18歳高校生が黙ってセクキャバで働いたら違法?

風俗店で働くに当たり、自身の年齢が18歳以上かどうかは非常に重要です。
風営法によって18歳未満の者は風俗業に従事する事ができないからです。
ですが実際には、18歳未満の女性が働いている例は存在します。

働く理由はさまざまあれど、規定年齢に達していない以上はアウトです。
では、18歳には達しているけれど高校生、と言う場合はどうでしょうか。
説明していきます。

法的には可能、けど業界的には不可

法律風営法によると、18歳未満の従業員を接客させる事はできない、と規定されています。
しかし法律のどこを見ても、18歳であっても高校生の場合は働けない、とは定められていません。
なので仮に高校の制服を着た女性が入店を希望しても、法的に何ら問題はないのです。
しかし、例え法律的にセーフではあっても業界的にはアウト、と言うのが風俗業界の考え。

18歳以上であれば入店させてもお咎めなしとは分かっていても、業界の自主規制によって禁止されています。
理由は、高校生を風俗で働かせるのは道義上問題だと考えるからです。
例え年齢をクリアしていても、高校生がキャバクラやセクキャバ、ソープなどでお客を相手にするのは何かと問題視されてしまいます。
第一、PTAや警察などが黙っていません。

特に警察に目をつけられるのは店にとって非常に厄介ですから、あえて危険な橋を渡る事はしません。
学校、警察とトラブルになるくらいなら、18歳高校生であれ一律に入店不可、としてしまった方が良いのは明らかです。
入店の際には身分証明書の提出を求められる事がほとんどですから、そこで高校生だと分かった段階で店は入店お断り、と言ってきます。
まさかいないとは思いますが、年齢を誤魔化すなど身分証明書を偽装するなんてもってのほか。

バレると風営法以外の法律に引っかかってしまいます。
「あの店は高校生を働かせている」などと噂が流れてしまえば、いつ警察に目をつけられるか分かりません。
営業にも少なからず影響するので、店は必ず身分証明書の提示を求めてきます。
しかし、中には年齢確認をしない店があります。

そうした店では18歳未満、あるいは高校生(時には中学生なども)を平気で働かせている可能性が大きいです。
年齢確認をしない店には絶対に入店してはいけません。
仮に入店出来たとしても、給料未払いや待遇が求人と異なるなどのトラブルに遭うリスクも多いにありえます。
18歳以上であっても高校在学中なら風俗店で働く事は出来ません。

また、18歳をとうに過ぎていたとしても高校生(留年や定時制など)であれば、これまた働く事は不可能です。
逆に、高校を卒業(中退)していれば法的にも、業界的にも問題なしです。
退学証明書などを店に提出すれば働けます。

18歳未満なのに働くとどうなる?

法律18歳未満の女性が風俗業に従事している事が警察にバレた場合、その女性はどうなるのでしょうか。
一般的に、女性が逮捕される事はなく、あくまで補導されるだけです。
受ける事と言っても厳重注意くらいなので、そこまで怖い事にはなりません。
一方の風俗店側には、営業停止や経営者など責任者の逮捕と言う、とても重い罰が待っています。

18歳未満であると知りながら入店させた訳ですから、明らかに法律違反です。
ちなみに、違反した店の責任者は、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金、またはこれを併科されます。
また、18歳未満である事を知らなかった事を理由に処罰を免れる事も出来ません。
働く女性にはペナルティはありませんが、店は確実に廃業に追い込まれる、と言う認識で良いでしょう。

学校や親にバレるリスク

多くの学校では、生徒がアルバイトを行うのを認めています。
また、高校生ともなれば親もバイトを許可してくれるでしょうから、お小遣いを稼ぐためにバイトに手を出す高校生は多いです。
いわゆる「健全な」なバイトであれば、学校も親も何も言いません。

ですが、コンビニで働いているなどと嘘をつき、実際はセクキャバなどで働いている事がバレた場合、どうなるか考えるべきです。
警察から学校や親に連絡が行ってしまったら、もう逃げようがありません。
学校からは校則違反だなどと言われて退学させられるかも知れません。
親からはこっぴどく叱られるでしょう。

友人に知られてしまえば、何かと校内で悪い噂が流れる事もあり得ます。
つまり、高校生が風俗で働くのはあらゆる面でマイナスでしかないのです。
単なるお小遣い稼ぎ、あるいはすぐにでも多額のお金が必要な事情があるにしても、高校生が風俗で働くのは避けなければいけません。

違法店の言い訳

時折、風俗店経営者や店長が逮捕されたと言うニュースを見聞きします。
18歳未満の女性を働かせていた事が問題な訳ですが、中には「18歳未満だとは知らなかった」と話す供述する事もあるようです。
知らなかったから刑が軽くなる事はありません。
むしろ、なぜ年齢確認しなかったのかと問われてもおかしくないのです。

働かせる訳だから年齢確認や身分の確認はきちんと行わなくてはいけません。
先にも述べた様に、こうした違法店は(法律などを知ってか知らずか)違反に対する危機感が無いと言えます。
バレる事はない、バレても何とかなると考えてでもいるのでしょうか。
何にせよ、警察にバレればその後すぐに罰が下るため、確実に営業は出来なくなります。

なぜ18歳未満(高校生)を働かせてしまうの?

コスプレ単に法律の知識が無かったから、と言うのは少々無理があります。
おそらく少しでも従業員を増やしたいからとか、あまり重大な事とは考えていないとか、はたまたどんな女性を入店させようが店の勝手だ、と開き直っているのか。
少しでも従業員を増やしたいからと言う理由は、どの風俗業種の経営者も口を揃えて言いたい所ではあるでしょう。

常に女性キャストが不足しているため、来る者拒まずでつい高校生を採用してしまった、なんて有り得ない話ではありません。
また、高校生くらいの若い女性の方が客ウケする、と言う理由もあるでしょう。
確かにそうした需要は風俗全般には存在します。
しかし、ルール無視はいけません。

警察に発覚すれば痛い目を見るのは店ですから、18歳未満(高校生)を働かせるのがいかに重大かを、経営者はよく理解するべきです。

求人にはどう書かれている?

セクキャバを始めとする風俗求人を見てみると、確かにどこも「18歳以上(高校生不可)」と記載されています。
ためしに20程の求人をネットで検索してみましたが、どの求人も高校生の入店を許可していません。

また、年齢確認を必ず実施すると明記している求人が2つありました。
セクキャバだけでなく、キャバクラ、デリヘル、ソープなどの求人も見てみましたが、どれも18歳以上・高校生不可としています。
極めて少ないデータではありますが、高校生を働かせる悪質な求人はないようです。
もっとも、確実にそれが守られているかは別の話ですが、少なくとも求人だけ見ればルールに則っていると分かります。

まとめ

18歳になれば風俗で働ける、と言うのは正解・不正解のどちらでもあります。
法的には18歳以上の風俗業従事は禁止していませんが、風俗業界の自主規制によって18歳でも高校生の場合は働く事を許可していません。
なので風俗で働くなら、法律・業界のルール双方を守らなくてはならないのです。

風俗は短期間に多額のお金が貰える魅力的な仕事です。
お金に釣られてついつい足を踏み入れてしまいがちですが、きちんとした店なら女性の年齢確認をしっかり行います。
それがない店には絶対に入らないのが賢い方法です。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする