キャバクラは売上や指名を貰わないと稼げない

キャバクラの給料は時給制で、しかも普通の仕事よりもはるかに高い時給が設定されているのでとにかく出勤さえしていればある程度稼げるお仕事です。
しかし普通の仕事と違うのは、キャバクラのお給料は売上や指名をもらった数によって大きく変動するという点です。
当然ナンバー入りするような人気嬢はお客さんから指名をたくさんとっています。
一方でお客さんから全く指名がとれずお茶を引いているか、ランカー嬢のヘルプばかりやっているような女の子の時給はどんどん下がってしまいます。

この記事ではなぜキャバクラで稼ぐために売上と指名が重要なのかご紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

キャバクラの給料システムを理解しよう

キャバクラの給料システムは普通の仕事とは違う独特な制度になっているので、まずは基本的なことを理解しましょう。
キャバ嬢の給料は時給とバックによって決まります。

時給

砂時計お店で働いたときの、1時間あたりのお給料です。

だいたい相場としては2,000~5,000円程度が一般的で、平均は3,000円程度です。
このシステムは普通のお仕事変わりませんが、キャバクラの時給はそのキャバ嬢の成績によって大きく変動するという特徴があります。
ほとんどの店では、入店した時に最低時給や保証時給が設定されていますが、お店で働き始めてからの指名料や売上によって時給はすぐに変わっていきます。

バック

バックとはお客さんが支払った金額の中から一定の割合でキャバ嬢に還元されるお給料のことです。

つまり働いている間にお客さんにたくさんお金を使ってもらえれば、その分自分の給料を増やすことができるということです。
バックはお店によって決まりが違うので後ほど詳しく説明します。
キャバ嬢の給料は時給とバックによって決まりますが、その全てがもらえるわけではなく、お店から支払われる前に自動で差し引かれる項目もあります。

雑費と送迎代

雑費とはお店の家賃やメイク室の設備、衣装など、キャバ嬢が仕事をするためにお店が用意してくれている設備の費用です。

送迎代はお店が送迎してくれるための車代やドライバーさんのお給料のことです。
お店によって雑費も送迎代も決まりが違うので入店する前に必ず確認しておきましょう。

源泉徴収

源泉徴収というのはキャバクラに限らずどんなお仕事でも必ず引かれるものです。
簡単に言うと、どんなお仕事でも稼いだ金額の中から一定の割合で税金を国に支払わなくてはいけないのですが、それをひとりひとりが計算するのは面倒なのでお店がまとめて支払ってくれているのです。

キャバクラの場合、一律お給料の10%と定められていることが多いです。
ここまで説明した通りキャバ嬢の給料は時給+バックから雑費、送迎代、源泉徴収を差し引いたものになります。

時給は売上と指名の数で決まる

電卓キャバ嬢の時給は売上と指名の数によって大きく変わります。
お客さんからたくさん指名を取れる人気嬢は、多くのお客さんをお店に呼び込んでくれるということなのでお店にとっても重要な存在です。

だから指名をたくさんとったり、売上をたくさんあげたりしてくれる女の子に対しては、お店も時給を高く設定してお店を辞めないようにするのです。
キャバクラではだいたい指名の数か、売り上げに応じて時給を定めています。

指名ポイント制

指名ポイント制とは、指名された本数ごとにポイントを定めていて1ヶ月間に貯めたポイントに従って時給をきめるシステムのことです。
例えば「本指名:2ポイント、場内指名:1ポイント、延長:1ポイント、同伴:1ポイント」なら、1日働いて本指名2回と場内指名1回を取れれば計5ポイント稼いだということです。

そして1ヶ月間の間に貯めたポイント数に従って翌月の時給が決まります。
時給例:
月のポイント 0~20 :時給2,000円
月のポイント 20~40 :時給2,500円
月のポイント 40~60 :時給3,000円
月のポイント 60~80 :時給3,500円

売上制

指名本数ではなく売上に応じて時給が決まるシステムのお店もあります。
時給例:
月売上 0~30万円 :時給2,000円
月売上 30~50万円 :時給2,500円
月売上 50~80万円 :時給3,000円
月売上 80~100万円 :時給3,500円

このシステムで売上としてカウントされるのは指名客の売り上げです。
つまり結局のところ指名をたくさん取れないとたくさん稼ぐことはできないということです。
ただし、売上制の場合は一人の指名客が大金を使ってくれればその分稼げるので、このシステムを採用しているお店でナンバー入りする嬢には太客が多いという特徴がいます。
さらにこの指名ポイント制と売上制を併用しているお店もあります。

実際、指名がすくない嬢は売上も少ないですし、指名がとれれば売上も高くなります。
つまり、どんなシステムのお店であって、結局はたくさん指名をとれないと稼げないということです。

稼ぎたいならバックも重要

バックは、お客さんが支払った金額中から一定の割合でキャバ嬢に還元されるシステムです。
風俗業界では一般的なシステムで、風俗嬢の場合は完全歩合制なのでサービスを頑張ってプレイをたくさんしないとお給料が0円になってしまう日もあります。

キャバクラの場合は時給があるので、お給料が0円になってしまうようなことはありませんが、バックをどれだけ稼げるかによってお給料は大きく変わります。

本指名バック

お客さんがキャバ嬢を指名するときには本指名料金がかかります。
本指名料金は3,000円程度ですが、100%バックされるお店もあるので、積み重なれば馬鹿にできない金額になります。

場内指名と延長バック

場内指名は本指名よりもやや料金が低めに設定されています。

1,000~2,000円程度が相場ですが、この料金もキャバ嬢にバックされます。
延長も料金が発生するので、キャバ嬢にバックされる場合があります。

ボトルバック

本指名のお客さんが入れたボトル料金のうち、10%~15%がキャバ嬢にバックされます。
例えば10万円のボトルをいれてくれれば、それだけで1万円程度稼げるということです。

たくさんお金を使ってくれる太客を捕まえることができればその分稼ぎやすくなるということです。

同伴バック

電卓お客さんと同伴出勤をすれば、そのまま店内でも本指名をしてくれるので、2,000~5,000円程度がバックされるお店もあります。
なお、ほとんどのお店は本指名バックとは同時に併用出来ないなので、気をつけましょう。

売上バック

指名客の売上がバックされるお店もあります。

このシステムを採用しているのは主に高級店です。
例えば本指名客が友達を4人連れてお店に来た場合、その4人の売上全てがバックされます。
高級店に来る客層は、やはり富裕層の友人と来店することが多いので、1組で数数十万円使ってくれる子も珍しくありません。
このようにバックされる項目はお店によって異なりますが、指名をとれなければバックを稼ぐのも難しいということがわかります。

どの項目にバックが設定されているのか、どれくらいの%なのかはお店によって違うので、働き始める前にかならず確認しておきましょう。

まとめ

なぜキャバクラで稼ぐために売上と指名が重要なのかご紹介しました。
キャバクラでは売上と指名の数次第で、時給とバックの金額が大きく変わります。
時給制だからといってただ適当に働くのではなく、がっつり稼ぎたいなら指名をたくさんとれるようにがんばりましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする