AV女優の中にはリスカ跡がある人いるけど撮影の影響?

AV女優のリスカ跡はAV作品の撮影の影響なのでしょうか?
実際のところは、AV女優になる以前から傷跡があった女性もおられるでしょうし、AV女優になってからリストカットを始めた女性もおられると思います。
以前までは、AV女優や風俗嬢など性産業に関わる女性はメンヘラでリスカを行う女性も多いと聞いていましたが、最近ではリスカ跡があると面接の時点で落とされるAVプロダクションもあるそうです。

リスカの原因は「ストレス」が大きな理由であると考えられています。
リスカ(自傷)を行う理由に関しては、そのストレスの発散を物や人へ向けるのではなく、ストレスの発散先を自分に向けているからだとも言われています。
AV女優は男優とのセックスを映像にするお仕事です。
決して好きな人とのセックスでもありませんし、いくらお仕事だと割り切っても精神的なストレスの多いお仕事だと思います。

AV女優はプロダクション側に精神疾患を認められると、心身の不安定さからお仕事のスケジュールを入れてもらえない可能性もありますので、お仕事の事だけではなく自身の為にも心に関して適切な治療を受けることが望ましいと思います。
また、リスカに替わるストレス発散の方法を見つけることが出来ればリスカの頻度やリストカットの行為自体もなくなる可能性がありますので、リスカ以外のストレス発散方法を探してみても良いかも知れません。

AV女優のリスカとストレスの関係

カッター ナイフAV女優の中にはリスカの後がある女性がおられます。

元々持っていた傷なのか、AV女優となって撮影で病んでしまって出来たのか傷跡の理由を確認の方法はありませんが、おそらく元々リスカをする傾向があった女性もいれば、AV女優になってからリスカを行った女性の両方のタイプがあると思います。
そもそも、何故リスカを行ってしまうのでしょうか?
この理由について調べてみると、精神的に大きな悩みを抱えていたり、ストレスに対してうまく対処できない方がリスカに走る傾向があるようです。
つまり、ストレスがリスカの要因となる場合も多く、リスカを行う事がストレス解消にもつながっている場合もあるようです。

行き場のないストレスが、物や人ではなく「自分」に対して向けられる背景には「他の人に迷惑をかけられない」という思いがあることが予想されます。
その為、物や人を傷つけるのではなく「自分」に対してストレス発散としてリスカを行う場合があるようなのです。
手首という目立つ場所に傷があると人の目に触れやすいため、他人からは色々な目線を浴びることもあると思いますが、基本的に一人の時にリスカを行う人が多いので「見られたい」という願望でリスカを行うわけでは無く、他の人に対してストレスを向けない為の配慮だともとらえることが出来るようです。
SNSなどに自分の傷跡の写真をアップする女性は「誰かに見て欲しい」という欲求があると思いますが、特に誰かに見て欲しいと思わない女性は自分自身をストレス発散のはけ口にしてしまっている場合があるのです。

AV女優の場合、好きでもない男性と仕事と割り切ってセックスをするわけですから、ストレスがかかることは容易に想像できます。
時にはハードな現場をこなすときもあるでしょうし、望まないプレイを行うこともしばしばあると思います。
AV女優だけでなく風俗店でバイトをしている女性も同様にセックスワークに関するお仕事をしている女性は、この仕事が好きでやっている女性の割合は圧倒的に低く、お金のためだと割り切ってお仕事をしている女性の方が多いのです。
つまり、本心では望まない仕事だと思ってプレイや撮影をしている為、心身にかかる負担が大きくお仕事をするだけでも十分ストレスなのです。

心に悩みを抱えてもお仕事バレの問題もあり、その仕事に対する相談や愚痴を言える相手が居ない女性も珍しくなく、「仕事」もその「悩み」も誰にも打ち明けられない女性がリスカに走る傾向もあるようです。

リスカとメンヘラの多い業種

悩み 女性AV女優と風俗嬢には似たタイプが多いように思います。
それは「メンヘラ」タイプです。

リスカを繰り返す女性に多いのがメンヘラです。
そもそもでAV女優や風俗店でバイトする女性の中にはメンヘラが多いとされています。
その原因は明確には分かりませんが、これらの仕事にはメンヘラ女性が集まりやすいと良く言われます。
「心が病む位ならその仕事を辞めればいいのに」とおっしゃる方もおられると思いますが、メンヘラ女性の中にはAV女優や風俗店のバイトで男性から求められる事で「自分の価値」を感じる女性もいるようですし、「自分には価値がないからこそこの仕事がぴったりだ」と自虐的に考える女性もおられるようですので、メンヘラ女性がAV女優や風俗店のバイトを選ぶ事にはお金以外にもこのような理由があることも予想されます。

ただしAV女優の場合、メンヘラの度合いによってはお仕事女性はスケジュールが組めない場合もありますので、必要に応じて治療を受けた方が良いでしょう。
リストカットの傷跡についても、あまりにひどい傷跡であればお仕事を受けられない場合もありますので、傷が目立ないような工夫も必要になります。
お仕事への影響も考慮すれば、適切な治療を受けてメンヘラ改善について前向きに考えた方が良いでしょう。

リスカをする自分から解放される為にも

AV女優の中には、過酷な撮影により心を病みリスカを行う女性もおられますが、元からその傷跡を持っていた女性も少なくありません。
しかし、目立つような傷跡をお持ちの女性はAV女優になるためのプロダクション面接時に落とされる場合もあります。
プロダクション所属後もうつ病やその他の精神疾患が認められると、心身の不調と撮影スケジュールの都合によりお仕事が出来ないと判断される場合もあります。
最近はリスカ跡を上手に隠せるアイテムも増えましたので、自己流でも傷が目立たないようにことが出来るようになりました。

AV女優の場合傷を隠すことも大切ですが、自分の体の為にも傷が増えないようにするようにする為には、医療機関などで相談してみることが大切です。
最近は、医療機関以外にも各都道府県にメンタル相談の窓口が設けられている場合がありますので、まずは電話相談などの利用しやすい方法を選んでみても良いと思います。
リスカをしたいと思ったら、1回我慢をしてみると良いそうです。
1回我慢できれば、少しずつ我慢が出来る回数を増していくことでリスカを辞めることが出来ることもあるようです。

ストレス発散の方法をリスカ以外に見つけるというのも大切な方法です。
ストレス発散の方法として注意しておきたいことは、アルコール類などの依存しやすく体に悪い影響があるものは避けるようにしましょう。
リスカから解放されてもアルコール依存症になってしまっては元も子もありません。
体と精神に悪い影響のない方法で、ストレス発散の方法を見つけてみましょう。

身近な人に言えない場合は医療機関や公的機関に相談しよう

相談リスカを行うAV女優は、ストレスを自身に向けて発散している可能性があります。
リスカを行う原因となるストレスの要素は人それぞれです。

男性とのプレイや、ハードなプレイやマニアックなプレイなどのお仕事もストレスに感じる女性も多いと思います。
しかし、AV女優や風俗嬢などの性産業に関わる女性の中には、男性とのプレイにこそ自分の価値を感じる女性もいるそうで、ストレスを感じながらも仕事を辞めるという決断には至らない女性もおられるそうですので、心の問題解決は容易なことではありません。
お仕事柄身近な人に相談できない女性も多いと思われますが、医療機関や公的機関による精神的な悩みを相談できる電話ダイヤルなどもありますので、解決へ向けて相談出来ることろから始めてみても良いのではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする