アイマスク着用のM性感でバイトすれば顔バレ絶対しない?

風俗店で働くことについて迷いのある方は多いでしょうが、その中でも数多い理由の一つとして、「顔バレ」「身バレ」があるでしょう。
風俗に関して、世の中の認知も広まってきましたし、昔ほどの偏見を持つ方の数は少なくなってきましたが、やはり風俗で働いていることを周囲の人、家族や友人はもとより、恋人や会社には絶対に知られたくない、と考えることは、何ら不自然なことではありません。
しかし、多くの風俗店ではキャストの風俗嬢は顔写真を載せていますし、それが普通なのかな?と考える方も少なくはないでしょう。
実際のところ、風俗で働いている女性はこうした顔バレ・身バレのリスクをどのように考えているのでしょうか。
また、風俗で働く上で絶対に身バレをしない、というような方法というのはあるのでしょうか。
この記事では、M性感のお店で顔バレ・身バレをしないための対策について解説していきます。

風俗で働いていることを知られたくない!

アイマスク着用のM性感でバイトすれば顔バレ絶対しない?風俗はずっと昔からある商売でありながら、そこで働く女性は常に偏見を持って見られてきました。
風俗で働くような女性は病気を持っているだとか、風俗で働く女性はセックスが好きだからそういうところで働いているのだというような、心無い声も聞こえます。
また、こうした声が風俗にこれまで行ったことのない男性から発されるというのならまだなんとか納得することもできるかもしれませんが、日頃風俗を利用している男性からも聞こえてくることは、女性にとっては首をかしげる事態といえるでしょう。

とはいえ、いずれにしても周囲に広く知られたくないという思いを持つことは珍しくなく、昼に会社勤めをしていて夜はM性感などの風俗でバイトをしている、というようなWワークの形で風俗嬢をしているような方の場合には、やはり昼間勤めている会社には風俗で働いていることは知られたくないという思いを持つのはある意味で当然といえるでしょう。
また、風俗で働く女性の中には、実は彼氏がいて、彼氏には内緒で風俗でのバイトをしている、という女性も珍しくありません。
こうした場合には、風俗嬢として働いていることが彼氏にバレると、それが二人の関係に致命的な悪影響を与えてしまうこともあるでしょう。
もちろん、彼氏でなくとも、家族や友人でも知られたくないという思いを持っていて不思議ではありません。

最近では風俗店の多くがホームページを持っており、インターネット上に所属している風俗嬢の写真を掲載している場合がほとんどです。
こうした写真を見て、自分の知人である、あるいは、家族や恋人であると発覚してしまう場合もありえるわけです。
もちろん、風俗店側も風俗嬢が身バレ・顔バレをしないように、口元を手やモザイクで隠したり、顔の主要な部分を写さないようにしてプロフィールにしているような場合もあります。

風俗での顔バレ・身バレ対策って?

シークレット風俗において顔バレ・身バレしないための対策には様々な方法があります。
まず、そもそも風俗で働いている、ということがわからないようにするという意味で、風俗店が用意するアリバイ会社を利用するという場合があります。
これは、「風俗店」に所属するのではなく、風俗店が用意する「会社」に所属しているという書類を作ることで、風俗店に所属していることがわかりにくくなるということです。
このときの会社名は、風俗店とはまったく違う名前となるのが一般的です。

これで、たとえばお給料の支給明細のようなものが出された場合であっても、そしてそれが誰かに見られたとしても、一見するだけでは風俗店とバレることはないということになります。
また、M性感を含む風俗店には多くの場合、「NG」制度があります。
これは、風俗店に入ってきて待機室にいるお客さんを風俗嬢がマジックミラー越しに見て、そのお客さんが風俗嬢自身の身内であったり、会社の知人などであった場合にはそのお客さんの接客を拒否するという制度です。
自分の知り合いを見間違えることはほとんどないでしょうから、この段階でNGができるお店であれば、お店のプレイを始めようと思ったら知人だった…というような気まずい思いをする心配はほぼないといってよいでしょう。

ただし、やはりそれでも不測の事態というものは起きるものです。
たとえば顔出し、つまりお店のホームページに自分の顔写真を掲載されていて、それによって彼氏や知人がそれを見てしまったり、あるいは、それを見た彼氏の友人が…などと考えると、キリがありません。
しかし悩ましいのは、やはり風俗店の店舗でするにしろホームページで掲載するにしろ、顔写真があるほうが指名をもらう確率は格段に上がりますし、顔が出ていないよりは顔がしっかりわかるほうが指名をもらいやすいという事実があることです。
絶対にバレたくないあまり、まったく写真を載せなければ、今度は風俗でアルバイトをしていても本指名や写真指名が全然こない…という事態に直面してしまうこともあるでしょう。

思わぬところから身バレすることも!?

叫び 女性風俗店においても、風俗嬢の身バレについてはかなり神経を使っています。
というのも、風俗店は常に人手不足と言ってよく、貴重な人材である風俗嬢が身バレ・顔バレによって辞めていってしまうことは、風俗店にとっては避けたいことなのです。
しかしながら、先に記載したように、写真を見た人がたまたま知人の知人であったとか、恋人の友人であったとか、そういった「偶然」のケースもありますし、本人が見てしまうというケースも後を絶たないでしょう。

また、たとえばアイマスクなどで顔をはっきりとわからなくしていたとしても、特長的なホクロなどがある場合や、目の形など、「その人」と認識できるパーツによって、容易に身バレしてしまうケースもあります。
さらに、繁華街などが集中している場所にお店があるのなら、自分が働いているお店から出て来るところや、お店に入っていくところを目撃されてしまうというケースも無きにしもあらずでしょう。
顔出しをすることで得られるメリットは確かに数多くあり、先ほど記載したような、指名をもらいやすくなるということ以外にも、たとえば風俗情報誌などで表紙を飾ったりすることで、別にギャラがもらえたりといったメリットを受けることもできる場合があるでしょう。
逆にいえば、身バレ・顔バレについては、「風俗で働く以上は覚悟しておくべきもの」ともいえるかもしれません。

実際に顔を合わせて接客をする以上、または稼ぐために写真を使うという決断をした以上は、どうしても顔バレ・身バレの危険性をゼロにすることはできないともいえるでしょう。
当然のことですが、風俗で働く女性がすべて顔出しの写真をつけて働いているわけではありません。
写真を掲載せず、NG制度を使ってほそぼそと続けていくという形であれば、身バレや顔バレの危険性はぐっと下がることでしょう。

まとめ

風俗においては、身バレ・顔バレの危険が常にあるといっても過言ではありません。
それはM性感の店であっても同じです。
顔写真をお店に掲載したり、ホームページで公開することにすれば、そこから身バレ・顔バレする危険性は飛躍的に上がります。
アイマスクや口元をマスクで隠していたとしても、やはり知人はその写真を見れば本人とわかってしまうケースも珍しくないでしょう。

絶対に身バレをしたくない、ということであれば、写真を掲載しないとか、あるいは働くエリアを遠めに設定するなど、自ら周囲にバレないようにする工夫が必要であるといえそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする