キャバクラで常連客を繋ぐためにセックスするって本当の話?

キャバクラでお給料をたくさん稼ぐためには、多くのお客さんから指名を取らないといけません。
そのためどのキャバクラ嬢も、お客さんが指名してくれるように接客を頑張っています。
指名客の確保はキャバクラ嬢にとって一番重要な仕事ともいえるので、中にはセックスをしてまで常連客をつなぎとめているキャバクラ嬢もいます。
この記事では、キャバクラで常連客を繋ぐためにセックスをするメリットとデメリットを紹介します。

常連客を繋ぐためにセックスするキャバクラ嬢はいる?

キャバクラで常連客を繋ぐためにセックスするって本当の話?先に結論から言ってしまうと、常連客を繋ぐためにセックスをするキャバクラ嬢はいます。
キャバクラ業界で俗に「枕営業」と呼ばれる方法です。
そもそもキャバクラでは、お客さんと疑似恋愛をすると指名を取りやすくなります。

ただ一緒にお酒を飲んで会話をするだけで満足してくれるお客さんもいますが、恋人と過ごすような甘い雰囲気を求めているお客さんも多いのです。
そういうお客さんには、できるだけ親しくなって恋人気分を味あわせてあげるのが指名を取るために有効です。
いわば「恋人接客」と呼ばれる接客方法ですが、程度の差はあっても、ほとんどの人気嬢はこの手法を使っています。
そうやってキャバクラ嬢の恋人接客を受けたお客さんは、本当にキャバクラ嬢を好きになることがあります。

付き合いたいという願望を持つ人もいますが、大半のお客さんは「セックスしたい」と考えます。
だから、お客さんと親しくなって常連客が増えるほど、セックスの誘いも増えます。
もちろん直接「セックスしたい」と言ってくるような人はあまりいませんが、店外デートの誘いなどはほぼセックスをするためのものです。
キャバクラ嬢は風俗嬢ではないので、お客さんとセックスをすることは仕事ではありません。

しかし、セックスに応じないとお店に来なくなってしまうお客さんもいるので、それが怖くてセックスをしてしまうキャバクラ嬢もいるのです。
また、お店から指名のノルマに追われていて、どうしても指名を取らなくてはいけない状況でセックスをするキャバクラ嬢もいます。
どういう理由であっても、お客さんとのセックスはサービスの範囲外なので、自己責任で判断をしないといけません。
お客さんとセックスをすることにはメリットだけではなくデメリットもあるので、どちらが自分にとって重要なのか慎重に判断しましょう。

キャバクラ嬢がお客さんとセックスするメリット

質問キャバクラ嬢がお客さんとセックスすることの最大のメリットは、来店に繋がって指名を取れるという点です。
ただし、セックスする相手はしっかりと見極めないと、逆に指名を失ってしまう可能性もあります。
お客さんは、セックスしてしまうとそれで満足して、キャバクラ嬢に興味を失うことも多いのです。

これはキャバクラ嬢に限った話ではありませんが、男性は一度でもセックスをするとその女性への関心を失います。
それは恋人にしたいと思うような女性以外への興味は、ほとんど性欲によるものだからです。
お客さんとセックスをする場合には、指名につながるどころか、指名を失う可能性もあるということは理解しておきましょう。
あまりオススメできることではありませんが、お客さんとプライベートでセックスをして、お店を通さずにお小遣いをもらっているキャバクラ嬢もいます。

お客さんの中には、ブランド品やお小遣いをちらつかせてセックスを求めてくる人もいるのです。
もちろんセックスをしないといけないので風俗嬢と同じとも言えますが、お店を通さずに直接お金をもらえればキャバクラのお給料より稼げる場合もあります。
ただし、お店を通さずに直接金銭のやりとりをするのは、キャバクラ店では禁止されています。
もしお店にバレた場合、クビになるだけではなく罰金を求められる可能性もあるので気をつけましょう。

キャバクラ嬢がお客さんとセックスするデメリット

Ok, Goodキャバクラ嬢がお客さんとセックスする理由の大半は、指名に繋げるためです。
しかし、お客さんとセックスをしても指名につながらない事も多いのです。
なぜならお客さんは一度セックスできたキャバクラ嬢のために、わざわざお金を払ってお店に行ってあげようとは思いにくいからです。

だから「指名するから」とか「高いボトル入れるから」などと言われても100%信じてはいけません。
特に来店数が少ないお客さんには気をつけましょう。
キャバクラ嬢と仲良くなり、プライベートでセックスすることを目的にしている男性もたくさんいます。
そういう男性は一度セックスできればもう興味を失い、新しい標的を探しに行ってしまいます。

そうなってはキャバクラ嬢にとってはヤラれ損です。
お客さんとセックスをする場合は、長期間本指名をくれていて、これからも通ってくれそうな人だけにしましょう。
しかしそういうお客さんを見分けるのはとても難しいので、セックスすることを引き伸ばすことによって指名に繋げたほうがよい場合もあります。
もっと仲良くなればセックスできるかも」とお客さんに思わせられれば、そのお客さんは何度もお店に来てくれます。

そうやって指名をとっているキャバクラ嬢もたくさんいます。
そしてそのお客さんが我慢の限界になって「もうお店行かない」と言い出したら、切るのが良いでしょう。
何人か指名客を抱えていれば、わざわざセックスしてまで一人をつなぎとめる意味はまったくないのです。
セックスはしたくないけど指名をつなぎとめたいキャバクラ嬢は、この手法で指名客を確保しましょう。

また、プライベートでお客さんと身体の関係を持つということは、お店とは関係がない場所でのことなのでトラブルが発生した場合でも誰も助けてくれません。
そもそもキャバクラでは、同伴以外でお客さんとキャバクラ嬢が直接会うのはNGです。
プライベートで会っている時点で、キャバクラ嬢と客の関係ではないので、自己責任で行動しないといけません。
たとえばお客さんから酒を飲まされてヤられても、それを盗撮されてても誰も助けてくれません。

避妊せずに中出しされて妊娠してしまっても、お店は助けてくれませんし、お客さんはたいていヤリ逃げします。
さらに最近ではネットの掲示板でセックスしたことをバラされてしまうリスクもあります。
男性は、自分がセックスした相手のことを自慢したがるのです。
その書き込みを他のお客さんに見られたら「枕やってんの?おれともしようよ」などとしつこく誘われてしまうかもしれません。
スタッフや同僚のキャストに見られたら、陰口を叩かれてお店の居心地が悪くなります。
お客さんとセックスをする場合には、このようにさまざまなリスクがあります。
セックスをしたからといって絶対に指名につながるわけでもないので、はっきりと言ってしまえばあまりメリットがない行為です。

セックスをしないで人気嬢になっている女の子はいくらでもいるのです。
それでもセックスをしないといけないような状況に追い込まれているようであれば、普段接客方法を改善したり、他のお店への移籍を考えたほうが良いでしょう。

まとめ

キャバクラで常連客を繋ぐためにセックスをするメリットとデメリットを紹介しました。

指名客を繋とめるためにセックスするキャバクラ嬢もいますが、セックスをしたからといって絶対に指名を取れるとは限りません。
むしろセックスしたあとはお店に来なくなってしまう可能性の方が高く、お店にバレるリスクややり逃げされるリスクもあります。
だからよほどの理由がない限り、お客さんとセックスすることはおすすめできません。
それよりもセックス以外の方法で指名を取れるように努力しましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする