M性感のバイトで写メ面接に受かる秘訣はある?

何らかの事情でお金が必要になって、風俗店で出稼ぎやアルバイトをするという選択をする女性もいるでしょう。
最近ではそうした選択はかつてほど非難されることなく、比較的受け入れられつつある傾向にあります。
とはいえ、風俗で働こうという女性自身にも、「いくら風俗で働くといっても、これだけはやりたくない」というような内容のお店もあるでしょう。

そんな中、M性感のお店は、デリヘルやソープなどの他の風俗店のサービス内容に比べて比較的ソフトなサービスを提供しているお店となりますから、有力な選択肢となるケースも多いでしょう。
このようなM性感、マッサージなどのライトなお店で働きたいというニーズはやはり多くあり、それだけに競争率も高めになっています。
風俗業界がいくら常時人手不足に近い状態にあるとはいえ、応募した女性すべてが採用となるはずもなく、採用される女性と不採用となる女性がいることは厳然たる事実です。
その判断がなされる最初の機会といえばやはり、「写メ」でしょう。

この記事では、どのような写メを撮れば写メ面接に通りやすいか、という秘訣について解説します。

ポーズや表情に注意

M性感のバイトで写メ面接に受かる秘訣はある?風俗店などでのアルバイト求人に応募した場合に、写真の提出を指定されることがあります。
これは、一般企業に応募する際に、顔写真を履歴書に添付するのと同じ理屈と考えてよいでしょう。

どうして写真が必要なの?
やはり顔がよくないと風俗で働けないの?
と、不公平感を受ける方もいるでしょうが、風俗店側の立場から考えれば、まったく知らない人物とすべて面接を行っていては効率が悪いですし、ある程度書類(あるいはメール)応募の段階で、応募してきた人物の雰囲気ぐらいは押さえておきたい、と考えるのもやむを得ないでしょう。
さて、最近ではSNSなどに自ら撮影した自撮り画像などをアップロードする方も数多くいるため、スマートフォンがあれば比較的簡単に自撮り自体は行うことができるようになってきました。

また、SNSやインターネットのハウツー記事などでも、「自撮りでキレイに/可愛く写る方法」などが紹介されたりしているため、情報は豊富にあります。
これらの知識を活用するのは大いに行うべきでしょう。
しかしながら、ポーズには制約がある場合がほとんどです。
たとえば正面の画像を指定されているのに、自分は横顔のほうが似合うから、見下ろしのほうが可愛く見えるから、などの理由で、お店側が指定してきている画像が添付されていないと、採用とならないケースがほとんどです。

基本的にお店側の指示には従いましょう。
どうしてもうまく写らないという場合には、カメラの角度を変えるよりも、照明器具を工夫したり、カメラ側のISO感度、フォーカスなどの設定を調整することで、驚くほど綺麗に写真が撮れます。
また、写真に写る際には表情も非常に重要です。
無表情な状態で写真に写ると、どことなく暗くて愛想が悪いような印象を与えてしまうのに対して、軽く口角を上げる程度の「微笑」の表情を作ることで、顔の筋肉も動いて血色がよくなり、明るい印象を与えることができます。

いきなり微笑を作ろうとしてもうまくいかないことが多いので、まずは洗面台などの大きな鏡をみながら表情を作る練習をしてみるのがよいでしょう。

洋服や下着にも気を配る

写真 携帯次に、洋服や下着などのチョイスも重要です。
お店によっては、着衣の状態での写真を一枚、下着姿での写真を一枚、というふうに指定をしてくる場合もあります。

このような場合には、「体型が見えればいいのかな」と考えるのではなくて、やはり自信のある洋服や下着で撮影を行うのがよいでしょう。
もちろん、採用側は体型も見ているので、女性としての魅力を最大限に活用できるよう、比較的肌の露出が多い洋服を選んでみたり、あるいは下着は可愛さ・美しさのある下着をチョイスするとよいでしょう。
補正下着や、部屋で寛いでいるときに着けているような下着での写真はNGと考えておいたほうがよいでしょう。
また、あまり意識されることのない部分ですが、色のチョイスも重要です。

普段福を買う時に「似合う色」を無意識に選択しているでしょうが、たとえば風俗というお店の特徴、そしてM性感という特徴から考えると、たとえば少し大人な雰囲気の色使いをしている写真をチョイスしてみたり、あるいは自分の顔のつくりから、あえて純朴なイメージの色を選択してみたりといった工夫も有効です。
色使いのセンスが問われますが、セレクトしている洋服の色の組み合わせが悪いと、どうしても「垢抜けない」印象がつきまとってしまうため、「どうせ福など大して見られていない」とタカをくくらずに、しっかりとチョイスしていきたいものです。
また、程度の問題はもちろんありますが、ある程度身体のラインを引き立たせてくれる下着の着用はOKです。
代表的であるのは谷間ができやすいブラなどを利用することでしょうか。

こうしたものもしっかりと意識して撮影をすることで、採用を近づけることができるでしょう。

写メ面接で注意するべきこと

注意 マーク最近のスマートフォンの普及や、写真撮影ノウハウの共有、そしてSNSの発達に伴って広まったのは、画像加工・画像修正のノウハウです。
かつてはデザイナーなどの本職の人間しか手を出さなかった画像の加工を、近年では一般のユーザーでも気軽に行うことができるようになっています。

パソコンで行う場合にはPhotoshopなどを使用する方もいますし、そこまで本格的でなくともスマートフォンの画像加工アプリで肌の状態を白くしたり、毛穴を目立たなくしたりといった加工が行われています。
では、こうした加工を行った写真を風俗店に送れば、さらに採用の確率は高まるかというと、実はそうではありません。
風俗業界やアダルトに携わる業界の方々は、そうした「加工写真」を見慣れています。
風俗雑誌やグラビアなどでもそのような修正が行われているからです。

ですので、加工した写真を送ったとしたら、「これは加工だな」とすぐに見抜かれてしまい、不採用となる可能性が高いでしょう。
本来、履歴書などの書類に添付する写真は加工したりしませんので、この一般的な認識と同じと考えれば、写真加工をしようという考えにはなりにくいかもしれません。
良く見せたい、採用の確率をアップさせたいという気持ちはあるでしょうが、そうであればなおさら、写真は加工したりせず素のままのものを送るのが適当といえそうです。

まとめ

写メ面接が行われる風俗店では、顔や体型はもちろんのことながら、まずきちんと風俗店側が指示している形式で写真を撮って納めることが大前提です。
ポーズや角度は必ず風俗店側の指示に従いましょう。
いつもより良い写真を撮りたいのなら、まず照明やカメラ設定などに注意して撮るほうがずっと合理的であるといえます。
また、写真においては表情も非常に重要な要素となるため、口角をわずかに上げて微笑の表情を作る練習をしておくことは、よりよい写真を撮るために有効であるでしょう。

最近では画像加工ソフトや画像修正アプリなど豊富な種類がありますし、その使い方などについてもネット上で公開されているノウハウが数多くありますが、風俗店側はそういった写真を見分けるプロであるともいえます。
画像の加工などはせず、あくまで素のままの自分の写真を送るようにすることが、結果的に採用確率をアップさせることにつながるでしょう。
洋服や下着のチョイスなどにも気を配ると、さらに採用確率が高まる可能性があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする