AV女優はマイナンバーや税金に関してどうしてるの?

AV女優は他の一般的なお仕事と比べたら高収入ですが、いくらAV女優でも避けて通れないものがあります。
そうです、税金です。
当然ですが税金を支払わなければ「脱税」になってしまいますが、AV女優は税金はどうなっているのでしょうか?
マイナンバーと絡めてチェックしておきましょう。

AV女優とマイナンバー

AV女優はマイナンバーや税金に関してどうしてるの?マイナンバー制度は一人一人に個別の番号が与えられ、年金や税金など社会保障を確認するためのものです。
正直、この制度を厄介なものだと思っている人は少なくはないでしょう。
サラリーマンなど、会社勤めの人にとってはそこまで影響のあるものではないのですが、自営業、フリーランス、そしてAV女優。

いわゆる給与所得ではなく、収入が不規則な人にとってはマイナンバーのおかげで自分がどこからどれだけ収入を得ているのか、簡単に把握されてしまうのです。
会社側が誰にどれくらいお金を支払ったのかもマイナンバーで簡単に確認出来ますので、AV女優とてマイナンバー制度は税金的な意味ではあまり好ましいものではないでしょう。
簡単に言えばマイナンバー制度のおかげで行政側が個人の収入の流れを簡単に把握することが出来るようになったのです。
似たような業種の風俗でもマイナンバー制度によって困っている女性が増えています。

風俗店に勤める風俗嬢は大半がお店と契約書を結ぶのではなく、いわゆる日雇いのような形式となっています。
もらうお給料は源泉徴収されていますので、確定申告を行えば支払った税金が戻ってくるかもしれません。
一方で、税金を払っていなければ税金を払っていないことがバレてしまうのです。
税務署から「確定申告を行っていますか?」といった催促がやってきますので、後日修正申告にて対応することは出来るのですが、一昔前のように簡単に逃げ切れるものではなくなっているのです。

AV女優とマイナンバー

ではAV女優はどうでしょうか。
風俗店の場合、風俗店とと風俗嬢の間で契約書を交えているケースは実は稀です。

そのため、風俗嬢側としてもどのような契約形式なのか理解していない人が多い事でしょう。
その点AV女優の場合、プロダクションや事務所に入る際、契約書を交わしますので、契約書を確認しておけば自分がどのような形での契約になっているのかが分かります。
契約書を交える際、大手の優良プロダクションともなればマイナンバーの提出も求められるでしょう。
そして支払ってもらうお金は源泉徴収されていますので、年度末に確定申告を行うよう求められます。

確定申告を行えば、収入や控除等の状況に応じてお金が戻ってくるケースもあれば、逆にお金を支払わなければならないケースもあります。
この点はケースバイケースです。
そのため、節税対策を行っているAV女優も多いです。
確定拠出年金に積み立てたり、あるいはふるさと納税を上手く活用するなどして少しでも節税をと考えているのです。

そっくりそのまま税金として取られるくらいであれば、何かしらの対策を取って支払う額を減らすのではなく、控除を増やすことで次年度の税金を減らすという対策です。
話は逸れましたが、それはやはり大手と呼ばれているようなプロダクション程度なもので、そこまで規模が大きくはないプロダクションではマイナンバーのことは触れられないケースもあります。
この背景にあるのは、マイナンバーがそこまで普及しなかった点にあります。
結局はマイナンバーは義務にまでは至っていません。

行政側としても普及させたい気持ちは持っているものの、当初の書類の遅れなどもあり、そこまで普及していないのです。
もしもマイナンバーがしっかりとした制度として普及していれば、これ以上ないくらい行政側は楽でしょう。
ですが幸か不幸か思った程普及していないため、義務とまでは言えないのです。
つまり、マイナンバーの提出を言われないプロダクションもあります。

脱税は少々厄介です

撮影 カメラマイナンバーの制度はまだまだ普及していないとはいえ、だからといって税金を支払わなくて良い訳ではありません。
特に気を付けなければならないのは確定申告を行わないことです。
特に何も言われないので大丈夫だろうと思っている人も多いのですが、税務署の調査力は半端ではありません。

お金の流れに関しては強く追跡します。
所属しているプロダクションが何も言ってこないと言っても、結局プロダクションとしても年度末などに会計業務を行います。
その際、お金の流れを税務署に提出しますので、誰にどれくらい支払ったのかも申告しているのです。
しかもすぐに「確定申告をして下さい」と告げられるのであれば良いのですが、時差がありますので自分が忘れた頃になって急に確定申告の催促が来ることがあるのです。

そして、確定申告を行っていないということは、「脱税」になるので気を付けましょう。

個人事業主として

つまり、AV女優はいわば個人事業主といっても過言ではないのです。

プロダクションに所属しているとはいえ、事実上個人事業主になりますので、税金対策はいろいろとやりようがあるのです。
これらをしっかりと説明してくれるようなプロダクションはそうそうないでしょう。
大手程度なものです。
その点でも入るのであれば大手プロダクションの方が安心でしょう。

まず、単純に交通費は立派な「経費」です。
電卓タクシーであれ電車であれ、仕事のための移動にかかったお金は当然ですが「経費」になりますので、それらのレシートや領収書は残しておきましょう。
また、衣装も経費として認められる可能性が高いです。
撮影の際に着用していないとはいえ、仕事に行く際に着用するものであれば当然ですが「仕事で使った服」になりますので、それらを購入した際には同じようにレシートや領収書を残しておきましょう。

意外な所では携帯電話やスマートフォンの料金です。
プロダクション関係者やマネージャーと連絡を取るのであれば、「仕事の連絡に使ったもの」になりますので、全額とまでは言いませんが経費として計上出来るでしょう。
先に確定拠出年金やふるさと納税での税金対策をお話しましたが、経費もまた、立派な税金対策です。
AV女優として働くということは、個人事業主として働くことを意味しているのです。

そこまで教えてくれる人があまりいないので、「私はAV女優」だと思っても「私は個人事業主」だと意識している人は少数派でしょう。
ですがベテランAV女優ともなればマイナンバー云々ではなく、いずれは確定申告を行わなければならないことを理解していますので、年末になってからや、あるいは確定申告の時期になってからではなく、常に領収書やレシートを取っておいているのです。

まとめ

マイナンバー制度によってAV女優で働く時も税金に関して意識せざるを得ない状況になっています。

かつてのように何となくなぁなぁで済むような状況ではなくなりつつありますので、プロダクションや事務所が何も言ってくれないとしても、せめて領収書くらいは残しておくようにしましょう。
領収書は、いわば「お金を使った証拠」です。
領収書がなければ、本当にお金を使ったとしても「証拠」がないので税務署を説得出来ません。
税金は収入に応じて高くなりますが、節税によって税金を抑えることが出来れば、自分の使えるお金は増えます。

AV女優のお仕事は楽ではありませんが、せめて領収書くらいは保管しておくよう心掛けておきましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする