人妻系風俗店で採用してくれる年齢は何歳まで?見た目次第?

人妻女性が風俗嬢として働くことができる年齢の上限は何歳でしょうか。
30歳、40歳、いやいやもっと上の年齢層でも風俗店の求人はあります。

見た目が綺麗だったり可愛いかったりすればもちろん問題はありません。
しかし、60代募集の求人もあるのです。

繁盛している熟女系

最近の風俗店では「熟女系」が一つのキーワードになっています。

熟女という年齢層は広いのですが、40代以上を熟女と言うことが多いです。
50代の女性でも、見た目が若ければ歓迎されます。
ただ、風俗店の面接は見た目重視ではなく、人柄で決まります。
お客さんに喜ばれるサービスを提供できる女性が望まるのです。

風俗店のサービスは性的サービスだけだと思われがちですが、実は違います
高齢層の男性が風俗店で性的サービスを受けても「勃たない」ことが多いでしょう。
恋愛求められるのは家族団らんのような暖かさです。
奥さんに先立たれて毎日寂しい思いをしている男性も少なくありません。

心の隙間を暖かく埋めてくれるのが熟女系風俗店です。

本当にある60代募集

熟女系の風俗店では募集年齢層が高いです。
40代は当然ですが、60代という年齢層でも募集が少なくありません

先ほど述べた通り、来店する男性客の年代が高いので、40代の女性では「若すぎる」ためです。
男性客は自分より10歳程度若い年代の女性を望むことが多いです。
最近の高齢化や健康志向から70代の男性でも元気に生活をしています。
そんな男性層が熟女系の風俗店を利用しています。

募集はしていても綺麗だったり、可愛いかったりしなければ無理ではないかと思われるかもしれません。
しかし、そんなことはないのです。
若すぎることがむしろ採用の障害になることも少なくありません。

出稼ぎ歓迎

とはいえ、熟女系風俗店が充実しているのは東京や大阪と言った大都市圏です。
地方都市には風俗店自体が少ないため稼ぐことが難しいでしょう。
しかし、そんな地方都市在住の熟女の方にもチャンスはあります。
上京すればいいのです。

風俗店の多くは、稼ごうとして上京する女性に寮などを提供しています。
出稼ぎも歓迎なのです。
風俗店で働いていることは当然周囲には内緒にしたいはずです。
地元ではなく、東京のような大都市圏であれば周囲に埋もれるため、目立つことはありません。

プライバシーの観点からも出稼ぎは望ましいと言えるのではないでしょうか。

需要がある熟女系

恋愛風俗嬢の募集サイトの中には40歳以上限定の求人サイトもあります。
ネットで検索すれば探すことは難しくありません。

熟女系の風俗店は女性が不足気味で、常時募集をしているお店もあるほどです。
採用してくれるのだろうかと不安に思う前に、このようなサイトをチェックすることをお勧めします。
きっと自分にマッチした風俗店が見つかり、稼ぐことができるはずです。

どうして?

とはいえ、熟女と言われる40代以上の女性にとっては、自分のような年齢層がどうして求められるのか理解に苦しむかもしれません。
しかし、お客さんである男性のニーズは幅広いのです。
自分の母親と似た年齢層の女性に可愛がられたいという願望をもつ男性も少なくありません。
また、美魔女と呼ばれる女性のように年齢は関係なく美貌を保っている女性も少なくありません。

もちろん、必ずしも美魔女である必要はありません。
肌が弱い女性はお肌のケアをしっかりしているでしょう。
そのような女性は年齢を重ねても肌年齢は衰えていないことが多いです。
人妻系風俗店が一番「欲しい」人材と言えます。

若い娘を避ける草食系男子

ネットの記事などで「草食系男子」という言葉を聞いたことはありませんか?
単におとなしいというだけではなく、何かと「オクテ」の男子です。
この手の男子は同年代の女性を避けます。

一緒にいて疲れるからです。
これに対し、40代以上の女性ならば、自分の母親同様に安心できます。
このような男性は増加しつつあります。
若さが必ずしも集客力には結びつかないのです。

同年代を望む高齢層

高齢層の男性は資力があります。
大企業とはいかなくても、正社員として定年まで勤めあげれば大卒初任給を上回る年金をもらっています。
ただ、自宅にいると奥さんに煙たがられることが多いことも事実です。

定年後に趣味を始めようとしても長続きするとは限りません。
お金はあっても心の隙間を埋める人はいません。
そんな高齢層の男性は風俗店に向かいます。
ちょっと考えてみていただければお判りでしょうが、高齢層の男性が自分の娘と同じような年代の娘と遊ぼうとは思いません。

40歳以上限定の求人サイトがあると先ほど述べましたが、このように需要は多いです。
年齢を気にせず風俗店の面接を受けてみてはいかかでしょうか。

大きく稼げなくても生活には十分

50代以上の女性が風俗店で稼ごうとする場合、あまり大きな稼ぎは期待できません。

しかし、大きく稼げないとしても生活を維持し、将来の貯金をする程度の稼ぎは期待できます。
1日に10万円単位の稼ぎができるのは30歳まででしょう。
しかし、1か月に10万円単位の稼ぎが確実に期待できるのが風俗店です。
それは、50代であっても、60代であっても変わるものではありません。

サポート確実

風俗店勤めをしようとする40歳以上の女性の多くは、風俗嬢の経験者でしょう。
そのため、業界のことはある程度知っているはずです。
かなりのブランクがあるとはいえ、業界の仕事内容は変わるものではありません。

とはいえ、まったくの新人も少なくありません。
しかし、新人の方も心配無用です。
お店では、新人の方に対してサービスの教育をしています。
心配なことがあれば、風俗店の面接の際に何でも聞いてみてください。

こんなこと聞いて大丈夫だろうかと思うかもしれません。
しかし、面接担当者は何を聞かれても親切に応えてくれます。

プライバシー重視

風俗店で働く際に心配なのがプライバシーでしょう。

風俗店のプライバシー保護は万全です。
アリバイ会社を作って名刺などを発行することもあります。
大手の場合は、本当に会社を作って「勤務」させることもあるほどです。
風俗店のWEBを見ていただければわかりますが、顔を出さない女性が大半です。

遠方からの出稼ぎなどで顔を出しても大丈夫と言う娘もいますが、出さなくてもいいのです。
女性の住む寮も完備し、送迎もしてくれます。
だから、安心して稼ぐことができるのです。

生活相談にも乗ります

パソコン風俗店で働こうとする40代以上の女性の中には生活資金に困っている人も少なくないでしょう。
そんな女性も、風俗店で働くことで心配なく暮らせるようなります。
40代以上の女性を対象にする風俗店には、生活ができないから風俗嬢になりたいという女性が少なくありません。
面接担当者も慣れていますから、現状を確認したうえで、どの程度の勤務であれば生活に困らないかというアドバイスもしてくれます。

どんな悩みでも相談できる相手ができることも風俗店の魅力と言えるのではないでしょうか。

経験者ならさらに優遇

風俗店のサービスは一種独特のものがあります。
若い綺麗な娘でも、サービスの良し悪しで指名客の有無が決まるのです。

もし、以前風俗店で働いた経験があれば、優遇されることは間違いありません。
新人はだめだというわけではありません。
としかし、経験者の場合は講習や研修の必要がないため、即戦力として最初から稼ぐことができます。
スタートダッシュが効くということですね。

まとめ

人妻系風俗は30代が限度と言われることがありますが、必ずしもそのようなことはありません。
最近は高齢者も風俗店に通うようになりました。
ただ、高齢者男性が高校生のような若い娘とプレイしても面白くありません。

求められるのは自分より多少若い年代の女性です。
場合によっては30代でも「若すぎる」と言われかねない世界がここにあります。
50代60代でも活躍の場があるのが人妻系風俗店です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする