AV女優は保証制度ってあるの?

AV女優としてプロダクションに所属しても最初から仕事が溢れているわけではありません。
最初は売り込むためのビデオ撮影やメーカーへの挨拶回りに追われますが、そこに儲けは発生しないのでAV女優に支払われる給与も当然ありません。

仕事が来るまで給料が発生しないとなると、せっかくAV女優になっても生活に困ってしまいますよね。
風俗店であれば給与の最低保障をしてくれるお店も多いですが、AV女優を抱えるプロダクションには保証制度があるのでしょうか。
また、AV女優は給与の少ない期間どのようにお金を稼いでいるのでしょうか。

厳しいAV業界!年々安くなる報酬…

線グラフ最近ではAV女優は日陰の存在ではなく、芸能人並みに有名になってテレビ出演を果たすような人も増えてきています。
そのためAV女優を目指す女性も増えていますし、現在活躍しているAV女優のレベルも非常に高いのです。
競争率が高いので軽い気持ちでAV女優になっても仕事が全然ないというケースもあります。

AV女優になりたい人は多いのにAVビデオはなかなか売れない時代になってきています。
無料で見る事のできるアダルト動画が増えてきましたし、自らSNS上に自分の裸やオナニーや恋人とのセックスシーンを公開する人が増えてきたためです。
AV女優は溢れていますが仕事や儲けは減少しているので、全体的な給与水準が低くなってしまったのです。
もちろん人気AV女優は今でも年収500万から1000万稼いでいますが、企画AVばかりに出演している女優などは思うように稼げていないのが現状です。

給与保証制度を設けているプロダクションもあるにはありますが、よほど売れる見込みがあると思われなければ適用されません。
保証制度や簡単な仕事をアピールしている好待遇なプロダクションは誇大広告をしている可能性が高いので注意が必要です。
実際にはAV女優にとって厳しい環境が待っているので、しばらくの間はAV女優以外の仕事で生計を立てる覚悟がいるのです。
風俗嬢とAV女優の両方を募集している求人広告もあります。

AV女優として成功するまで風俗店で働く人もいますが、どちらを本業にするのか曖昧にしてしまうとAV女優は愚か風俗嬢としても成功しにくくなります。
風俗嬢とAV女優は似て非なるものなので、両方のメリットデメリットをしっかり認識してから働き方を決める事が大切です。

AV女優のギャラってどれくらい?

CoinAV女優のギャラは出演する作品のジャンルやプレイの内容によって大きく変わりますが、最も差を付けるのはAV女優の売り出し方です。
AV女優の働き方には単体・企画単体・企画の3種類があり、ギャラや働き方が大きく異なります。
どれが一番良いというものはなく、その人に合った働き方を選ぶのが最も大切です。
アイドルのように知名度が高いAV女優のほとんどは単体女優です。

単体女優はプロダクションに所属してからAV動画を作るメーカーと1年単位で契約をします。
契約するとメーカー以外のAV作品に出演することは許されませんが、メーカーが月に1本の仕事を振ってくれるので安定して稼ぐことができます。
単体女優が人気になればAV動画も売れるのでメーカー側は契約した女優を一生懸命売り出します。
そのためデビュー作の前にグラビア雑誌にAV女優を載せたり、イベントを開いたりしてくれるので芸能人のような人気を得たい人には向いています。

作品の内容を凝らなくても女優のネームバリューだけで売れるので、1本あたりのギャラは100万円~200万円とAV女優の中で最も高額です。
企画女優は活躍するAV女優の中で最も多く、その名の通り企画を売りにして作られた作品に出演します。
痴漢やレオタードやレズプレイなど様々な企画があり、視聴者は自分の性的趣向に合った作品を購入するのでAV女優のネームバリューが必要ありません。
そのため1本あたりのギャラも10万~30万程度で給与の保証もありませんが、メーカーに縛られず様々な作品に出演することができるので頑張りようによってはしっかり稼ぐことができます。

フェラチオのみの撮影や顔にモザイクを掛ける素人企画などはさらにギャラが低くなり3万~5万程度のしか稼げない企画も存在します。
ギャラの安いものは主に大学生や主婦のお小遣い稼ぎに使用されることが多く、企画女優だけで生計を立てるのは難しいので副業として活用するのがオススメです。
企画女優からデビューすると単体女優になるのは難しいので、単体女優を目指している人は仕事が早く来ても受けない方がいいでしょう。
企画単体女優も企画女優の一種ですが、単体女優に引けを取らない程に人気や知名度が高いのでネームバリューだけで作品が売れるAV女優です。

そのため企画女優でありながら単体作品に出演するのでギャラは30万~60万と高額です。
しかし、単体女優のように毎月決まってオファーが来るわけではないので安定して稼げるわけではありません。
1本当たりのギャラとして支払われるのではなく日給で支払われるので、1日に撮った作品を3分割されて売られても給与は変わりません。
その代わりに撮影が短く終了しても日給保証してもらえるので契約した給与が支払われます。

企画単体女優を目指すのは短期間にしっかり稼ぎたいと考える人なので、ずっと企画単体女優を続けている人はいません。
単体女優は毎月高額なギャラの仕事がもらえるので安心ですが、契約以上のお金は稼げないので多くの作品に出たい人や顔バレしたくない人には不向きです。
企画女優は頑張れば頑張っただけ稼ぐことができますが、顔バレNGなどの条件が付くとギャラが一気に下がるのでAV女優だけでは十分に稼げません。
企画単体女優は単体作品に出演できるほどネームバリューのあるAV女優なのでギャラも高いですが、長期間AV女優として活躍したい人には不向きです。

AV女優と掛け持ちできる仕事

女性 唇AV女優だけで生計を立てる事が出来ている人は少なく、どちらかというとAV女優を副業として本業を別に持っている場合が多いのです。
AV女優だけで稼げていたとしても寿命が短いので、引退後も働くことのできる環境を整えておく必要があります。

AV女優だけでなく他の仕事も年齢を重ねるごとに採用されにくくなるので注意しましょう。
最も兼業しやすい職業は風俗嬢です。
実際にAV女優の多くは風俗店で働いている人も多いですし、AV撮影の練習にもなり給与も高額なので一石二鳥なのです。
ただし、風俗店によってはお客さんのマナーが悪く、勝手に撮影をされてしまいインターネット上に投稿されてしまうなどの危険があるので、高級ソープや高級デリヘルなどお客さんの質が高いお店を選ぶと安心です。

撮影がない期間にも安定してお金を稼ぎたい場合は出稼ぎ風俗がオススメです。
1週間ほど地方に派遣されて風俗嬢として働きます。
出稼ぎの場合は給与保証が設定されていることが多いので、例えお客さんがあまり来なくても安定して稼ぐことができるのです。
しかし、風俗嬢もAV女優と同じように寿命の短い仕事なので引退後は別の仕事を探す必要があります。

OLなど普通の昼職に就く人やAV女優時代から兼業している人もいます。
その他、引退後から新しく始める仕事として人気なのが介護士です。
介護の仕事は楽ではありませんが無資格であっても働きながら資格取得出来たり、人員が常に足りないので仕事が見つからないことが多いからです。

まとめ

AV女優になりたい人は年々増えてきていますが、アダルト動画の市場規模は狭まるばかりなのでAV女優の競争率は高いのです。
ギャラも以前に比べて低くなり、売れているAV女優であっても年収1000万円稼げれば良い方です。
人気女優でも稼ぐのが大変なので、AV女優の給与保証制度を設けているプロダクションは滅多にありません。

AV女優には3種類あり、ギャラや稼ぎ方も様々です。
単体女優はメーカーと1年単位で契約し毎月コンスタントに仕事を貰うことできる上にギャラもAV女優の中で一番高いです。
企画女優は様々な作品に出演し顔だしNGやフェラだけなどの企画もありますがギャラが低く収入も安定しません。
企画単体女優は頑張りしだによっては単体女優よりも稼ぐことができますが寿命が短いのが特徴です。

生計を立てるために風俗嬢とAV女優を兼業する人が多く、中でも出稼ぎ風俗は撮影の合間に安定して稼ぐことができるのでオススメです。
AV女優だけでは生計が立てられないので、OLや介護士などを本業にしながら合間でAV女優として働くのも一つの手です。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする