キャバクラといちゃキャバは仕事内容は同じ?どんな違いがある?

最近ではキャバクラから派生したお店として「いちゃキャバ」と呼ばれるお店が増えています。
いちゃキャバは「いちゃいちゃ」と「キャバクラ」の略で、要するにいちゃいちゃ出来るキャバクラという意味です。
キャバクラではお客さんが女の子におさわりすることは禁止ですが、いちゃキャバではそれが認められているのです。
仕事内容をしっかりと理解しておかないと、働き始めてから「考えていたのと違った」となってしまうので、両者の違いを知っておきましょう。

この記事では、キャバクラといちゃキャバの仕事内容とお給料の具体的な違いをご紹介します。

キャバクラといちゃキャバの仕事内容とは?

質問キャバクラは女の子がお客さんと一緒にお酒を飲んで会話をするお仕事です。
実はキャバクラの場合、お客さんが女の子に触るのは禁止されています。
話の流れで肩や手を叩いたり、女の子によってお客さんのひざに手をのせたりすることもありますが、もともとのルールでは一切禁止なのです。

一方、でいちゃキャバがキャバクラと大きく違うのは、お客さんから女の子へのおさわりがオッケーだという点です。
そもそもお客さんからのおさわりオッケーのお店として、いちゃキャバよりも前にセクキャバというお店が増えました。
セクキャバは、キャバクラのようにお客さんとキャバクラ嬢が一緒にお酒を飲んで会話を楽しむサービスに加えて、キスや胸揉みがオッケーなお店です。
ただし、下半身へのタッチは禁止ですし、当然風俗のようなヌキ(射精)は無しです。

いちゃキャバの仕事内容は、キャバクラとセクキャバの中間のようなイメージです。
つまりサービスはキャバクラ以上、セクキャバ未満ということになります。
簡単に言えば、服の上から胸を触るくらいのおさわりはオッケーだけど、キスや下半身へのおさわりは禁止です。
ただし、このようないちゃキャバとセクキャバの境界線はとても曖昧で、お店によっても微妙に変わります。

いちゃキャバでも、生で胸にタッチさせているお店もありますし、キスも女の子が認めればオッケーなお店もあります。
また、北海道ではキャバクラといえば、他の地域で言うセクキャバと同じ意味です。
お酒を飲んで会話するだけのお店を北海道ではニュークラブと呼ぶので気をつけましょう。

キャバクラといちゃキャバのお給料はどれくらい?

質問そもそもお水系や風俗店のお給料は、仕事内容に性的なことが増えるほど高くなります。

だから、キャバクラよりもいちゃキャバの方が平均的なお給料は高くなります。
それではキャバクラといちゃキャバの給料の目安をご紹介します。

キャバクラの給料

キャバクラの給料は時給とバックによって決まります。
時給はお店のランクによって大きく変わりますが、だいたい都内であれば2,000~5,000円程度が一般的で、平均は3,000円程度です。

時給は、指名数や売上額に応じて変わります。
例えば売上によって時給がきまるお店の場合、前月の売上が0~30万円なら翌月の時給は2,000円、30~50万円なら時給は2,500円という風に、売上が高くなるほど時給も上がるのです。
指名本数で時給が決まるお店の場合は、前月の指名本数20本までなら翌月の時給は2,000円、30~40本なら2,500円という感じになります。
そして、この時給×働いた時間で決まる基本給とは別に、さまざまなバックが用意されています。

例えばお客さんがキャバクラ嬢を指名すると2,000~3,000円程度の指名料を支払うことになりますが、その料金も一定の割合でキャバクラ嬢のお給料になります。
本指名料金のバック率は100%のお店もあるので、指名されるだけで2,000~3,000円稼げるということです。
他にも、場内指名や延長、指名客が入れたボトルにもバックが設定されていることが多いです。
高級店であれば、指名客の売上にもバック率が設定されていることもあります。

また指名客が団体でお店に来た場合、その団体客が使った金額は全て指名嬢へのバックになります。
その場合、本指名客とその集団がお金を使うほどそのキャバクラ嬢もたくさん稼げるということです。

いちゃキャバの給料

いちゃキャバの給料システムも、時給とバックなのでキャバクラと同じです。
ただし、キャバクラよりも性的なサービスをすることになるので、やや時給が高めに設定されています。

都内のいちゃキャバなら3,000~5,000円程度が時給相場です。
地方ならもう少し低めて2,500~4,500円程度です。
都内のいちゃキャバの求人ページを見ると、だいたい「最低時給5,000円」程度になっているので、初心者でもかなり稼ぎやすいと感じられるでしょう。
ただし、キャバクラと同じように実力次第で時給は変わるので、指名を取れない子はすぐに時給を下げられてしまうのです。

入店時の最低時給が5,000円であっても、ずっとその時給をもらえるわけではないことは理解しておきましょう。
このように、キャバクラといちゃキャバの給料システムはほとんど同じで、いちゃキャバの方がやや時給が高いという違いしかありません。
時給が違えばその分稼げるので、服の上からのタッチくらいであれば我慢できる女の子はいちゃキャバで働くのが良いでしょう。

いちゃキャバで働く場合は必ず仕事内容を確認しておこう

お金いちゃキャバの仕事内容は、服を脱ぐ必要はなく、服の上から胸を触られる程度が目安にはなっていますが、具体的な内容はお店によって違います。

いちゃキャバと言っていても、生で直接胸揉みがオッケーなお店もありますし、キスをしないといけない場合もあります。
まず、エッチなことをするお店ほど時給が高い傾向があるので、求人ページを見ていて極端に時給が高いお店は、ハードな可能性が高いと考えておきましょう。
もちろん時給はお店のランクや立地によっても変わるので、働き始める前にかならず面接などでお店の人に細かく聞いておきましょう。
面接のときや、求人ページの質問メールの欄から仕事内容を聞けば教えてもらえます。

ただし、「どんなお仕事ですか?」という曖昧な質問だとはぐらかされる可能性もあるので、「服を脱ぐことはあるのか」、「直接胸揉みがあるか」、「キスをしないといけないのか」を具体的に聞いておきましょう。
お店の人に質問するのがいやなら、「お店の名前+口コミ」で検索をすれば、そのお店を利用したお客さんの口コミを見ることができます。
たとえば「ナマ乳をしばらく触って・・・」などと書いてあれば、そのお店では直接胸揉みをすることになる可能性が高いとわかります。

また、いちゃキャバでもほとんどのお店で体験入店があります。
体験入店をしてみて、考えていた仕事内容と違えばすぐにやめられます。
いちゃキャバは特にお店ごとの仕事内容が違うので、必ず体験入店から始めることをおすすめします。

まとめ

キャバクラといちゃキャバの仕事内容とお給料の具体的な違いをご紹介しました。

仕事内容の大きな違いは、キャバクラではお客さんとお酒を飲んで会話をするだけですが、いちゃキャバの場合は服の上からの胸揉みがあるという点です。
お給料はいちゃキャバの方が少しだけ時給が高めに設定されているので、仕事内容に耐えられてたくさん稼ぎたい女の子はいちゃキャバで働くのが良いでしょう。
ただし、いちゃキャバはお店によってサービス内容が異なるので、働き始めるまえに必ず確認しておきましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする