複数のAV女優が居る撮影現場は集団待機が基本なの?

AV女優は、女優一人で出演する場合もありますが、基本的に複数のAV女優の出演する作品にしか出ない人もたくさんいます。
そういった場合には、撮影現場での待機は集団待機が基本となるのでしょうか?
集団待機では複数の女性が集まって過ごすことになり、待機所がどんな雰囲気になっているのかによって快適さが分かれそうです。

AV女優の撮影現場の待機状況や集団待機が必要となるAV作品について紹介します。
個室待機ができる女優は限られているようなので、実際に働き始めたら集団待機を上手く乗り切ることが必要となりそうです。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

個室待機と集団待機、待機方法の違いは何故起こる?

ソファAV女優は、作品の撮影現場で多くの男性スタッフと一緒に仕事をします。

その途中ではシーンが変わるたびに待機をしたり、着替えをしたりといったスキマ時間ができることもあります。
そのスキマ時間は大抵、AV女優が他の男性スタッフと一緒に過ごすことはなく、別に用意されている待機場所で過ごすこととなります。
その待機所は女性が過ごす用の部屋、エリアとなりますが、他の女優が一緒の仕事の場合には一緒に過ごし、一人の場合には一人、もしくはメイク担当の女性などと一緒になるようです。
AV作品では女優が一人で出演するものとそうではないものがあり、出演する作品や女優の人数は女優のランクによって違っています。

AV女優はランクごとに出演環境が違う

AV女優はそれぞれの女優の質、人気によって売り出し方、出演環境などに違いがあります。
質が高く、人気になりそう、または人気がある女優は、単体女優か企画単体女優として売り出し、作品には一人で出演します。
単体女優はメーカーと契約を交わして、契約期間中はそのメーカーの作品にしか出ないAV女優です。

売り出しは大々的で、その女優の魅力や人気で売っていきます。
企画単体女優はメーカー専属ではないものの、一人の女優の魅力で売るのは単体女優と同じです。
こうした女優は撮影現場でも自分ひとりが女優であり、待機所を一人で使えます。
一方では、1つのAV作品に複数で出演する企画女優という人たちもいます。

企画女優はメーカーとの専属契約もなく、その女優一人の魅力では売れない女優です。
そのために複数の女優を集めて1つの作品を作り、トータルで売っていきます。
当然ですが、単体や企画単体女優に比べてAV女優としての扱いも低いものです。
こうした女優が撮影する場合には、現場には複数の女優が集まり、待機所も一人ずつ作られることはなく、集団待機が基本となります。

個室待機できるのはごく一部のみ

椅子個室待機できる単体女優や企画単体女優は、AV業界広しといえどもほんの一握りの人たちです。
何千、何万人いるとさえ言われているAV女優ですが、単体女優は全体の10パーセント、名前の知れた有名女優となれば数えるほどしかいません。
また、企画単体女優は企画女優から抜擢されることもありますが、売れて有名になる人などは限られています。

80パーセント程度は集団出演と集団待機の女優

個室待機のできるAV女優は限られた女性のみであり、それ以外の女優たちは集団で出演し、集団待機が必要となります。
全体の80パーセント程度の女優たちは、基本的に集団待機です。
AV女優になって有名になろうと思っても、売れない女優はそのまま複数の女優たちと一緒に作品を作り、自分だけがピックアップされることはありません。

ギャラの金額も計算方法も違う

女優のランクは待機中の待遇だけでなく、ギャラなどにも影響しています。
単体女優は一本あたりいくらという形で契約しており、それ以外の女優は基本的に日当で支払われています。
企画単体女優の場合にも日当として給料が出ます。

ただし、単価は高く、単体女優と同じかそれ以上を稼ぐことも可能です。
集団で出演する企画女優は、待遇がもっとも低くなります。
単価は安く、一本仕事をしても数万円程度の金額しか稼げないこともあります。
また、撮影時の待遇面では送り迎えなどのサービスも悪くなります。

集団待機のメリットデメリット

集団待機が必要となる企画女優たちですが、集団待機にも良い面はあります。
待機所で過ごす待機中は良い雰囲気で過ごせれば気分転換にもなるでしょう。
ただし反対に、複数の人と一緒に過ごさなければいけないことを苦痛に感じる人もいます。

集団待機と個室待機のメリットデメリットを見て、上手に待機時間を生かすコツを考えてみましょう。

メリット:待機中は情報交換に使える

AV女優たちは、それぞれに違ったギャラや契約方法で働いていることがあります。
その上業界内ではあまりプライベートなつながりを持たない人が多く、プロダクションから個人的な付き合いを止められていることもあるでしょう。

そのため、多くの同業者と一緒に過ごす待機中は情報交換の場所として使うのに良い機会となります。
ギャラの話などはできませんが、新人女優などは撮影時に注意した方が良いことなどを先輩から聞くことができるかも知れません。

メリット:他の女優たちとおしゃべりをして気分転換

企画女優たちは複数で1つの作品を撮影するため、単体女優や企画単体女優よりも待機時間が長くなります。

たった一人の女優で作る作品では、シーンごとのセットの入れ替えなどで待機をすることはあっても長時間の休憩は少なくなります。
忙しく撮影するため、待機している時間もないくらいです。
しかし、企画女優は自分の出番を待たなければいけないので、待機時間が長めです。
集団待機であれば、誰かしらと一緒に待機をすることになり、暇をもてあますことなくおしゃべりを楽しむことができます。

女優によっては女子高のような雰囲気で過ごすこともあるようです。

デメリット:イジメのある待機も

いじめAV女優の間には特に友情があるわけではありませんし、プライドの高い人もいます。
そのため、女性同士のマウンティングや気に入らない女優がいたらイジメをすることなどもあります。

その時集められた女優の集団によっても違いますが、AV女優、しかも売れない企画女優をやっている人の中には病んでいる人も多く、常にイジメのリスクがないとは言えません。

デメリット:たくさんの人と一緒で気持ちが休まらない

AVの作品はセックスが中心となり、自分の好きでもない人と絡みのシーンを撮影することになります。
そのため、精神的にも疲れることが多く、撮影中にも待機時間には休憩を取って気持ちを安らげたいものです。

しかし、集団待機では他の人が常に一緒にいるため、気持ちが休まらないまま次の撮影に入ることになります。
おしゃべりをすることでストレス発散できる女性は良いのですが、一人で静かにリラックスしたい人には辛い現場となりそうです。
また、着替えも待機する場所で行うことが多くなるため、他の女性に体を見られることになります。
AV撮影中は当然裸になることもありますが、撮影現場以外で他人に裸体を見られたくない人は困ります。

まとめ

AV女優にはランクがあり、ランクの低い企画女優たちは基本的に集団待機が必要となります。
個室待機ができるのは、一部の限られた売れるAV女優だけとなっており、こうした女優は自分だけが出演女優となるので待機所を独占できます。
しかし、企画女優は複数の女優が出演する作品にしか出ることはないので、個室待機ができることは少ないでしょう。

集団待機にもメリットはありますが、一人でゆっくりと待機したい人は待機中もくつろぐことができず、疲れが溜まりそうです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする