セクキャバの仕事一本で賃貸は借りれますか?

セクシーキャバクラ、通称セクキャバのお仕事が人気です。
出来高制が多い風俗の世界で、珍しく時給制で給料を払ってくれるという業態が、生活に安定性を求める風俗嬢さんたちにウケているのです。
しかし気になるのは、その社会的身分でしょう。

例えば果たしてセクキャバ嬢の仕事一本をしている自分はアパートやマンションなんかを賃貸できるのでしょうか。
本記事で、すこし調べてみました。

セクキャバ嬢の身分。

セクキャバの仕事一本で賃貸は借りれますか?初めに、すこしとっつきにくいと思われるかも知れませんが、でも重要なこととしてセクキャバ嬢の社会的な身分を考えてみましょう。
もちろんこれを考えるために、女の子はセクキャバのような風俗勤務一本で食べて行っていると仮定します。

そうでなければ「セクキャバ嬢がアパートなどを賃貸できるか」なんてことを考える必要すらないですよね。
学生がセクキャバ嬢としてアルバイトをしているなら、学生として部屋探しをすれば良いだけですから・・・。
さてセクキャバ嬢の社会的身分ですが、結構難しい話に成ります。
多くの場合は「個人事業主」、お店によっては「アルバイト」に成ると言えます。

個人事業主とは、目下の話(風俗業関係)で言えば、お店に「社員、お店の一員」としてではなく、「アウトソーシング(外注、業務委託)」の形で働きに来てもらっているひとのことを言います。
ちょっと難しいですよね。
例えばマク〇ナルドでアルバイトをする場合、お店には「お店の一員」として雇ってもらっています。
お店の一員ですから研修もありますし、店長の言うことを聞かなければなりません。

そういう雇用契約を結んでいるのです。
しかし「アウトソーシング(外注、業務委託)」の形でお店に来ているひとは、このマク〇ナルドのアルバイトのような扱いを受けません。
違いのひとつは、勤め先のお店のひと、例えば男性スタッフに初めから一人前であるかのように、というか「外部のひと」として接してもらえるということにあるのですが、重要な違いはもっと別のところにあります。
「外部のひと」なので、給料払いが本当に必要最低限度のものに絞られるのです。

例えば、税金の控除、すなわち世間一般に「源泉徴収」と呼ばれていることを会社側は行ってくれません。
「なんだそんなことか・・・」と思うかたは甘いかも知れません。
まず、自分で税金を申告しなければいけないので、「のほほん」と過ごしていると脱税の嫌疑をかけられます。
国税局にホストやキャバ嬢のような水商売のひとびとが狙われる理由はここにあります。

彼らはまさしく「アウトソーシング(外注、業務委託)」の形でお店に勤めているからです。
お店が源泉徴収をしてくれないことによる、もうひとつの面倒は、「自分で自分の収入を証明しなくてならない」、「自分で自分の職業を証明しなければならない」ということです。
実を言うとこちらのほうが本記事には重要です。
なぜなら、収入証明や職業の証明は、賃貸物件の審査で最も必要とされることだからです。

賃貸審査を通るためにしなければならないこと。

以上がセクキャバ嬢の社会的身分です。
ひどく難しい話をしてしまったので、要点をもう一度、押さえておきましょう。
・セクキャバ嬢は「個人事業主」である可能性が高い。
・その場合、収入証明や職業の証明を自分でしなければならなくなる。

つまり、お店に「書類ください」では済まなくなる。
この点を押さえたうえで、では、賃貸物件を借りるための具体的な手続きについて見て行きましょう。

住民票。

ランキングまず自分が何者であるかを証明しなければなりません。
そのためにはまず、現住所の情報が必要です。

ホームレスでなくしっかりとどこかに住んでいるのか、親族関係などはどうか、本籍地はどこか・・・といった情報を証明しなければならないのです。
そのために提出しなければならないのが住民票です。
ただ、これについては、ほとんど問題は無いと言えるでしょう。
セクキャバ嬢に成ろうと思い当たったとき既にホームレスやネットカフェ難民に成っているという女性は、ほとんどいないと思います。

また借りるアパートやらマンションやらが現住所から徒歩圏内にあるという必要もありません。
セクキャバのお店が賃貸物件から徒歩圏内にあるという必要もありません。
ゆえに、住民票に関して言えば、市役所などに行って発行してもらえばよいというだけの問題だと言えます。

収入証明。

次に収入証明です。

セクキャバ嬢の場合、これを証明するのが少々厄介だと上に述べました。
ストレートに言ってしまえば多くの場合、次のような事態が起こっていると思われます。
つまり、セクキャバ嬢のような個人事業主がするべき確定申告をしていない。
従って、税務署経由で市役所などにおいって収入証明を発行してもらえない。

それどころか、脱税の嫌疑さえ掛けられる・・・。
由々しき事態ですが、すくなくとも2つの対処方法があります。
ひとつ目は、不動産会社などとの直談判で話を済ませるということです。
実は収入証明は賃貸物件を借りる際に必ずしも必要なものではありません。

ただ大家さんや不動産会社のかたが、借主が本当に家賃を払い続けられる経済力を持っているかどうかを確認するための書類でしかないのです。
なので、もし直談判で「実はセクキャバに勤めていて・・・」などと不動産会社のスタッフさんに相談すれば、うまく大家さんを丸め込んでくれるかも知れません。
その際「セクキャバ」という言い方も何なので、「水商売をしていて・・・」などと言えば、なお良いのではないでしょうか。
対処方法の2つ目は、アリバイ会社を利用することです。

アリバイ会社なら風俗店勤務ということも隠してくれますし勤続年数も調節したうえで源泉徴収票を発行してくれます。
セクキャバのお店などでは多くの風俗店ではアリバイ会社を雇ってくれますので、店長さんに相談してみるのが良いでしょう。

連帯保証人証明。

書類収入証明を最終的に補うのが、この連帯保証人の証明だと考えてください。
これは大体、契約書の下部に借り手と共に実印署名で書き込むかたちになります。

連帯保証人は大概、父親に成るでしょう。
だから父親の職業によっては収入証明が比較的低い金額であっても審査に通る確率は高いです。
ただ「親に相談したくない・・・」というセクキャバ嬢さんも居られるはずです。
そういう場合、ここでもアリバイ会社を利用するのが得策と成るでしょう。

正直、連帯保証人が父親で無いと疑われることが多いのですが、それも含めてアリバイ会社のかたに詳しく相談することをおススメします。

追記。

収入証明のところ(②)と連帯保証人証明のところ(③)とアリバイ会社に触れたので、この点について追記したいと思います。
アリバイ会社で行っていることは、容易に予測がつくとおり違法です。
しかし「公文書偽造」でないので犯罪には成りません。

問題として持ち上がった場合は、民事事件の一種として扱われます。
しかもアリバイ会社利用がバレたとしても、起こることは精々、賃貸物件から追い出されるだけです。
民事訴訟に発展するようなことはないので、そこは安心してください。

むすび。

いかがだったでしょうか。

「セクキャバの仕事一本で賃貸は借りれますか?」というタイトルで記事を書かせて頂きました。
すこし難しい問題がありますが基本的に、真面目にお勤めをしていればセクキャバ嬢さんでも十分に賃貸物件を借りることができます。
それでは、本記事がお役に立つことを願っています。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする