レズビアン風俗の仕事内と稼げる金額は?リスクはある?

風俗の世界には女性が好きな女性のためのレズビアン風俗のお店があります。
このようなレズビアンのための風俗店にはレズの女性ばかりか、ノンケやバイセクシャルなど、様々な性的価値観の女性が働いており、普通の風俗店並みの給料を稼ぐことができます。

レズビアン風俗の仕事内容

レズビアン風俗の仕事といえば女性が男性にエッチなサービスを提供する場面をイメージする人は多くいることでしょう。
実際、その考えは間違っていませんが、全ての風俗店が男性のためにエッチなサービスを提供しているわけではありません。
中にはレズビアン風俗と呼ばれるような、ノンケではない女性のための風俗店も存在します。

では、レズビアン風俗店で働く女性たちは一体どのような仕事をしているのでしょう?
レズビアン風俗店の仕事内容も基本的に普通の風俗店と同じになります。
ただ、レズならではのプレイなども存在します。

レズビアン風俗店が用意しているサービスは主に次の三つ、性感マッサージ、ヘルスサービス、そしてレズビアンセックスです。
お店によってはデートコースといったエッチなサービスよりもむしろ女性同士でデートを楽しむサービスや、鑑賞コースと呼ばれる女性同士がエッチなことをしている様子を鑑賞するためだけのコースなども存在します。
デートコースなどと違い、鑑賞コースに関していえば利用客は女性だけとは限りません。
男性であっても女性同士の絡みを見てみたいという人は少なからず存在しているため、レズビアン風俗店の鑑賞コースを見に男性客がやって来ることもあります。

レズ風俗店の風俗嬢がプレイをするにあたり、仕事をする手順は普通のデリヘル嬢とあまり変わりはありません。
まずお客さんと対面し、シャワーを浴び、プレイをし、そして再びシャワーを浴びたらサービスは終了という流れになります。
ただし、プレイの内容についてですが、レズビアン風俗のお客さんは基本的に女性になります。
そのため、ディープキスや指入れ、クンニ、ローションプレイといった一般的なデリヘルならではのプレイをすることもあれば、貝合わせやペニスバンドを使用したプレイなど、レズならではのプレイをすることもあります。

一回射精してしまえばスッキリする男性と違い、レズビアン風俗の場合、射精という行為はありませんので、プレイの内容は濃厚になり、じっくりと時間をかけてエッチをすることになります。
そのため、レズビアン風俗で風俗嬢になる女性の中には、単純に女性同士の絡み合いや、男性とは違うセックスを体験したいという女性もいます。

レズビアン風俗で働くキャストの特徴

レズビアン風俗で働く風俗嬢といえば、普通なら同じレズの女性であると考えるかもしれません。
しかし、必ずしもレズの女性ばかりがレズビアン風俗で働くとは限りません。
ノンケと呼ばれる異性愛者であってもレズビアン風俗で働くことはありますし、男性のみならず女性ともエッチできるバイセクシャルな女性もレズビアン風俗で働くことがあります。
お店のキャストを見ると、意外と若い女の子が多く、18歳で働く女性もいるようです。
それだけに、まだ経験も知識もない初心者であってもレズビアン風俗店で新人として働けるでしょう。

風俗の世界には様々な女性がいます。
お金は欲しいけれど彼氏以外の男とエッチしたくない女性や、単純に女性の身体に興味のあるバイセクシャルな女性など、様々です。
そういった事情を抱えている女性にとって、レズビアン風俗は働きやすい環境となります。

ネコ・タチ・リバの意味

レズビアン風俗のホームページでキャストをチェックすると、ネコ・タチ・リバなどの単語を目にすることができます。
これは一体どういう意味なのでしょう?
猫ネコ・タチ・リバとはレズならではの専門用語のことです。
ネコが性行為をするにあたって受けの側を意味し、タチは能動的に性行為をする側を意味します。
つまり、ネコがMでタチがSといったところでしょう。
さらに、責めも受けも両方できる女性をリバと呼びます。
リバの女性はいつでもネコとタチの立場を入れ替えることができるため、お客さんからの需要も高いです。

レズビアン風俗の求人

数こそ少ないものの、その分ライバルとなる競合店の数も少ないため、レズビアン風俗は稼ぎやすい仕事となります。
確かにレズビアン風俗は他の風俗と比べると特殊な立場かもしれません。
しかし、仕事自体はどちらもそれほど大きな違いはありませんので、たとえレズの世界に関しては初心者だったとしても求人に応募することができます。
他の一般的な風俗同様に、レズビアン風俗であっても初心者や新人は人気があります。
それだけに、たとえ新人であってもしっかり稼ぐことが出来るでしょう。

レズビアン風俗で稼げる収入

レズビアン風俗で働く風俗嬢の給料は、どのような仕事をするかによって異なります。
例えば、性的なサービスのないデートコースで働く場合、時給は2000円から4000円ほどになります。
その一方で、ビアンコースと呼ばれるエッチなサービスがある仕事をする場合、時給は6000円から8000円ほどとなり、他の風俗店と比べても遜色のない給料を稼げるようになるでしょう。
仮に1日6時間働く女性がいるとして、その女性の時給が6000円の場合、1日の収入は3万6000円になります。
この女性が週3日のペースで働くと、10万8000円を1週間で稼げる計算になります。

仮に1ヶ月を4週間とした場合、月収は43万2000円となります。
これがデートコースとなると一挙に給料は半分以下になってしまいますので、やはりエッチができる女性は強いです。

レズビアン風俗で働くリスク

たとえレズビアンのためのお店であったとしても、エッチなサービスをすれば一般的な風俗店同様に高額の給料を稼ぐことが出来るのですが、ではレズビアン風俗店にはリスクはないのでしょうか?
もちろん、相手が女性であろうとも、性病に感染するリスクはあります。
確かに女性同士のセックスの場合、男性の性器による挿入のような行為はありません。
しかし、キスによる粘膜接触がありますので、女性同士だからといって必ずしも安心だとは言い切れないのです。

猫粘膜接触が原因で感染する性病といえば、クラミジアや淋病などがあります。
これは粘膜や粘液の接触によって感染する性病になりますので、レズビアン風俗で働く女性は特に注意したい性病です。
アナルセックスがない分、レズビアン風俗は性病のリスクは低そうに見えますが、HIVや梅毒といった性病は血液からも感染するため、プレイ中は出血をしないように注意しましょう。
粘膜や粘液の接触のある女性同士の性行為といえばキスやクンニ、アナル舐め、貝合わせなどがあります。

他にも使用済みのディルドやローター、ペニスバンドを洗浄せずに再度使用すると、そこから粘膜接触する可能性がありますので、一度使用したアダルトグッズはしっかり消毒しましょう。

レズ以外の風俗店

レズビアン風俗店は基本的に男性の利用はできません。
お客さんはあくまで女性に絞られます。
しかし、レズビアン風俗のお店は非常に数が少なく、東京や大阪といった大きな都市に集中する傾向があります。
さらに、たとえ東京や大阪に住んでいたとしても、必ずしもお気に入りの女性や好みの新人がいるわけではありません。
そのため、レズのお客さんの中には普通のデリヘルにサービスを頼むことがあります。
基本的に普通のデリヘルが対象とするお客さんは男性になりますが、お店によっては女性でも大丈夫ということがあります。
ただし、こういったレズのお客さんはやはり少数派に属するため、どうしても女性以外とエッチしたくないというのであれば、レズビアン風俗の方がオススメとなります。
レズビアン風俗店のお客さんは女性しかいませんので、この業界に不慣れな初心者や新人であっても安心して働けることでしょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする