SMクラブに夫婦で来る客って結婚生活どうなってるの?

SMクラブは、結婚している夫婦が利用することもあります。
結婚生活での性交渉は、それぞれの夫婦の趣味によって変わるものですし、その趣味がSM傾向のあるものであったら、SMクラブを夫婦で利用することもおかしいことではありません。
とはいえ、SMクラブに夫婦が来店したならば、「結婚生活はどうなっているの?」と不思議に思うことでしょう。
SMクラブに夫婦で来る客の結婚生活や性生活の状況を紹介します。
夫婦はそれぞれにいろいろな事情を抱えているものですが、SMクラブ通いをしていることで意外とうまく行っている家庭もあるようです。

SMクラブはどんなプレイをするお店?

SMクラブに夫婦で来る客って結婚生活どうなってるの?SMクラブは、基本的にはお客さんの希望に応じて、SかMの役割を演じて性的な興奮を高めたり、射精に導く風俗店です。
特に変わった性的趣味を持った人の集まる風俗店なので、一般的な風俗店とは違った客層となり、風俗嬢としても特殊なテクニックや性質を持っていることが望ましいとされています。
特別にSかMの性癖まで持っていなくても働くことはできますが、やはり変わったお客さんも多くなり、それを受け入れられなかったり、拒否反応をしてしまうような人は勤めることが難しくなるでしょう。

Sの客にはMの風俗嬢が、Mの客にはSの女王様が

SMクラブでは、Sの性的嗜好を持った客にはM嬢が相手をし、Mの性的嗜好を持った客にはSの女王様が相手をします。
つまり、Sのプレイをしたい客に対しては嬢は奉仕をする奴隷となり、Mのプレイをしたい客に対しては嬢はSの女王様となります。
Sの対応を希望するお客さんに対しては、風俗嬢と客という立場でありながらも、客を足蹴にしたり言葉で罵ったりといったことを行い、客から触れられることも少ない仕事内容となります。
触られないのは楽かも知れませんが、言葉攻めのバリエーションやSMプレイに使う道具の扱いなど、高度なテクニックが必要です。

また、客の性癖を受け入れる器も必要になります。
Sで罵ることはあっても、客の性癖にドン引きしては仕事になりません。

基本はMの需要が多いSMクラブ

SMクラブを訪れる客層で多いのは、自分がSであり、風俗嬢にはMをやってほしいという客です。

そのため、SMクラブではM嬢の需要が高くなります。
また、M嬢は責められたときの反応の良さは必要ですが、自分でプレイを主導することも難解な器具を扱う必要もないため、初心者でも始めやすいものです。

本番プレイはなし

質問SMクラブは、風俗の種類としてはかなり特殊な傾向を持った人の集まる店ですが、基本的にはどんなにハードプレイをしていても、本番行為はありません。

基本的に行うことといえば、少々過激なプレイで刺激して、最終的には手コキや足コキ、またはアナルプレイなどでフィニッシュを迎えるというものです。
M嬢として勤務をしていても、客からむりやりセックスをされることはないことになっています。
ただし、写真撮影やビデオ撮影をオプションに入れている店もあるので、やりたくない場合にはNGプレイにする必要があります。

SMクラブは夫婦で来店できるもの?

SMクラブは、風俗店としてS役、もしくはM役を引き受ける風俗嬢が勤務するお店です。
本番行為はなく、基本的には夫婦の貞操を守ることができ、浮気までは行かないぎりぎりのラインで性的サービスを受けられます。
そのため、夫婦でSM傾向がある場合にも、セックスなしでその趣味を満足させられる店として利用を希望されることがあります。

利用はできるがデリヘル形式が普通

SMクラブを夫婦で利用するには、風俗嬢と夫婦が出会う必要があります。
しかし、主な男性向けの風俗店では女性が来店するのを拒む傾向です。
SMクラブでもそうした店はあり、来店型のSMクラブでは夫婦同伴での来店は難しいことがあります。
そのため、夫婦でSMクラブを利用する場合には、デリバリーヘルスと同じサービスを行っている店が多く利用されます。

SMクラブもデリバリーの店が多く、その場合には自宅やホテルなど、お客さんが指定した場所に赴くことになります。
そうした場合には、夫婦が風俗嬢と3Pを楽しむこともあるようです。

SMクラブは離婚の危機にも救うことにも

SMクラブを夫婦で利用することは、男性のみが風俗嬢と出会うことにもなりませんし、二人きりで恋愛関係になることも少なくなります。

そのため、夫婦関係を円満にするために利用されることも多くなります。
夫婦のどちらかがSM嗜好があれば、離婚の危機にもなりかねませんが、どちらの希望も満足させられれば、離婚の危機を救うサービスになることもあります。

夫婦で性癖が似ているとSMクラブは重要

夫婦のなかには、2人の性癖が似ていることもあります。

恋愛結婚をしたものの相手の性癖の相性が悪い場合には、夫婦間のセックスは満たされないものとなります。
そういった場合には風俗嬢を間に挟むことで解決することもあります。
SMの嗜好をもった夫婦ではありながらも、2人ともS、もしくはMの性癖がある場合には、SMクラブから風俗嬢を派遣してもらい、夫婦2人で楽しむこともあるようです。
Mカップルの場合にはSの女王様が2人を攻めます。

SMクラブではどんなプレイが行われてる?

SMクラブでは男性一人の利用だけでなく、夫婦での利用も画期的なものです。
SMクラブとの出会いが離婚の危機を救うことだってあります。
少々異質な夫婦のようには見えますが、それでうまく行っていることもあるのです。

女王様に2人で攻められる夫婦

No, 拒否夫婦揃ってMのカップルの場合には、2人がSの女王様から責められることを希望することもあります。
もちろん反対もあります。
性的嗜好が合っている夫婦は相性が良いとなりますが、「受け」と「攻め」の傾向が同じ場合には第三者の介入によってうまく行くこともあるのです。

風俗嬢と3Pで楽しむ

SMクラブを利用する夫婦は、風俗嬢とともに夫婦がプレイを楽しみます。
3pを行うだけでなく、夫婦のどちらかが視姦するプレイもあります。
いずれにせよ、呼ばれた場合には夫婦の希望するプレイに従って、SもしくはMになってサービスを行います。

寝取られ属性の夫婦も来店

結婚している男女にとって異性との出会いは不倫や浮気の土壌となりますが、SMクラブを利用することでそれを回避しつつ性的な満足を得ることもできます。
寝取られ属性の夫婦も風俗嬢が相手であれば、安心してその傾向を楽しむことが可能です。
旦那に風俗嬢をあてがうことで、寝取られの気分を安心して味わうことができ、夫婦間は安定させたままで危険な性的興奮を楽しめます。

今ではカップル喫茶やハプニングバーなどの利用も可能ですが、相手がプロの女性の方が安心して継続利用が可能となります。
寝取られの他に、見られたい願望などを満たすこともできます。

まとめ

夫婦でSMクラブを利用することは、やはり多少異様な気もしますが、意外とメリットは多く、それでうまく行っているカップルもいます。

健全な夫婦生活、家庭の運営に必要なこともあるのです。
SM趣味を持つことは世間からはあまり一般的ではないと思われてしまいますが、夫婦の趣味、傾向の違いがある場合にはSMクラブを利用することでその問題を解消できることもあります。
利用するカップルは多くありませんが、そうした夫婦の性癖に付き合うことで、もしかしたら夫婦の危機の脱出を助けられるかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする