ソープでパネル指名されたいならプロに写真撮影をお願いするべき理由

風俗業界における指名制度は風俗嬢が稼いでいく上でなくてはならないシステムです。
風俗で働く女性のプロフィール写真をパネル写真といいますが、お店のボードに貼ってあったり、インターネットでお店の公式ホームページを見てお客が風俗嬢を選ぶのが一般的ですから、風俗嬢たちのパネル写真は大切な宣伝材料でもあります。
その写真の写り方によってお客を呼べる、呼べないが決ると言っても過言ではありません。

そこで今回は「ソープでパネル指名されたいなら、プロに写真撮影をお願いするべきだ」という理由と指名制度やパネル写真についてのいろいろ検証していきます。

指名制度いろいろ

Choiceまず最初に風俗における指名にはどんな種類があるのか見てみましょう。
*パネル指名:お店に行ってボードに貼ってある写真か、お店のスタッフが持ってきた写真の中から選ぶことをパネル指名といいます。

パネル指名は不特定多数の人が目にするネット掲載と違ってお店に来た限られた人しか見ることができないという特徴があります。
このパネル指名ができるのは箱型タイプのお店のみでソープランドやファッションヘルス、受付事務所があるデリヘルなどで指名料は1,000~2,000円です。
*ネット指名:お店の公式ホームページや風俗専門雑誌などに掲載されている写真の中から選んで指名する方法です。
ただしネット指名は1回目のみで、2回目以降に同じ嬢を指名するときは本指名となります。

指名料は1,000~2,000円です。
*本指名:以前一度接客したお客がリピーターとなって指名してくれることを本指名といいます。
ソープ嬢の本指名の数が増えればそれだけ多くのお客を持っているということになります。
お客が払う指名料は店によって違いますが、本指名料を他の指名よりも高く設定しているお店もあり1,000~3,000円が相場です。

*指名フリー:お客が特定の嬢を指名せずに嬢の選択はお店がします。
この場合指名料は発生しません。
ほとんどのお店で指名料は指名の種類に関わらず、指名をもらった女性に全額バックしています。
ですから指名を取れば取れるだけ風俗嬢は稼げることになります。

それぞれ指名の長所・短所

Good, Badそれぞれの指名法には良い点も悪い点もあります。
その長所と短所を見てみましょう。
*パネル指名:パネル写真は通常お店のボードやアルバムに貼られていますが、インターネットのホームページよりは顔出しするケースが多く、顔出ししている方が指名も取りやすくなります。

短所としてはパネルマジックを施しているお店もあるのでマジックが酷い場合はお客からクレームを受けることもあります。
*ネット指名:じっくりネットを見ながら時間をかけて探せるのはプラスです。
ただし店舗ホームページの嬢のプロフィール写真では顔出ししていないケースもあるので、その点はマイナスです。
*指名フリー:この場合はお客からしてみたら指名料は払わなくてすむのはプラス、ただし店任せなのでどんな嬢がくるかわからないというリスクがあります。

指名を待っているソープ嬢としては、お店がフリー客につけてくれるかどうかが問題です。

パネルマジックって何?

それでは業界でよく言われている「パネルマジック」について検証してみましょう。
ここでおさらいをすると、「パネルマジック」とは風俗嬢のプロフィール写真を加工して実物よりも良く見せる技術のことです。

最近では簡単に修正ができるアプリも多く出回っていて、修正したのがわからないような技術もすすんでいます。
顔のシミやシワ隠しはもとより、体型を変えたり胸を大きく見せたりといろいろです。
もちろんお店側がパネマジを暴露などするわけないので、実際には何店舗がパネマジをしているかはわかりませんがかなりの確率で、またほとんどのお店で多少の修正はしているようです。
一般的には低俗店ほどパネマジをすることが多く、女性の質の高さで売る高級店ではほとんど写真修正はしていません。

パネル写真実態は?

ソープ店などでパネル写真作成はどうなっているのか見てみましょう。
きちんとしたお店だったらお店が雇った専属のプロのカメラマンに撮ってもらうのが一般的です。
パネル写真も3ヶ月くらい毎に変えたほうがいいようです。

逆に言うと入店のときに撮ったパネル写真をそのままいつまでも掲載しているようなお店は考えた方がいいでしょう。
長期に渡って同じ写真を使っていてもネット鳴りして指名が入っていればそのままでも問題はありませんが、そのようなケースは稀です。
通常は一定の期間クールでパネル写真は撮りなおして代えたほうがより指名はとりやすくなるはずです。

パネル写真をプロに頼んだ方がいい理由

ここではパネル写真を個人で撮るよりはプロに撮ってもらった方がいい理由を検証してみます。
*プロカメラマンはパネル写真でそれぞれの女性が持っている魅力を引き出すことができます。
*一番いいポースで、一番男性を惹きつける写真を撮ることができます。
*プロカメラマンはパネマジとまでいかなくても、より良く見せるためのシンプルで自然な修正ができます。

*ソープ嬢を専門に撮ってきたカメラマンだったら、ソープ嬢ごとのお客へのアピールポイントを見抜いて、魅力を強調した写真が撮れます。

良いパネル写真とは?

Good, Badそれではパネル写真を撮るときに注意すべきことをあげてみましょう。
*特別のブスでない限りは顔出しした方がベター
*メイクは普段よりは少し濃い目に-アイラインはきっちり入れて、リップも唇の輪郭を口紅より一段濃い目の色でラインを入れて色は華やかにみえる赤で
*清楚系はやはり一般受けるすので、黒髪ストレートがベター
*3ヶ月ごとに写真は撮りなおしてたまにイメージチェンジをする
*目立つ服は避けてなるべくシンプルデザインの白がいい

*胸の谷間やウエストラインが売れるならチャームポイントを強調したセクシーポーズで

パネル写真に関してのナマの声は?

ここではパネル写真について風俗嬢やお客からの声を拾ってみました。
*実際パネマジでお客を釣る店なんて大したことないでしょ?リピ客を想定しないで細々とやっているセコイ店
*店の都合でパネマジされても嬢にしては迷惑!妄想MAXのお客の元に行ったら不機嫌顔だもの
*安い店の方がパネマジ多い、特に体型修正と顔の形とかで高い店はパネマジや小細工の必要なんかないから
*パネマジってある意味高齢、ブス、体型ひどい風俗嬢のセーフティネットの役割果たしてる

*あまり笑わない美人よりも良く笑って愛嬌のあるブスがナンバーだったりするから、パネル可愛くても指名入らないケースもある
*美人で選ぶケースもあるけれど、表情や雰囲気で選ぶことの方が多い優しそうとか清楚に見えるとかね

まとめ

いずれにしても一部ソープ店でマジックミラー越しや実物が見れるところを除き、お客はパネル写真を通して選ぶのがほとんどですから、パネル写真の重要性がわかると思います。

ですからきちんとプロに撮ってもらって、マジックもなくそのまま掲載されるのでしたら何ら問題はありませんが、もしお店で極端なパネルマジックをしているようであれば、写メ日記などでなるべく自撮り写真を公開したりすることを考えましょう。
それともしパネルを見てお客に指名されて外見や体型を見てがっかりされても、実際のサービスで気に入ってもらえるように努力してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする