人妻風俗嬢が引退する理由は?貯金や返済はできたの?

人妻風俗嬢の「デビュー」理由は様々です。
貯金や借金返済が理由であったり、生活費の補てんであったりします。

それらの目標を達成したら無理に風俗店で働く必要はなく、引退という選択ができます。
ただ、場合によってはもっと別の理由もあり得ます。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

目標達成で寿引退

人妻の女性に限りませんが、風俗店で勤めようとする時には何らかの事情があります。

特に若い時にデビューするのではなく、人妻としてある程度の年齢を重ねてからデビューする女性はお金の理由であることが少なくありません。
しかし、風俗の職場はそんな悩みを持った人妻女性の目標を叶えることができます。
お金の問題で風俗デビューをした女性にとって、目標を達成すれば、必ずしも勤め続ける必要はありません。
風俗店の仕事はそれなりにリスクがあります。

そのようなリスクを乗り越えて目標を達成した女性に対しては、花束を贈呈して引退を祝いたい気分になります。

デビューの理由

人妻系の風俗店にデビューする女性の中には、どことなく暗い影を感じる人がいます。
若い女性がデビューする理由は深刻なことは少ないでしょう。

借金しかし、人妻女性の場合は借金返済のような深刻な理由であることが多いです。
30代から40代の女性がパートなどで働いても年収は100万円前後でしょう。
その範囲で何とかなればいいのですが、それではどうしようもないことがあります。
特に技術や資格のない女性が、大きく稼ぐ職場としては風俗店しかないのが実情です。

やむなく風俗店にデビューするということは少なくありません。
お店としては、あまり暗いイメージを持って仕事をされても困るのでできる限りのサポートをしています。
そうすることで、次第に仕事にも慣れて女性も明るくなっていくことが普通です。

達成したら引退

この場合、目標を達成したら引退することが多いです。
自分から好き好んで風俗の仕事を始めたわけでなければ、理由もなく稼ぎ続ける必要はないのです。
風俗の仕事はいろいろなリスクがあります。
病気のリスクもあれば、妊娠のリスクも否定できません。

お店や組合などで衛生面のバックアップはしていますが、それでも防ぎきれないことはあります。
また、家族にバレるリスクもあります。
自宅の借金や生活費の補てんという理由であればまだしも、家族にコッソリの借金であればバレたら大変です。
目標達成までの道のりは大変だったことでしょう。

「寿」という文字がマッチしているといえるのではないでしょうか。

再デビュー?

風俗の仕事をしている女性は、たまに大ブレイクすることがあります。
容姿が優れていたりして人気が高くなるのです。

この場合、AV女優のスカウトが来ることがあります。
お店側と何らかの合意をして、女性はめでたく再デビューです。
家族にバレたりするリスクはかなり高くなるでしょうが、稼ぐ金額は桁違いになります。
もちろんAV女優としてデビューした人妻が、売れなくなり風俗嬢として再デビューすることも少なくありません。

無理やり引退

同じ引退でも「無理やり」辞めさせられることもあります。
理由はいろいろです。
先ほど述べた通り、風俗の仕事はリスクがあります。

そのリスクが現実に起こってしまった場合、仕事を続けられなくなることもあります。

バレた

風俗店は女性のプライバシー重視のためにアリバイ会社などを準備しています。
しかし、バレることはあります。

風俗店のブログなども定期的に更新していた人妻風俗嬢が、ある日突然姿を消すことがあります。
その多くは家族にバレたことが原因です。
バレる理由は様々です。
風俗の仕事をしていると、お客さんが性的スポットを刺激するため、女性ホルモンが゛活発化することがあります。

顔色がよくなったり、色っぽくなったりします。
すると、旦那さんなどが怪しんで興信所などに尾行依頼することがあるのです。
プロが調べれば、奥さんの行動は丸裸にされます。

結婚

借金こちらも一種の「寿」と言えるかもしれません。
人妻風俗店とはいえ、実際には離婚経験がある女性が少なくないのです。
その「元人妻」が人妻に復帰することもあります。
通常、再婚などをするといったんお店から去ります。

ごくたまに旦那さんが生活等のために公認している場合もゼロではないです。
しかし、こんなことはレアケースです。
悪い理由ではないので、ブログなどで「お別れの挨拶」をして引退することが多いです。
ただ、資金面などで風俗店にデビューしたのであれば、目標が達成できたのかどうかは心配です。

目標も結婚も達成した「ダブル寿」であればいいのですが…

妊娠

お客さんに本番をさせて間違って妊娠した際には堕胎します。
しかし、旦那さんとの子供ができると引退です。

風俗の仕事は妊娠中にはできません。
無理に続行すれば、おなかの子供に悪影響を及ぼします。
この場合、家族などにバレたかどうかは関係なく引退しますから、目標を達成できないことが多いです。
多くの場合、出産後落ち着いたら再デビューすることが多いです。

風俗店は子供さんを預けて仕事をする女性がいることから、託児所を設けたり、提携していたりすることが多いです。
今、多くの会社で女性が子育てと仕事の両立を実現できるように環境整備をしています。
風俗店はその観点ではリーディーングカンパニーと言えるのではないでしょうか。

出戻りもあります

事情はともあれ、いったん風俗店から引退した後に、再度働き始める例は多いです。
人妻系の風俗店で働く女性の何割かは「経験者」です。
経験がある女性は講習などの必要がありません。
また、若いころに大手風俗チェーンで働いていた経験がある女性であれば、面接もスムーズに進みます。

出戻りと言えばあまり聞こえがよくありません。
しかし、風俗の仕事は魅力があることも事実です。
高収入と日払いというダブルのメリットがある女性の職場が他にあるでしょうか。

高収入の魅力

一度引退した風俗店に再デビューする女性が多いのは、その高収入さが理由です。
昔のことを知らない男性と結婚し、特に不自由のない生活を送っていても、パートでコンビニなどのパートの収入は少ないです。
一度日給1万円単位の仕事を覚えてしまうと、他の仕事をする気がなくなることも事実でしょう。
勝手のわかった「古巣」であれば、仕事の不安もありません。

アリバイ対策が整っていることもわかっているため、旦那には「いい仕事が見つかった」と言って働き始めればいいのです。

経験者優遇

風俗店は「未経験者」を重宝します。
しかし、店の女性がすべて未経験者だったら、そのお店は潰れかねません。

結婚講習費用も時間もお店の負担だからです。
人妻風俗店の魅力は、働く女性だけではなく経営サイドとしても同様に魅力的です。
本当の素人集団に比べれば、人妻はお客さんへの対応もしっかりしており、経験者であれば技術も申し分ありません。
しかも経験者であっても「新人」として再デビューさせることができるので見栄えもいいです。

未経験者は重宝されますが、風俗店の本音は経験者優遇なのです。

昔取った杵柄は強い

実際に再デビューする人妻風俗嬢も昔のテクは健在です。
旦那に「フルサービス」をすると「昔、何やってたんだ」と怪しまれます。

そのため、ずっと控えていたであろう本能が復活するのです。
お客さんの側もぎこちないサービスの女性より、手際いい女性のサービスの方が嬉しいことは間違いありません。
比較的スムーズにナンバーランキングに登場し、再度稼ぎまくることも少なくありません。

まとめ

人妻風俗嬢は引退までに相当の金額を稼いでいるはずです。
目標達成とともに引退するのであれば、正に寿引退と言っていいでしょう。
しかし、志半ばで辞めざるを得ない人妻の女性もいらっしゃいます。
その理由は様々ですが、再度働けるようになれば再復帰も十分あり得るでしょう。

経験者優遇の職場ですから、チャンスがあれば稼ぎ直したいですね。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする