしょう。

お客さんはどんな人?

高齢者、障害者向けの手コキ店にくるお客さんはどのようなお客さんが多いのでしょうか?
まず、高齢者やシニア層はとても多いです。
そして、障害者の種類はさまざまです。

軽度の障害の場合もあれば、重篤な場合もあります。
ほとんど身体を動かせないような人もいます。
また、身体障害者だけでなく、知的障害者や視覚障害者、聴覚障害者の場合もあります。
高齢者、障害者向けの風俗店とはいえ、高齢者、障害者専門というわけではないので、一般のお客さんも来ることもあります。

高齢者や障害者のお客さんの扱い方について

高齢者や障碍者のお客さんはどう扱ったらいいのかについて、紹介していきます。
お客さんの性格も障害の程度も様々なので、あくまで目安です。

勃起がしにくい

緊張や障害、高齢のせいで勃起がしにくいことがあります。
緊張をほぐすような会話ややり取りをしたり、性感マッサージなどをしたりしてみましょう。

風俗嬢があせるとお客さんも焦ったり、緊張してしまったりします。
勃起や射精が思うようにできなかった場合は少し硬くなったことを喜んだり、次は頑張りますね、などと振る舞ったりして、良い雰囲気になるように努めましょう。
延長や次回の指名に繋がることもあります。

女性慣れしていない

高齢者や障害者は普段女性と接する機会が少ない場合が多いです。

なので、女性に対してどう振る舞っていいか分からないことがあります。
風俗嬢ならばなおさらです。
失礼なことや的外れなことを言われたとしても一々腹を立てないようにしましょう。
慣れてくるにしたがって身綺麗にしたり、会話が弾んで来ることもあります。

家族がいることも

隣の部屋に高齢者や障害者の家族がいる状態でサービスをすることもあります。
普通のデリヘルでは考えられない状況です。
もし、プレイ中に高齢者や障害者の体調が急変した場合や扱い方がわらかない場合は頼りましょう。

不潔なこともある

高齢者や障害者だと身の回りに不自由していることが多いです。

なので、不潔なこともあります。
性器が充分に表れていないこともあります。
普通の手コキ店ならばマナーの悪い客と言えますが、高齢者や障害者は無自覚であることが多いです。
性器の皮を剥いたら恥垢だらけだったということもあるので覚悟しましょう。

場合によっては一言断って、ウェットティッシュで拭く必要もあります。

専門用語は嫌われやすい

No, 禁止お客さんにもよりますが、福祉的な専門用語を使うことを嫌う人もいます。
あくまで、風俗で遊ぶ1人の男性として扱って欲しいと望んでいることが多いです。
高齢者や障害者をお客さんとする以上、なんらかの勉強をすることは素晴らしいことですが、だからといって覚えたばかりの専門用語を連発するのが喜ばれるとは限りません。

本強客もいる

高齢者や障害者だからといって、みんながみんな大人しいとは限りません。
力のある人もいますし、本強客もいます。
高齢者であっても障害者であってもルールはルールです。
きっぱりと断ったり、NG客にしたりするのは風俗嬢の権利です。

見せるプレイの要望も多い

手コキ店というと、風俗嬢が手コキをしたり、お客さんのナオニーを見たりすることが多いですが、高齢者、障害者向けの場合は自分で動けなかったり勃起しなかったりすることも多いです。
なので、風俗嬢の裸やコスプレ、ナオニーなどを見たいという要望も多いです。
魅力的に見える脱ぎ方や喘ぎ方なども練習しておくと良いでしょう。

不安は面接で解消をしましょう

高齢者や障害者に性的なサービスをしたことが無いという風俗嬢はほとんどです。

仕事に興味があるのならば不安は面接のときに解消をしましょう。

介助の講習もあります

高齢者や障害者に接したことのない人、介護や介助が未経験の人であっても、最初に講習を受けることができるので、心配する必要はありません。
特に資格も必要ありません。
ドライバーは介護士の資格を持っているので、困った時に相談したり、助けてくれたりもします。

その他は普通の手コキ店と同じ

自由出勤であったり、アリバイ会社を用意してくれたり、体験入店をすることができたりといった待遇は普通の風俗店とさほど変わりません。
気になることはしっかりと確認しましょう。
高齢者や障害者向けというコンセプトの風俗店です。
風俗嬢として稼ぐことに貪欲であることに罪悪感を持つ必要は全くありません。

高齢者、障害者向けの手コキ店は固定客を作るのが鍵!

高齢者や障害者であっても性欲はあります。
数は少ないですが、そのような需要に特化している手コキ店もあります。
介護の経験は問われないので、興味があればチャレンジしてみましょう。

中には自分ではほとんど動けないお客さんもいます。
普段女性と接する機会がほとんどないお客さんもいます。
どうやったら喜ばすことができるのか、柔軟に考え、工夫していきましょう。
まだまだ知名度が少ないジャンルですが、だからこそ、固定客を作ることができれば、安定して稼ぐことができるでしょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする