チャットレディの面接はカメラテストが一般的?採用基準ある?

チャットレディはパソコンひとつで高収入を得られるお仕事ですので、女性に人気のバイトです。
副業としてOLが働いていたり、自由な時間が多い学生がたくさん働いています。

そんなチャットレディにも、働きはじめる前に面接があります。
一般的には「カメラテスト」と呼ばれているもので、このテストに合格しなければチャットレディデビューはできません。
簡単に稼げるイメージのチャットレディですが、どんな採用基準があるのか?
このカメラテストでは、どんなことが行われるのか?

色々と気になりますよね。
在宅・通勤どちらのスタイルを選んでも、面接は避けて通ることができません。
これからチャットレディに挑戦してみたい女性は、きっと役に立つ情報だと思いますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

カメラテストって何するの?

パソコンチャットレディはインターネットが整っている環境であれば、誰でも始められるお仕事です。
ですがお仕事を始める前に、5分~10分くらいのカメラテストが実施されています。
カメラテストを行う目的は、「画質」と「音声」がしっかり届いているかチェックすることです。
WEBカメラを通して、女性がきれいに映っているか?

マイクの音はしっかり入っているか?などを確認します。
男性と話している間に給料が発生するシステムですので、配信に不具合があっては大変です。
待機中の映り具合によっても、指名されるされないに関係してきますので重要なステップとなります。

カメラテストの流れとしては、パソコンにWEBカメラを設置してカメラテストブースにログインするところから始まります。
しばらくすると面接官がログインするので、簡単な挨拶をして画像のチェックなどを行います。
この時に身分証の提示を求められるケースが多く、応募した人物と同一であるか本人確認をします。
また年齢制限を設けているサイトもあるので、画像を見て問題がないかチェックされていることもあるようです。

この流れや目的については、サイトによって異なるので口コミなどを事前に見ておくとスムーズに進みます。

チャットレディに講習はある?

チャットレディには、風俗店のような講習はありません。
店長からの講習があるのでは…と不安に思う女性も居ますが、スタッフから説明を受けて終わりです。

お仕事を始める前に、仕事内容や待遇などについて分からないことは質問することができます。
未経験者ですと、仕事の進め方やパソコン操作に手間取ることもあるでしょう。
講習はないけれどマニュアルはきちんとありますので、不安なくお仕事をスタートすることができます。

採用基準はある?

パソコンこのように在宅チャットレディの場合、カメラテストを簡単な面接代わりにしているところも多いようです。
チャットレディをやってみたいけれど、面接に落ちないか心配になる女性もたくさん居ると思います。
サイトによって採用基準はさまざまですが、一般常識のある女性であればほぼ全員採用されるので大丈夫です。
基本的には「男性と楽しく会話ができればOK」ですので、難しくはないと思います。

ただし1~2割の女性が、下記の理由で不採用になるケースがあります。

年齢が採用基準とかけ離れている

厳密な年齢制限がなくても、あまりに老けて見える場合は厳しいかもしれません。
サイトにもコンセプトがあるので、イメージを崩すようなビジュアルでは困ります。

カメラテストを行う際には、しっかりメイクをして万全の状態でのぞみましょう。

インターネット回線が悪すぎる

カメラテスト中に、何度もネット回線が途切れると減点の対象となります。
本番でこんな事態があると、男性からのクレームに繋がります。

さまざまなプロバイダがありますが、あまりに不安定な回線では難しいと判断されます。

当たり前の敬語が使えない

面接官と会話をするときに、敬語が使えない・受け答えができないとアウトです。
画面越しの男性と話すのがお仕事ですので、ここが一番見られるポイントです。

初対面でも感じがよく、もっと話したいという印象を持たれることが大切です。

ルックスは関係あるの?

顔やスタイルに自信がなくて、面接で落ちてしまうかも…とネガティブになってしまう女性は少なくありません。
やっぱりカメラテストでは可愛い子しか採用されないのでは?と考えてしまうこともあるでしょう。
実際の採用基準においては、サイトによって全くボーダーラインが違うので何とも言えません。
なかには顔立ちやスタイルを重視したところもあり、厳選された女性を揃えているところもあります。
ですが通常のチャットレディであれば、会話しているときの姿や受け答えが良ければ問題はありません。

自分の良さをちゃんと分かってくれるサイトに登録して、きちんと稼ぐことが大切です。

採用されるにはどうしたら良い?

質問面接で合格するためには、まずチャットレディというお仕事の醍醐味を理解しておくことです。
登録している男性は、女性と楽しんで会話をしたり、アダルトにおいてはちょっとエッチなことも期待しています。
会ったこともないのに、どれだけ興味を持ってもらえるか?というのは、その女性の魅力にかかっています。
まずは第一印象を良くするために、きちんと身だしなみを整えて清楚な雰囲気をつくっておくことが大切です。
面接官も、言ってみればWEBカメラ越しで初めてお話をする相手です。

少しでも良い感じの女性だな!と思ってもらえるような工夫をしてみてくださいね。

通勤チャットレディは落ちることもある?

通勤チャットレディをする場合は、代理店・プロダクションと契約することになるので必ず面接が実施されます。
給料はこれらの所属元から支払われるので、面接は避けて通れません。

面接はチャットルームの事務所であったり、近くの喫茶店やファミレスなどで行われます。
都内ばかりではなく、どの県にもライブチャットの代理店は展開されているのでとても便利です。
実家暮らしの女性や、家にパソコンがない女性などは、設備が整っている通勤チャットレディがオススメですよ。
ただし代理店選びを間違えると、全然稼げないこともあります。

面接は複数受けるようにして、お店の雰囲気やスタッフの質をチェックするようにしましょう。
面接で聞かれることは、稼ぎたい金額・NGサービス・アダルトorノンアダルトか?
という簡単な内容です。
難しいことは聞かれませんが、アダルトの場合はどこまでのプレイができるのか事前に決めておきましょう。

実は代理店で面接を受ける場合、面接で不採用となるケースは珍しくありません。
チャットルームを提供するに当たり、その場所やパソコンなどさまざまな働く環境をお店は用意しています。
稼げないチャットレディを置いておくわけにはいけないので、ある程度の基準で女性を採用するのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
チャットレディのカメラテストや面接で、質問されることはある程度決まっています。
スムーズに受け答えができるように、あらかじめ答えを準備しておくと良いでしょう。
カメラテストとは言っても、どんな女性であるかしっかりチェックされています。

ここは気を抜かずに、チャットレディのお仕事について下調べするなどやる気をアピールしましょう。
アダルト系になると、風俗と同じようにコンセプトが明確に分かれています。
清楚系・ロリ系・人妻系・熟女系のどこがマッチしているのか?
代理店もさまざまですので、自分のカラーに合った稼げる場所を探すことが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする