人妻風俗嬢の為の本番を回避する素股テクニックをご紹介

人妻系のヘルス店では生本番ができる勘違いしている男性客が少なくありません。
素股プレイを本番の承諾と勘違いしてペニスを挿入されることも少なくないですが、女性にとっては性病を含むリスクがあります。
そんなリスクの回避方法として素股があります。

騎乗位が確実

新人風俗嬢が最初に教えられるのが騎乗位素股です。
人妻風俗嬢の最初の壁とも言えるかもしれません。
ただ、仕組みは難しいものではなくお客さんのおなかの上に乗り、お尻の後ろでペニスを刺激するというものです。
お客さんのペニスをしごく動きとともに自分も上下に動くことで、本当に騎乗位で挿入しているような錯覚を起こします。

簡単な割にペニスに刺激を加えることができるため、お客さんの評判は上々です。
また、お客さんを抑え込む形になりますからペニスを挿入される心配はありません。
安全確実な素股テクニックと言えるのではないでしょうか。

ローションはたっぷり

人妻風俗嬢の為の本番を回避する素股テクニックをご紹介他の素股テクニックと共通することですが、ローションはたっぷりと付けることがコツです。

ローションが少ないと手の中でペニスが引っ掛かり、お客さんによっては痛がることがあります。
ローションをたっぷり付けることで、手の中がスベスベになり濡れ濡れのアソコのような状態になるのです。
ローション自体には特別な成分が含まれていません。
しかし、滑りがいいためペニスに対する刺激が無駄なく加わります。

先っぽの亀頭部分からサオの部分までペニスは性感帯の集合体です。
そこの全てに刺激が加わるのですから、刺激の強さは想像がつくのではないでしょうか。

ペニスはお尻の後ろへ

ペニスは堅く立っていますから、変に曲げるとお客さんが痛がります。
そのため、お尻の後ろで立たせるような形を取ります。

最初はゆっくり、次第にスピードを付けて、発射直前に最速の動きになるペース配分です。
素股の動きが単調だと男性のペニスは刺激に慣れて感じなくなってきます。
年配のお客さんだといったん萎えると再度復活させるのは大変です。
ペニスを無理なく背中の後ろに持って行き、お客さんの顔を見ながらスピード調整をするのがベストです。

最後は激しくフィニッシュへ

こうして緩急を付けながらじっくりとお客さんのペニスをローションとともにしごいていきます。
次第にお客さんの顔が苦しそうな感じでゆがんできます。
これが行きそうになった時のサインです。
もう少し焦らして最高の放出をさせてあげるのであれば、ペースをちょっと緩めます。

しかし、放出させるのであればペースを上げて一気に放出させます。
自分の腰の動きも激しくして、大きめの声を上げてフィニッシュするのです。
人妻の風俗嬢によっては、自分も雰囲気に酔ってしまい旦那さんにも聞かせたことのない大きな声を上げることもあります。
演技ではなさそうな声なのでお客さんも大喜びです。

このような素股ができる人妻風俗嬢は大人気になります。

対面座位素股にも挑戦してみよう

ちょっと難しい素股テクニックとして対面座位素股があります。
読んで字のごとく、お客さんと顔を見合わせる形で素股をします。
男性の膝の上に乗り、自分のアソコの割れ目にお客さんのペニスをスライドさせます。

ローションをたっぷり付けるため、お客さんも感じますが自分も感じます。
騎乗位素股は自分が感じることがないのですが、ペニスの竿の部分が自分のクリトリスを刺激するためです。
ペニスの竿に自分のアソコを押し付けるような体制で素股をすることになります。
お客さんのペニスを押し付けるような感じになるため、あまり体重をかけすぎないように気を付けることも大切です。

密着度抜群

ローション対面で座りますから、密着度抜群です。
巨乳系の女性がこのテクニックをマスターすると、自分の胸が素股の動きとともに男性に密着します。
乳房を男性の体に密着させることで満足度が非常に高くなります。
胸だけではなく自分の体を密着させることで恋人同士のイチャイチャ感を作り出せます。

ペニスの先っぽに手を添えて、自分の割れ目に這わせるようにします。
手をローションでベトベトにすることで、亀頭に最大の刺激を加えるのです。
前後に動くため、余り前に出過ぎるとペニスがお尻の下に入り込んでしまいます。
常にペニスの先を自分の掌で包み込むようにすることが大切です。

割れ目で感じさせる

この素股は自分の割れ目でペニスを包み込むようにするテクニックです
騎乗位素股のように手だけのテクニックではない点がお客さんにも好評です。
ペニスを自分の下腹部の下に潜り込ませるため、お客さんの視覚的な喜びも加わります。
お客さんを感じさせるとともに自分も感じるため、本番をしているような錯覚に襲われます。

女性のアソコに実際に挿入したわけではないものの、女性がうっとりした表情を見せるのも男性が喜ぶ理由です。
自分も感じているため、演技ではない「リアル」な表情になります。

手の動きでリアル感を

騎乗位素股同様に、掌の動きをちょっと付けることでリアル感を生みます。
実際にペニスを膣内に挿入し、中で膣壁がペニスに絡みついてくるような感じを出すのです。

もっとも、さほど意識することなく掌で軽く握ったり、指で軽く亀頭部分を触ったりするだけで十分です。
あまり刺激を与えすぎると逆効果です。

正常位素股は要注意

男性にとってもっともリアルな素股の一つに正常位素股があります。
同様にリアルなテクニックとして立ちバック素股もあります。

両者ともに、間違って本番になってしまうこともあるため、新人風俗嬢がいきなりやることはやめた方が賢明です。
正常位素股はベットで自分の股でペニスを挟む素股です。
立ちバック素股は、シャワールームで自分の股にペニスを挟みます。
立ったままの素股なので、ローションを付けすぎて床が滑りやすくなると危険です。

双方ともに上級者向けの素股ですが、お客さんの満足度はナンバーワンです。

男性は喜びますが…

騎乗位素股は新人風俗嬢がやってもわざとらしさがあります。
感じるような演技をしても、実際に感じていないのでチグハグになりやすいのです。
これに対し、対面座位素股は密着感がありますが、リアル感という点では難ありと言えます。

正常位素股も立ちバック素股も、体位としては本番と一緒なのでリアル感は満点です。
当然男性側の人気も高いです。
しかし、言い方を変えればちょっと体位を変えれば本番になってしまいます。
危険性が高い素股テクニックと言えます。

ペニスコントロールは完璧に

両方の素股は共にペニスを自分の太ももで挟み込み、手で亀頭部分をガイドします。
亀頭部分が自分の手から離れたら危険信号なので、すぐに動きを止めて体制を整えることが大切です。
ペニスのコントロールをしっかりすることで生本番されてしまう危険性を低くすることができます。
これがうまくできれば「マスター」の域に達したといえるのではないでしょうか。

視覚で感じさせる

男性 女性対面座位素股がペニスを自分の割れ目に滑らせるのに対し、こちらは太ももの内側で滑らせます。
掌でペニスの先をコントロールする点は対面座位素股と同様です。
本当に膣内に自分のペニスを入れているような視覚面で「感じさせる」のがこの素股の特徴ではないでしょうか。

まとめ

新人風俗嬢にとって素股プレイのマスターは簡単ではありません。

しかし、風俗店のスタッフが親切に教えてくれます。
お客さんも喜びますから、お店としても何とかマスターしてもらいたいのです。
上手に素股ができるようになると、無理に本番をしようとするお客さんは減ります。
素股の方が本番より気持ちがいいからです。

素股テクニックが本番されるリスクを減らすと言えるでしょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする