キャバクラで姫予約する方法と効率良く枠を埋める方法

キャバクラで稼げるようになるために重要なのは、たくさん指名を取ることです。
そのための手段として姫予約はとても有効です。
この記事では、キャバクラで姫予約をとる方法と、効率よく枠を埋める方法、そして姫予約のメリットとデメリットを紹介します。

キャバクラの姫予約とは

質問姫予約というのは、もともとは風俗業界でよく使われる言葉です。

キャバクラでも風俗店でも、普通はお店のホームページやパネル写真を見てお客さんがお店をとおして指名をとります。
姫予約というのは、このような普通の指名とは違い、お店を通さずにお客さんと嬢が直接連絡をとって指名を入れておくことです。
風俗嬢の場合、基本的には1対1の接客なので、予約が入った時間は他のお客さんが指名を入れることはできます。
一方キャバクラ嬢の場合は指名が入ったとは言っても、風俗のように60分とか90分などの時間の決まりが厳密にあるわけではありません。

とはいえ姫予約が入ったらそれをお店に伝えておけば、その時間は指名が入っている状態になるので他のお客さんのヘルプに呼ばれるようなこともなく接客できます。
キャバクラ嬢のお給料は基本的には時給制です。
しかし、その時給は毎月の指名や売上の量によって変わります。
つまり、いかに出勤している時間にたくさん指名を入れるのかが重要です。

姫予約を使って自分で指名を埋めることが出来れば、効率よく稼ぐことができるのです。

キャバクラ嬢が姫予約よく取る方法

キャバクラ嬢が姫予約を取るためには、お客さんと連絡先を交換しておかないといけません。
そして、お客さんと連絡を取り「金曜日の20時指名いれるね」などと約束をしたら、それをお店に伝えましょう。
そうすればその時間帯は指名が入っている状態になります。

今やお客さんとLINE交換をしているキャバクラ嬢も少なくありません。
お客さんがお店に来てくれるように連絡をとっている方も多いでしょう。
さらにそれを進化させて、来店する日まで予約させるのが姫予約なのです。
このように、姫予約を取るためにはLINEやメールアドレスなどの交換をしておくのが大前提です。

そのうえで効率よく姫予約を取るためのテクニックを紹介します。

お客さんのスケジュールを把握する

カレンダーたいていのお客さんは何らかのお仕事をしています。
当然お仕事が忙しいタイミングはキャバクラに来れません。
体感でわかるとおり、金曜日の夜にキャバクラが賑わうのは平日出勤をしているサラリーマンがたくさんくるからです。

普通のサラリーマンなら金曜日の夜がもっとも来店してくれる可能性が高いということです。
同じように、平日休みの会社員の場合、休日の前日の夜が狙い目になります。
このように、お客さんがキャバクラに来やすいタイミングを把握しておけば、どのタイミングで営業メールを送れば良いのかわかります。
お客さんと連絡をやみくもに取るのではなく、お店に来てくれやすいスケジュールを見極めて連絡の数を増やしましょう。

そして来てくれそうなタイミングの前日に「会いたいな」などと誘えば、姫予約をしてくれる確率が高まります。

お客さんのお財布事情を把握する

キャバクラは、普通のサラリーマンなどにとって決して安い遊びではありません。
だからお金がいっぱいある時のほうが、来店してくれる可能性が高いのです。
たいていのサラリーマンの給料日は毎月25日です。

だから、25日過ぎたあたりで連絡を取れば来店してくれる可能性が高まります。
早く確保しておかないと、他の趣味やお店にお金を使ってしまう可能性もあるので、この時期は特に連絡に力を入れましょう。
それ以外自営業などの場合で、「毎月お金を使って遊ぼうと考えるタイミング」というものがあります。
お客さんにお金が入る日を会話で聞き出すのは難しくて、たとえば初めての来店が10日頃なら、翌月も10日頃に来店してくれる可能性があるということを覚えておきましょう。

このように、お客さんのスケジュールとお財布事情を把握しておくのはとても有効です。
お金があって時間もあるタイミングで営業メールを送れば、姫予約につながる可能性がとても高いのです。

キャバクラ嬢が姫予約をとるメリット

姫予約の最大のメリットは自力で本指名を取れるということです。
本指名をとればその分お店での評価も上がって稼げるようになります。

また、本指名にバックがあるお店なら、メール何通かで数千円を稼げるのです。
少しメールをするだけで、普通のバイトの時給以上の金額を稼げると思えば、とても手軽で効率的なことだとわかります。
また、姫予約を取れるようになるとお店からの信頼感もアップします。
出勤するときに自力で指名客も連れてきてくれるのはお店にとっても売上につながるというメリットがあるからです。

キャバクラ嬢が姫予約をとるデメリット

No bad姫予約を取るためには、お客さんと連絡を取らないといけません。
プライベートな時間にお客さんと連絡を取るのはストレスがたまります。
中には、連絡だけいつまでもしてきて店外デートを誘ってくるだけのお客さんもいます。
そういうお客さんと連絡を続けても何のメリットもないので、お店に来てくれそうもないという気がしたらさっさと連絡をやめましょう。

また、お客さんと直接連絡をとっていると、トラブルが発生する可能性もあります。
特に気を付けたいのが、お客さんが本気であなたを好きになってストーカー化してしまうことです。
キャバクラ嬢に対して、本気で恋愛感情を持つお客さんはいくらでもいるということを覚えておきましょう。
なかにはしばらく返信を返さないだけで、「なんで返事くれないの?」などと彼氏気取りのLINEを送ってくる人もいます。
そういうお客さんの相手をしていると、精神的に疲れるだけです。
あくまでも客とキャバクラ嬢だという関係を忘れず、姫予約につながらないようであれば連絡をやめるつもりでいましょう。
姫予約をすると、バックレるお客さんもいます。

お店に姫予約入ったと伝えていたのにお客さんが来ないと、スタッフからの信頼を失ってしまいます。
だから、来店数が多くないお客さんから姫予約を取るのはやめましょう。
お客さんと直接連絡を取るのであれば、個人情報がバレないようにもしないといけません。
たとえばプライベートで使っているLINEを交換した時に、本名をアカウント名にしていると、そこから個人情報が一気にバレてしまいます。

できれば仕事用のスマホを持って、プライベートの情報がお客さんにバレないようにしましょう。
それが出来ない場合はLINEのアカウント名から自分の個人情報がバレないように気をつけましょう。
また、LINEと同じように使える「カカオトーク」をプライベートで使っていなければ、お客さんとの連絡先交換はカカオにしておきましょう。

まとめ

キャバクラで姫予約をとる方法と、効率よく枠を埋める方法、そして姫予約のメリットとデメリットを紹介しました。

姫予約を取れば自力で指名客を獲得できるので、お給料が上がるしお店からも喜ばれます。
姫予約を効率的に取るためには、お客さんのスケジュールとお財布事情を把握して、お店に来てくれそうなタイミングで来店を促すのが効果的です。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする