単体AV女優は基本は個室待機が許される身分

AV女優の中にもランクがあり、ランクの高いAV女優の方がいろいろな面で優遇される身分となります。
AV作品に出演する際にもらえるギャラの高さが違うのはもちろんのこと、撮影中の待遇も違います。
もっともAV女優の中でランクが高くて、優遇されているのは「単体女優」と呼ばれる人たちです。

彼女たちは撮影時にも個室待機が許されており、撮影中に大勢で集団待機をする必要がありません。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

AV女優のランクの違いと待遇

単体AV女優は基本は個室待機が許される身分AV女優は人気商売であり、この業界で売れるのは並大抵のことではありません。
しかし、人気が出ると収入はもちろんのこと、撮影中の待遇も他の女優よりも良くなり、快適に出演できるようになります。

AV女優のランクは、出演方法や作品に何人の女優が一緒に出るかによって、単体(一人で一作品、期間契約で出演)女優、企画単体(一人で一作品だけど単発)、企画(複数の女優で出演、単発企画モノ)に分かれています。

企画女優はランクが低くて待遇も低め

企画女優は、中でもランクが低くて待遇もあまり良くない女優です。
一人の力ではAV作品を作り上げて売ることができず、複数のAV女優の出演で構成された作品に出演します。

撮影の現場ではたくさんのAV女優が集まり、待機時にはみんなでワイワイと集団待機しています。
作品1本に対して複数の女優が短時間ずつ出演するため、費用面でも一人当たりの単価は低くなり、お給料も低めです。
そのため、低予算のAVではありがたい存在となり、働き方としてはアルバイトや副業が多くなります。

企画単体女優はそこそこの待遇

企画単体女優は、単体、つまり一人でひとつの作品を作れても長期の契約を結べるほどでもない女優のことを言います。
企画女優よりは待遇が良くなるものの、単体女優ほどは高待遇ではありません。
ただし、期間契約をメーカーとしているわけではないため、いろいろなメーカーを跨いで出演できます。
そのため、人気が高くなればどんどん出演をこなして、もっとも稼げるようになれる可能性を持っています。

人気女優も多い優遇された単体女優

単体女優は、一人でひとつのAV作品に出演すると言うだけでなく、メーカーと契約を交わして契約期間中は独占的にそのメーカーの作品にのみ出るようになります。
他の女優が日当でギャラをもらうのに対して、単体女優だけは1本当たりの出演料という形でギャラをもらいます。
撮影が延びても金額は変わりませんが、単価が高く、人気によって高額収入も可能なお仕事です。

人気が出れば芸能活動のチャンスもあり、アイドルのような仕事も舞い込んでくる可能性があります。
また、もっとも待遇も良く、撮影時にも快適な環境で過ごすことができます。

単体女優の撮影時の待遇

ランク単体女優のAV撮影中の待遇は、企画女優や企画単体女優よりも良いものですが、具体的にはどんな待遇が用意されているのでしょうか?

女優一人で撮影をこなす

単体女優は女優一人でひとつの作品の撮影をこなす、いわば「主役」の女優です。
朝から撮影が終わるまで、いくつもの撮影シーンをこなします。
絡みも1日に数回あることが多く、待機する時間は短く、撮影日はずっと忙しく過ごします。

メイク担当も休憩ルームも専用

単体女優は、唯一の女性出演者として、メイク担当者がつきっきりで休憩中も個室待機が基本で、悠々と過ごすことができます。
通常はメイクルームでメイク担当者と過ごし、メイク担当者がメイクから女優の世話をこまごまとこなします。
男優もいますが、男優は他のスタッフと過ごすことになるため、メイクルームでの休憩は女性である女優だけのものです。

女性優遇の業界でトップの待遇

個室待機は、企画女優でもできることはありますが、待機以上に良い待遇を持つのが単体女優です。
基本的に女性優遇の業界であるAV業界の中でも、トップクラスの待遇となります。
撮影終了後の送りも女優の自宅まできちんと行われますし、休憩中の軽食なども好みに合わせて用意してもらえます。

売り出しも大々的で、アイドル的な扱いを受けられることもあります。
企画単体でも人気女優はいますし、高待遇もありますが、売り出し方はそれほど大々的には行われないのが基本です。

企画女優は集団待機が基本

企画女優は、一度に複数名の女優が集まって撮影する現場となるため、集団待機が基本となります。

出る作品もその人一人の魅力では売れないため、いろいろな企画が組まれることとなり、過激な内容も多くなります。
集団待機では、女優が複数人集まって過ごすので、静かにゆったりはできませんが、ワイワイと会話をしたり、それぞれに音楽を聴いたりゲームをしたりして過ごします。
複数の女優が出演しているため、一人あたりの待機時間が長くなることもあります。

単体女優のメリットデメリット

撮影 カメラ単体女優は一人で作品を売ることができるため、それだけ優遇された環境となります。
ただし、良い面だけでなく困ったこともあるため、目指す場合にはデメリットまできちんと把握しておくことが必要です。

メリット①高待遇で快適に撮影できる

単体女優のメリットは、高収入、高待遇で快適に撮影を行えることです。

また、契約も長期間なので、安定的な収入と計画的な出演ができます。
専門的にAV女優をしたいと思っている人にとっては良い環境であり、女優として大切にしてもらえる感覚も味わえます。

メリット②有名になって芸能人になれるチャンスも

単体女優はAV業界の中でも数少ない存在であり、売り出しも大々的です。

そのため、うまくすればアイドルのようになって活躍することも可能となります。
AV女優は芸能界を目指す人の足がかりとしてジワジワと人気が出ていますが、アイドルのようになりたいなら、単体女優になるのがベストです。
ただし、企画単体女優でも出演本数をこなすことで単体女優を超える人気となることもあります。

デメリット①顔バレは必須

単体女優になるには、女優自身の魅力をアピールする必要があり、顔出しは必須となります。
テレビや雑誌などで売り出すこともあり、誰にもばれずにAV女優で稼ぎたい人には不向きです。
名前は芸名で隠すことが可能ですが、少なくともパッケージではメイクやヘアセットで飾った姿を見せることになりますし、売り出しのためにメディア露出の必要もあります。
企画女優は、一人で出ることはありませんし、顔出しNGでも出演できるものがあるので、顔バレを拒むなら企画女優として働くしかありません。

デメリット②忙しくて肌が荒れる

Good, BadAVの撮影では、男優とのセックスシーンがあるたびにシャワーを浴びます。
単体女優は、1日に何回もの絡みのシーンを撮影することが多く、そのたびにシャワーを浴びることになります。
そのため、肌が乾燥しやすく肌荒れに悩まされることも多いものです。

また、撮影は早朝から深夜にかけて行われることもあり、生活リズムが乱れることで肌の調子や体調を崩すリスクが高くなります。
待遇は良いものの、撮影は非常に忙しく行われます。
美容に気をつけなければいけない女優業としては過酷な環境ともいえるでしょう。

まとめ

AV女優は、単体女優になれば非常に良い待遇で働けるようになれます。
企画単体も同じように売れる可能性のあるランクの女優ですが、出演料や待遇面では単体女優がベストです。
撮影中の休憩時間も個室待機でいろいろとメイク担当が世話をしてくれますし、送り迎えなども徹底して行われます。
顔バレや忙しさに耐えられる場合には、単体女優はもっとも安心して働ける境遇と言えるでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする