ピンサロ嬢の収入を公開!高収入バイトと言えるのか

ピンサロは、風俗系サービスを提供するお店としてはソフトな部類にあたり、がっつり稼ぎたい人には収入面に不安を感じるかも知れません。
ピンサロで稼げる収入を知り、高収入バイトと言っても良いくらい稼げるかをチェックしてみましょう。
ピンサロ店もそこで働くピンサロ嬢もいろいろですが、平均的な日給、月収、年収を紹介します。

稼いでいるピンサロ嬢、貧困にあえぐピンサロ嬢など、個人差は大きいようです。

ピンサロ嬢って稼げるの?お店の給料システムを紹介

ピンサロ嬢の収入を公開!高収入バイトと言えるのかピンサロ嬢は、ピンクサロンというお店で男性客を相手にする女性です。

キャバクラやセクキャバのようなフロアに置かれた席で、一緒にドリンクを飲んだり、おしゃべりしたり、性的サービスを行うのが基本のサービス内容となります。
ソープやヘルスのように個室で長い時間2人きりになることはなく、男性客も短時間の滞在がメインです。
ソープやヘルスに比べるとサービスもソフトになりますが、ピンサロは稼げる給料システムになっているのでしょうか?

ピンサロは風俗店では珍しい時給制

ピンサロと他の風俗店の大きな違いのひとつに、給料システムがあります。
ピンサロの給料システムの基本は時給制であり、出勤さえすればお給料が発生するようになっています。
ヘルスやソープでは客につくことができなければ、「お茶をひく」ことになり、収入は発生しませんが、ピンサロであれば客の有無に関係なく収入を得られるのです。
ピンサロでも指名制度はあり、指名料のバックはあります。

また、フリーであっても客についた本数だけプラスアルファの収入が発生する店もあります。
しかし、基本的には売れても売れなくても一応は稼げるという風俗店では珍しいシステムです。

ピンサロは指名と時給で稼ぐのが基本

ピンサロは、出勤しているだけでも時給が発生しますが、がっつりと稼ぎたい場合には、時給に指名料を合わせて稼げるようになることが基本です。

指名料は、2回目以降に来店した男性客が働く嬢の中から「この子を呼んで」と指名することで発生します。
これを一般的には本指名と呼びます。
また、場内指名という制度を取り入れている店では、初回来店の客でも「さっきの子をつけて」や「もう少しこの子と過ごしたい」と言ってもらうことで指名料が発生します。
本指名の方が料金もバック金額も高くなりますが、場内でもフリーよりは収入を増やせます。

オプションは少なく追加料金はほとんどなし

ピンサロはサービスを行う場所も、サービス内容も限定されており、ヘルスなどで行われているオプションサービスがほとんどありません。
中にはオプションの豊富な店もありますが、男性客の方もリーズナブルに「抜きたい」ことが多く、オプションを使ってくれないものです。
そのため、他の風俗とは違ってオプション解禁では稼ぎにくくなるかも知れません。

バック率は店によっていろいろ

お金ピンサロでは時給に加えて、指名やオプションなどのバック金額で稼ぐことになりますが、バック率は店によって違います。
バックで稼ぎたい人はバック率の良い店を選ぶことが大切です。
また、指名料やオプションの料金設定も多少違っているため、客の支払う金額とバック率で手取りがいくらになるかをあらかじめ見積もっておくと良いでしょう。

若い女性の多い店の方が時給は高いかも

ピンサロのお給料は店のタイプによっても違います。
若い女性の多い店では客入りも良いためどちらかというと時給が高く、若い女性の少ない店では時給は低くなる傾向です。
自分の年齢や店との相性もあるので、無理して若い女性のいる店を目指す必要はありませんが、若くて稼げるチャンスがある場合には時給と店の年齢層も欠かさずチェックしましょう。

ピンサロ嬢の平均的な月収、年収を紹介

ピンサロ嬢のリアルな収入を具体的に見ていきましょう。
ピンサロで働いている女性の平均的な働き方や月収、年収を紹介します。
それ以上稼げる女性もいますし、稼げない人もいますが、高収入バイトといえるかどうかの目安になります。

ピンサロの時給平均は2500円前後

ピンサロの時給は、1000円台から3,000円台が多くなります。
一般的に平均時給は2500円程度となっており、それよりも低かったら女の子の年齢が高かったり激戦区ではない店の可能性があります。
3,000円を超える時給のピンサロはほとんどないので、あまりにも高時給の場合には違法店を疑っても良いでしょう。

ピンサロのバック率は全額~半額程度

ピンサロで得られるバック金額は、指名とオプションです。
男性客が支払う料金としては、指名料が平均で1,000円~2,000円ほど、オプションはハードさによって1,000円~3,000円ほどとなっており、3,000円のオプションは結構ハードなものとなります。
バック率はどちらも全額バックが基本で、指名料に関しては店によって全額~半額程度のバック率が設定されています。

指名バック率の低いお店でも、ボーナスなどで還元されることがあります。

ピンサロ嬢の平均月収・年収例

ピンサロ嬢の平均的な月収や年収を時給やバック金額で計算してみます。
バックなしの時給のみであれば、6時間勤務で日給15,000円程度で、月20日出勤すれば月収は30万円くらいになります。

それにバック料金が発生すれば、プラスアルファで上がっていき、人気嬢なら50万円程度は稼げることもあるようです。
年収レベルで考えたら、月収30万円なら単純計算で360万円です。
しかし、実際にはここまでコンスタントに年間通して稼げないことも多くなります。

ピンサロ嬢でがっつり稼ぐのは体力勝負

ピンサロでは、短時間で男性客に射精をさせるために手コキやフェラを行います。
また、女性も体を触らせることがあります。
一人当たりの客単価は他の風俗よりも安く、回転数で稼ぐことになります。
そのため、出勤すると多くの男性に手コキやフェラを行い、女性器に指を入れられたり体を触られたりします。

常に何らかのサービスを行っている状態となり、非常にハードです。
そのため、フルで働くと疲れてしまい、がっつり稼ぐには体力が必要となります。

ピンサロは稼げるけど高収入にはならないことも

回転 矢印ピンサロは、稼ぐ気になれば稼げるお店ですが、実際に勤めてみると意外と高収入が難しいこともあります。

ハードな仕事となりますし、男性客側のピンサロに対する考え方も稼ぎにくさの原因となっているようです。

回転数が多いため週の連勤がきつい

ピンサロでは、回転数を増やして稼ぐこととなり、ゆったりと会話をする時間もありません。
そのため、接客中はいつでもフェラや手コキをしていることとなり、接客を終えてもすぐに次の接客をすることになります。

そのため、毎日続けて出勤するのは大変で、1日あたりは稼げても、週換算、月換算では稼げないこともあります。
特に花びら回転のお店では、回転数の割にはバック収入が少ないこともあります。
また、花びら回転ではより多くの客につくこととなり、性病リスクなども増える可能性が考えられます。

男性客が指名をしない

ピンサロは低価格な風俗店として見られており、男性客はヘルスやソープのような女の子の質を求めていません。
そのため、基本的には普通の子であれば誰でも良いと考え、わざわざ指名をすることが少なくなります。
借金や貧困からの脱出を目指して自分の力で稼ごうとしている人には、努力の甲斐がないと感じるかも知れません。

まとめ

ピンサロでの収入は一般的な感覚からすると高額ですが、稼ぎにくい面もあり、定期的に高収入を得られないこともあります。
良いお店に当たれば高時給も期待できますが、システムによっては疲れて働けない日も増えてしまいます。
ピンサロは最近では衛生面などに批判もあり、働く環境としてあまり良くないという見方をされることもありますので、総合的に判断して働くかどうかを決めることが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする