AV女優になって多いトラブルってなに?

AV女優になろうと思った人には、いろいろな心配ごとがあるでしょう。
お金は稼げるようになるかも知れませんが、仕事内容ゆえのトラブルのリスクがあり、そのトラブルは女性の心身を傷つけることもあります。
AV撮影での女優とプロダクション、メーカーなどとのトラブルは公にもなり、社会問題化していることでもあるため、反対に対策もしやすくなっています。

AV女優を目指すのであれば、その前に起こりえるトラブルを知り、対策や準備を整えておきたいものです。

AV女優に起こりえるトラブルとは?

AV女優になって多いトラブルってなに?AV女優のお仕事は、カメラの前で裸になったり、セックスやそれに似た行為を行うというものです。
今では人気女優になれば普通の芸能人のような対談やコンサートなど、洋服を着て行う仕事が来ることもあるようですが、基本的には例外と見て良いでしょう。

つまり、AV女優はそもそも、一般女性には抵抗がありそうな仕事内容を引き受けており、ちょっとしたさじ加減によっては女性として嫌な思いをしたり、貞操の危機を迎えることもあるのです。
また、隔絶された撮影現場や事務所内では女優が十分に守られず、若い女性であるがゆえに自分の身を守れないこともあります。

本番行為の有無を知らされない

AV女優のトラブルとして多いのは、当日に行われる撮影内容を知らされておらず、思ってもいなかったような行為をさせられることです。

特に本番行為の有無を事前に知らされておらず、当日急に言われることはトラブルの火種となります。
本番行為の有無はギャラにも大きく影響することなので、撮影内容とギャラの支払いの2つの問題が起こります。

ないと言われていたのに本番強要

AVの撮影現場では、本番行為の有無を知らなかった場合、ないはずだったのにあった時の方が問題になります。

撮影スタッフや監督などによってはなかったはずの本番行為を当日急に提案することがあります。
これが提案だけであればマシですが、現場の雰囲気で断りにくくしたり、本番強要をした場合にはトラブルに発展します。
強要の仕方によっては犯罪になるケースだってあるかも知れません。

契約書の内容で出演を脅迫される

ビデオ 撮影AV女優のトラブルは、撮影現場でのスタッフ、監督対女優だけではありません。
プロダクションや専属するメーカーが相手のトラブルも多く、特に契約時に交わした契約書が問題になることは多いものです。
プロダクションやメーカーは、撮影する前にAV女優と契約を交わします。
契約書には期間や出演本数などが書かれており、お互いの合意の上で契約します。

しかし、中には内容をプロダクションなどに有利な内容にしてあったり、女性に内容の確認をあまりさせずにサインをさせる場合もあります。
多額の違約金を設定してあった場合には、途中で契約を辞めるわけにもいかず、女優は上記のような無理な撮影を強要されることになります。

ギャラの金額が違う・教えられない

プロダクションと女優の間のトラブルは金銭問題でも起こります。

これはマネージャーなどが撮影前に出演女優にギャラを正確に提示しないことが原因となります。
また、女優もきちんと問い合わせしないことがあります。
また、撮影内容が変わってもギャラが変わらなかったり、最初に聞いていた金額と違うこともトラブルになります。

AV女優のトラブルは本当にあるの?

AV女優のトラブルは、今社会問題としても取り上げられており、AV撮影に関わっていない人でも関心を持っています。
過去にAV女優をやっていた人や撮影に携わっていた人が情報を発信するなど、AV撮影の裏側が明らかになってきてもいます。
こうした現状で、今も実際にトラブルが起こることはあるのでしょうか?

昔ほどひどくはない

AV女優の待遇は今、昔よりは改善されています。
また、女優になる女性たちのタイプも変わってきており、お金だけのために働いていたり、騙されて連れてこられたような人はあまりいません。
わりと楽しんでAV女優をやっており、女の子に優しい職場だと感じている人もいるようです。

場の雰囲気で断れないことはある

そんな比較的改善されたAV撮影でトラブルが起こるのは、指示された内容がイヤでもその場の雰囲気によって断りにくくなることが原因です。
長時間の撮影を続けてきて作品として仕上がってきた時には、想定外の指示を出されてもこれまでの撮影を無駄にできないと考えて引き受けてしまいます。

若い女性で経験がないから騙される

契約上の問題や強要などの問題は、プロダクションなどの大人サイドに問題があるのは言うまでもありませんが、基本的に女性が若くて世間知らずだから起こります。

経験が浅いから、強引な契約や撮影方法であっても「そんなものか」と思ってしまい、騙されることも多くなるのです。
脅迫や洗脳によって騙されたケースもあります。

警察ざたにもなるから悪質なことはしない

書類AV強要問題が社会問題となり、AV業界は注目されていますし、これまで黙っていた女性たちも声を上げることが増えてきています。

そのため、これまでは無茶をしてきた業者も刑事事件や賠償問題のリスクを抱えることとなり、あまり強引なことをすることはなくなっています。

AV女優がトラブルに巻き込まれないためには?

改善されているからといって、AV女優が安全になったとはいえません。
自分の心身を守るためには、事前に勉強をして知識を得ておくことが大切です。

悪い業者を見破れなかったり、騙された時にどうしたら良いかを知らないと対処が遅れてしまいます。

契約は慎重に、全て書面で確認

プロダクションやメーカーとの契約は、慎重に行うことが必要です。
特に口約束は信用せずに、必ず全てを書面で確認します。

契約書は難しくて読みにくいかも知れませんが、しっかりと細部まで目を通し、特にギャラや出演本数、期間、撮影内容まで確認しましょう。

現場トラブルはマネージャーや事務所に確認を

働き出してからのトラブルは、マネージャーなどのプロダクションスタッフが助けてくれるものです。
トラブルが起きたらすぐに会社に連絡を入れて、小さなことでも許可、確認を取りましょう。

撮影内容に変更があった場合にはギャラのことも聞いておくと安心です。

ギャラと内容は事前に書面で確認

ギャラや撮影内容は、出演を決める大切なポイントです。
どういう仕事かを聞くだけでなく、台本を事前に得るか、書面で説明を受ける必要があります。

撮影当日に台本をもらうような現場は出演を決める情報が少ないため、避けたいものです。

相談窓口を調べておく

手錠AVトラブルはプロダクション以外にはなかなか相談しにくいものですが、今なら相談窓口になる団体が多く存在しています。
AV女優になるなら、あらかじめそういった窓口を調べておくと良いでしょう。

トラブルがあってもなくても、そうした駆け込む場所を探しておくだけで安心できます。

告訴するか示談にするか

AVトラブルの中には、犯罪行為に匹敵するようなこともあります。
本番強要はやり方によってはレイプとして告訴できるものもあるでしょう。

ただし、告訴をすると困るからといって示談を進めてくる相手もいます。
そもそもAV出演や風俗店などで働いている人はそういったリスクは高いにも関わらず、面倒を避けるために表ざたを避ける傾向があります。
告訴にしても示談にしても、自分が納得できる解決方法を誰にも強要されることなく決定することが大切です。

まとめ

AV女優はトラブルが起こる可能性を秘めた仕事です。
AV強要などで社会的にもクローズアップされ、業界の体質や雰囲気は改善されてきたようですが、トラブルにあった時に困らないように対策を考えておくことは必要となるでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする