借金返済が早いのはセクキャバとキャバクラどっち?

女性が風俗のお仕事を始める理由のひとつに、借金返済というものがあるはずです。
ついつい買い物をし過ぎてしまった、パチンコなどのギャンブルにのめり込んでしまった・・・。
そんなこんなで貯金も使い果たしてしまったので、更に悪いことに消費者金融でローンをしてしまった・・・。

さすがにその消費者金融がヤミ金ということはないでしょうが、節約できずに乱費をしてしまった女性が会社の給料で完済もできるはずがなく、かといって過酷な節約にも耐えられない・・・。
そんな境遇だと、相談相手すら居るはずもないので、彼女たちが行き着く先は風俗のお仕事と成ります。
しかし、借金してしまったものは借金してしまったものとして、前向きに返済しましょう。
では、どの風俗のお仕事を始めるべきでしょうか。

本記事では似ているようで似ていない、セクキャバとキャバクラの違いに注目しながら、困ったことになってしまった女性の借金返済について考えてみたいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

キャバクラとセクキャバは違う?

借金返済が早いのはセクキャバとキャバクラどっち?まず、重要なこととして普通の風俗と、キャバクラやセクキャバとの違いを認識しておく必要があるでしょう。
風俗業種全般を統括する法律を「風営法」と言います。
これは「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」という長い名称の法律の略です。

この第2条で「風俗」のふたつの種類が定義されています。

キャバクラは「風俗営業」。

風営法の第2条の第1項では「風俗営業」というものが定義されています。
これは私達が普通「風俗」でイメージするのとはちょっと違ったものです。
それには「1号」から「8号」まであり、キャバクラが1号、パチンコは4号に分類されています。

更にはゲームセンターなんかが5号に分類されています。
大まかに言うなら、これらの風俗は、通常私達が考えている風俗とは違います。
「繁華街で営業されているチョイ悪な業種」程度の意味での風俗、それが風営法で言う「風俗営業」だと言えるでしょう。
そしてそれがキャバクラの位置づけなのです。

ソープランドなどは「性風俗関連特殊営業」。

風営法で言う「風俗営業」が「繁華街で営業されているチョイ悪な業種」としか認識されない最大の理由は、それが男性客をヌキ(射精)に誘うサービスを提供してないからです。
この意味での風俗は、風営法では「性風俗関連特殊営業」と呼ばれています。
ヌキはするけどセックスはしない。
これが重要です。

もちろん、ソープランドでは本番(セックス)をしてしまいますが、それはあくまで内密のことです。
さもなければ売春防止法に引っ掛かってしまいます。
ヌキはするけどセックスはしない、そういう意味での風俗は「性風俗関連特殊営業」と呼ばれ、風営法では第2条第5項から第10項まで、むずかしい日本語を使って長々と説明されています。
そのなかには「無店舗型」の性風俗関連特殊営業としてデリバリーヘルスなども含まれています。

セクキャバは・・・?

さて、ここでむずかしいのがセクシーキャバクラ、通称セクキャバの位置づけです。
ひとつ注目すべきなのはセクキャバと似た業種として、ピンクサロン、通称ピンサロがあげられるということです。
セクキャバとピンサロ、どこが似ているのでしょうか。
それは共に「風俗営業」として届け出ながら、やっていることは「性風俗関連特殊営業」だということです。

セクキャバでするお仕事の内容。

質問風俗営業として届け出ながら、やっていることは性風俗関連特殊営業だ」とはどういうことでしょうか。
具体的に言えば、それは「表向きの営業は水商売だが、実際にやっていることは男性客のヌキだ」ということです。
セクキャバとピンサロがこの点で非常に似通っていることは両業種のお店の2つか3つ、ホームページのハシゴをしてみれば分かるはずです。
「システム」なり「料金」のところを見れば、ぶっきらぼうに時間と料金が書いてあるだけです。

そして申し訳程度にドリンクの種類が下に添えられています。
これは「水商売店として営業しています!」と外部にアピールしているのです。
しかしピンサロの該当欄なんかを見てもらえば分かるとおり「30分5,000円」なんて書かれても、とても水商売のお店なんて思えないですよね。
そんな不自然さから「表向きに営業して居ることは水商売で、実際にやっていることは男性客のヌキだ」ということが分かるわけです。

さて、そのヌキ、言い換えれば性風俗の営業内容において、セクキャバとピンサロは微妙に異なります。
ピンサロの場合はフェラチオで男性客をヌキに誘います。
それに対して、セクキャバは明確にヌキに誘う行為をしません。
セクキャバでは女の子はもっぱら受け身で、キスやカラダを自由に触らせることで男性客の性欲を満たします。

それで場合によっては男性客は射精(ヌキ)に至ってしまうこともあるでしょう。
しかし女の子ほうから率先して射精に導く行為は行わないのです。
このことは、セクキャバをして明確に性風俗関連特殊営業であると言わせる根拠を失わせます。
けれどもこのことはセクキャバにとって逆に都合の良いことです。

なぜなら、セクキャバは元から自分のことを「性風俗関連特殊営業」だなどと名乗っていないからです。

キャバクラ+風俗=セクキャバ。

このようにピンサロとは違い、女性が受け身の性的サービスを提供するという奇妙な合法性により実際の仕事内容でも、かろうじて水商売の体裁を保っているのがセクキャバです。
手っ取り早く行ってしまえば、それは通常のキャバクラサービス、つまりお酒と会話に加えて、女の子とのエッチなコンタクトが楽しめる「風俗営業」なのです。
さて、このセクキャバ、実は1つのみならず幾つもの店でキャバクラより有利な点があります。

接客技術が無くて良い。

キャバクラは何よりもその高度な接客技術で新人嬢を震え上がらせることで有名です(ちょっと大げさですね・・・)。
お酒の作り方からタバコの火、ボーイさんとのアイコンタクトなど、いろいろな取り決まりがある一方で、男性客に心地よくお酒を飲んでもらうために細心の注意を払わなければなりません。
しかしセクキャバの場合、会って直ぐイチャイチャみたいなことが多いので、男性客にエッチなことをさせておけば特に面倒な接客をしなくて良いという長所があります。

面倒な顧客管理もしなくて良い。

システムにおいてキャバクラと同じでありながら、それを最大活用しなくても良いというのもセクキャバの長所です。

セクキャバでは、キャバクラのように同伴やらアフターやら面倒なことに付き合う必要は、あまりありません。
メールでの勧誘・営業なども、そんなに盛んではありません。

時給が高い。

チェックリストそして肝心の給料において、セクキャバはキャバクラより条件が良いです。
セクキャバが時給4000円から5000円のところ、キャバクラでは時給3000円から4000円くらいです。

結論。

以上のように考えると、風俗っぽいけれどもちゃんと水商売(風俗営業)の体裁を保ち、それでいてキャバクラより仕事が面倒でないセクキャバがおススメなのが分かりますね。
時給制であることですし、借金返済の近道はセクキャバを選択したほうが良い、というのがここまでのお話から分かって頂けるのではないでしょうか。
従って「借金返済が早いのはセクキャバとキャバクラどっち?」と問われたら、答えは「セクキャバ」です。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする