添い寝リフレで働く主婦の月収とは?

添い寝リフレの求人を見ていると、学生、主婦、OLなど誰でも働けると書いてあります。

では、主婦の傍ら誰にもバレずに働くことはできるのでしょうか?
主婦が働いた場合、どの位の月収になるのでしょうか?
ここでは、主婦が添い寝リフレで働いた場合、収入はどの位になるのか?
主婦でも安全に働けるのか?
を中心に検証してみました。

大人の魅力を活かせる

女性添い寝リフレは、JKリフレの様に若い女性が働いているというイメージがあります。
でも、近頃は大人の魅力、人妻の魅力を活かした添い寝リフレも増えてきました。

添い寝リフレでは、添い寝と簡単なマッサージで男性客をドキドキさせたりする目的がありますが、主婦や人妻、熟女といった年齢層の女性を集めるお店では、大人の魅力を活かして、男性客を癒す目的があります。
母親に寝かしつけられる子供のように、男性客が安心感・安堵感に包まれると人気があります。
添い寝やリフレの他にも、男性客の愚痴を聞いてアドバイスをしたり、思いきり甘えさせることをする事もあります。
添い寝リフレには、純粋に添い寝とリフレを行う非風俗店と、性的サービスを行う風俗店とが存在します。

風俗の様なサービスを行うお店では、主婦や人妻のテクニックを活かしてサービスを行っています。

働く事情は問われない

主婦が添い寝リフレで働く事情は実に様々です。
離婚資金を貯めたい、子供の学費のため、旦那の収入が不安定、美容整形資金、お小遣いなど、お金が必要な理由は人それぞれです。

近頃では昼職だけでは生活が成り立たないシングルマザーも副業として添い寝リフレで働くケースが多いようです。
入店前に行われる面接時に、働く事情や理由を聞かれるのでは?
と応募をためらう女性も居るかも知れませんが、根ほり葉ほり聞かれることはありません。
自由出勤制度を設けているお店も多いので、家計がピンチの時だけ、週一日だけ、子供が保育園の時間だけと家庭優先の条件で働く人も居ます。

もちろん、短期間で集中的に働きすぐに辞める人もたくさん居ます。
いずれにしても、主婦の場合は、家族や知人にバレないようにしたいという人が多く、働く際にはそれなりの対策が必要です。

どのくらい稼げるの?

女性では、主婦の場合、添い寝リフレでどの位稼げるのでしょうか?

添い寝リフレでは一般的に、非風俗店では時給1,000円~、風俗では時給5,000円前後~という料金形態になっています。
出勤条件や指名数によっては最低時給が保証される場合がありますが、主婦ではクリアが厳しいノルマとなっており、あまり期待できません。
指名がなかなか取れないと時給500円以下にまで減らされてしまうお店もありますが、待機中にも時給が出るため侮れません。
中には、時給制でない完全歩合制の店もあります。

歩合制で非風俗店の場合、1日1万円稼げれば良い方でしょう。
しかし、人気が出ると非風俗店でも1日出勤で3~4万円を稼ぐという人も居ます。
容姿、会話内容、リフレの技術、オプション誘導の仕方などで性的サービスをしなくても充分に稼げるのです。
オプションは、膝枕、腕枕、耳かき、ハグ、デート、観光案内など様々です。

オプションの価格帯は500円~10,000円程になります。
デートや観光案内といった長時間男性客と行動を共にするオプションは料金も高いものです。
しかし、主婦では男性客と外を歩くのはリスクがあり、知人に見られると後々大変なので、あまりおススメできません。
風俗のようなサービスのあるお店であれば、稼ぎは更に増加します。

稼ぎ過ぎは危険!?

主婦の場合、稼ぎ過ぎに居は注意しなくてはなりません。
稼ぎ過ぎると扶養を外れることもありますし、何より家族に不信感を持たれる可能性があります。

非風俗店で健全な添い寝とリフレのサービスをしている場合でも、夫や子供、ママ友などが偏見無しにその職業を受け入れる事は有り得ません。
一般的には、添い寝リフレ=風俗嬢という印象を持たれてしまいます。
そのため、バレないようにこっそり働くことが重要です。
たくさん稼げるからと言って急に金遣いが荒くなったり、派手な身なりになったりすると怪しまれるきっかけになってしまいます。

主婦は意外と様々な角度から言動をチェックされています。
家族、親族、ご近所、ママ友、友人、保育園や幼稚園、学校の関係者などパブリックな場に顔を出す機会が多いからです。
働く時間や場所、働く内容などにもなるべく気を配るようにしましょう。

裏オプションは絶対しなきゃダメ?

添い寝リフレには、添い寝とリフレをするだけの非風俗店と、性的サービスを行う風俗店とがあります。
性的サービスは裏オプションと言われ、手コキ、フェラチオ、股間踏み、胸を触らせる、オナニー鑑賞などオナクラやピンサロのようにソフトサービスを行います。
女性が裸になる、局部を触られる、キスをするなどという事はありませんが、際どいコスプレをしてサービスをする事はあります。
収入面で言えば、風俗型の添い寝リフレの方が圧倒的に稼げます。

風俗型では歩合制のお店が殆どですが、非風俗の何倍も稼げます。
しかし、性的サービスを行う添い寝リフレは、日本では違法店になります。
以前JKリフレが摘発されたように、常に摘発の恐れがあります。
摘発をされると、当然家族にも働いていたことがバレてしまいます。

収入に釣られて大きなリスクを背負うのは、主婦にとっては大きな賭けになるでしょう。
非風俗店で安全に働くことをおススメします。

ビラ配りなどはある?

質問添い寝リフレの非風俗店で、指名がなかなか入らない女性は、ビラ配りなどで宣伝行為をする事もあります。

ビラ配りは、女性の時給を無駄にしないため、お店が考案した重要な宣伝方法です。
しかし、家族や知人にバレたくない主婦には、ビラ配りは大きなネックです。
待機時給をカットしてビラ配りをしなくて良いようにしてもらったり、勤務地を検討する必要があります。
不安な場合には、面接時に予め交渉してみると良いでしょう。

しかし、一番は指名を多く取り、ビラ配りをしなくても良いようにする事です。
お客様を呼べる女性にはビラ配りなどはさせない場合が多いのです。
指名を獲得するには、お客様の心を掴む、誠実な対応やリフレの技術が必要です。
添い寝リフレと聞くと簡単な仕事という印象がありますが、男性客の過度な要望を上手に交わしながら、また会いに来たいと思わせる話術と演出が必要です。

主婦だから・・・」「どうせ副業だし、短期間だし・・・」と諦めず向上心とサービス精神を持って接客しましょう。

まとめ

添い寝リフレは主婦でも稼げる仕事です。
非風俗と風俗とがあり、性的サービスを行うお店の方が当然稼げますが、摘発のリスクを考えると非風俗で性的サービスを行わないお店を選ぶのが安心です。

人気があり、指名が多ければ多いほど稼げます。
また、オプションの量なども重要な収入源となります。
指名やオプションを獲得するためには、男性客の心を掴む接客が必要です。
向上心を持って取り組みましょう。

家族や知人にバレないようにするためには、出勤時間や日数、勤務地などの工夫も重要ですし、アリバイ対策なども必要です。
主婦の場合、誰かにバレると良からぬ偏見を持たれ、それを払拭するのは大変です。
無理なく安心して働けるように予め対策をしておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする